RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Estelle「All Of Me」
Estelle-All-of-Me.jpeg

英国はLondon出身にして、John Legendが設立したレーベル“Homeschool Records”の第一弾アーティストでもある、Estelleの通算三作目となる『All Of Me』を御紹介。歌とラップを使い分ける逸材として瞬く間にUKシーンからUSシーンまでも席巻したEstelle。デビュー作『The 18th Day...』こそ欧州での発売だったけれど、続く『Shine』は全米デビューも無事に果たし、Kanye Westをfeat.した「American Boy」がGrammyを獲得するなど大成功を収めました(祝福)。そんな大喝采を浴びた前作からなんと四年も経過しての本作『All Of Me』リリース、慎重を期したのかもしれませんが、やはりかなり待たされた感は否めませんね。
それでは早速と中身の紹介に移りましょう・・・・・・まずはそのシンセサイザーの閃光が眩過ぎて思わずクラクラクラしてしまう「The Life」で幕開け、制作はCalvin & IvanのKarma ProductionsとIsra "Wizzy Wow" Lohataが共同制作。ギラギラとド派手に光る電子音を叩き潰すようなズシンと響くビート、そして一気にカッと熱を放出するEstelleのヴォーカルが凄まじい威力。あのDavid Bannerが制作し、Chris BrownとTrey Songzという若手実力派二人を揃えてぶっ飛ばすアッパー「International (Serious)」、地を這い地割れを起こす様な、ぶっとくて骨のあるバウンスビートが泥臭くうねるトラックはやはりDavid Bannerらしい南部産グルーヴ。KadisとSeanが共同制作した「Love The Way We Used To」は、レトロソウルなタッチでほんわかした輪郭がメロウで甘美な御洒落(ファッショナブル)な一曲でEstelleにすごくお似合い。煌びやかなんだがどこか氷結された様に冷たく輝く電子音が胸を切なく締めつける「Cold Crush」、制作はBook & Bronzeなる人物が担当。今にも弾けて砕けそうな感触の電子音のグルーヴが異空間チックで更に欲情をそそるし、それにぎこちなく寄り添う様な囁きに近い不安定なメロディを紡ぐEstelleの歌声も素敵。Don Cannon制作でMontana「Warp Factor II」をばっちりサンプリングした激渋な「Break My Heart」では、こういうしっとりと気品溢れるシルキーソウルフルチューンになぜかピッタリはまるRick Rossが客演参加。勿論Rick Rossは素晴らしいけれど、そんなRick Rossの力を借りずともEstelleの涙零して微熱をくゆらせる様な、エモーショナルで深みのあるヴォーカルで充分に味わい深く仕上がっています(震)。Jerry "Wonda" Duplessis制作(Co制作にArden "Keyz" AltinoとAkene "The Champ" Dunkley、ソングライトにはAkonが関与し声も少し聴こえる)の「Thank You」では、Estelleが敬愛してやまないMary J. Bligeの雰囲気が一帯に充満していて、すごくドラマチックで色濃く燃えるようにシーンが眼前に浮かび上がるタフなバラードに胸を打たれるばかり(衝動)。再びJerry "Wonda" DuplessisとJeymes Samuelが共同制作(Co制作にはArden "Keyz" AltinoとJames Poyser!Vocal ProductionにはあのTrevor Horn!)の「Wonderful Life」も、すごくレトロで和やかなピアノ鍵盤の良い意味でオモチャっぽいメロディループが耳に優しく馴染むミッド。「Back To Love」ではWyclef JeanとJerry Wondaの黄金コンビが久々にタッグ、青空の下をドライブで疾走するようなウキウキ感とゾクゾク感が溶け合った爽快なアッパーで、Estelleの“おっおっおっおっ♪”のフックは一緒に口ずさんでしまいますね。Tha Bizness制作でAdina Howard「Freak Like Me」をネタ使いした「Speak Ya Mind」もファンキー且つネットリメロウで素晴らしい仕上がり、このグルーヴを出しながらも艶やかさと滑らかさを発揮するEstelleはやはり巧者だなと実感。Ne-Yoが制作しあのJanelle Monaeを客演に招いたもはや反則技な「Do My Thing」も素晴らしい出来、ホーンも鳴らしてザクザクに切り進むゴーゴーサウンドにはモヒカン蝶ネクタイのJanelle Monaeが超お似合い、R&B界でも異質な女性シンガー二人の共演はやはり興奮モノ。しかしこんな音までも作れてしまうNe-Yoの手腕(引き出しの多さ)が最も驚き、やはりこの人は生粋のサウンドクリエイターですね(拍手喝采)。とここまでが本編の内容で、国内盤にはこれに二曲だけボーナス曲を収録。まずはKardinal Offishallを客演に招きバキバキな電子ビートで尖ったRaggae風味を生み出した「Freak」、制作はDavid GuettaとNick Van De Wall(Afrojack)という事で納得の出来映えかな。最後はFrank E.制作でNasとJohn Legendの両者をfeat.した豪華な「Fall In Love」、華やかでドリーミーでコスモチックなこの眩い色彩のミッドは、聴いているだけでリラックス出来てマッタリと気分も爽快になれますねー(安息)。

うん、良かった。僕はそこまでEstelleにはハマっていないんですが、それでも充分に楽しませて聴かせてもらいました。あまりラップしてなかったかなーというのが気になりましたが、歌だけでも充分魅力のある女性なんで別に僕は文句無し。曲数多いですが(Interludeが多いからというのもある)スッキリと聴けて、とっ散らかった印象もありません。レトロっぽさとエレクトロっぽさを混ぜたトラックとの相性が相変わらず抜群、ナイスです。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment