RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

L.L. Cool J「Phenomenon」
ll-phnc.jpg


“Mr. Def Jam”ことL.L. Cool Jの通算七作目となる『Phenomenon』を御紹介。皆も好きでしょうし僕も結構好きなのがL.L. Cool Jで御座いまして、このアルバムでもう七作目という事で、そのベテランぶりにも驚かされますよねぇ(感嘆)。ジャケットもかなりおとなしく収録曲も全10曲とかなりコンパクト、果たしてL.L. Cool Jは聴かせてくれるんでしょうか。
内容が少し心配になりましたか?……しかし案ずる事なかれ、そこは大物L.L. Cool J(以降L.L.と表記)です、全くもって抜かりは御座いません(鉄板)。まずはSean "Puffy" CombsにRon LawrenceとMystery Systemが製作を担当した「Phenomenon」で幕開け、Creative Source「Who Is He And What Is He To You」使いのジャカジャカとクールなトラックに、L.L.の囁く様なラップが乗っかる涼しげな一曲でカッコ良さは抜群。Track MastersことPoke & Toneが製作を担当した「Candy」はAlexander O'Neal「Sunshine」使い、ここではゲストにあのNew EditionよりRalph TresvantとRicky Bellが参加。この曲がもうL.L.らしいR&B流儀の極上メロウでもう俺の腰はガクガク(恍惚)、またRalph TresvantとRicky Bellの甘く美しい切ない歌声が最上級の心地良さで溺れまくり。こういうメロウ曲こそがL.L.の最大の魅力だ、そう感じている矢先に流れ込む「Starsky & Hutch」はL.E.S.製作のアッパー曲。Peter Brown「Dance With Me」使いのトラックでL.L.と一緒に飛び跳ねるのはBusta Rhymes、こういう男っぽい曲を聴くとL.L.の筋肉質な側面も魅力的だと痛感しますね。てかここではやはりBusta Rhymesの元気一杯の暴れっぷりに乗せられますね、僕はBusta Rhymes好きなんで。そのBusta Rhymesの“はっはっはっは♪”声をリフレインさせながら滑り込む「Another Dollar」はPoke & Toneが再び製作、ナイスなエッジで聴き応えアリ。引き続きPoke & Toneの二人が製作を担当するSteve Arrington「Nobody Can Be You」使いの疾走爽やかR&B曲「Nobody Can Freak You」も絶好調、ここではあのKeith Sweatと女性MCのLeshaunが参加。やはりKeith Sweatのあの羊のような柔らか歌声が凄まじく胸を掴む、この甘酸っぱい感触はモロに僕好みですから(感謝)。「Hot, Hot, Hot」は再びSean "Puffy" CombsにRon LawrenceとMystery Systemの三つ巴が製作、Tom Tom Club「Pleasure Of Love」使いのポップでキャッチーなトラックは正にBad Boy産でやはり嫌いになれないんですよね(好)。Erick Sermon製作の「4, 3, 2, 1」は本作話題の一曲、The Beastie Boys「(You Gotta)Fight For Your Right To Party」使いのタイトなトラックにRedman、Method Man、Cannibus、DMXと濃~い精鋭が勢揃いした鉄板曲。この曲がキッカケでL.L.とCannibusにBeefが勃発、結果的にCannibusが第一線から消えてしまいました。まぁでもそんなのは抜きにしても、このスターMC達が一気にマイクリレーをしている時点で卒倒間違い無しの格好良さ(崇)、あなたはどのMCが好きでしょうか。大ネタ定番曲のOrange Krush「Action」ベタ使いの「Wanna Get Paid」はDaven "Prestige" Vanderpool製作、The Lost Boyzが援護射撃に回った事でより男臭く勢いのあるギラギラ熱い一曲に仕上がっています。Poke & Tone製作のGeorge Michael「Father Figure」使いのゴスペル風トラック「Father」も良い、父親賛歌ってのも珍しいけれど良いもんですね。そして最後を飾る「Don't Be Late, Don't Come Too Soon」は実力あるTamiaが参加、その艶やかで優しく包み込む歌声で魅了してくれます。製作はStevie J. Jordanが担当、Norman Connors「You Are My Starship」の美しさをそのまま奏でたトラックはなんとも素晴らしくて、胸にジーンと染み入る愛に満ち溢れたトラックで、もう泣けてくる(涙)。

うん、流石はL.L.といった仕上がりで僕は大満足、とにかく全く無駄が無くてスッキリ聴けるのが良いです(太鼓判)。L.L.の柔と剛を上手~く織り交ぜた一枚で、これは全10曲で本当にうまく纏まっています。ちょっと近くの海までドライブなんて時の片道(行き)にちょうどすっぽり収まる長さ、是非車に積んで聴いて下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment