RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Keyshia Cole「Calling All Hearts」
Calling All Hearts [Explicit Version]

突然としてR&B界に出現したMary J. Bligeを彷彿とさせるドラマチックなシンガー、Keyshia Coleの通算四作目となる『Calling All Hearts』を御紹介。なんだか半生をかなり過酷な状況下で過ごしたという印象の強いKeyshia Cole、しかし近年はNBA選手のDaniel Gibsonと婚約、元気な男児を出産とおめでたい事続き。そんな中で発売されたのが本作、Keyshia Coleってなんだか幸薄いような気がしてたので、こういうプライベートの充実ぶりはすごく嬉しいですね。しかしこのジャケットがどうも頂けない、Keyshia Coleの可愛さ(綺麗さ)があまり存分に発揮されていない気がする。青地に赤で塗られたハートもちょっと微妙、なんだろう、本当にどうもよくわからない。
さてとジャケットの話は止めて内容を話しましょう・・・・・・まずはThe AREとRon Fairが共同制作した「I Ain't Thru」で幕開け、客演には今やスーパースターとなったNicki Minajが参加。電子鍵盤の音色でギラギラと辺りを照らす様な眩いミッドナンバーで、潤いたっぷりにツヤツヤ輝くKeyshia Coleと、いつもに比べるとかなりおとなしいNicki Minajのドーリーな(人形っぽい)ラップがクールに交錯。冒頭のあの声でそれと分かるJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作した「Long Way Down」も相変わらず夜の灯が輝く都会みたいな艶やかな美しさがたまらないスムージーなトラックで、Keyshia Coleの程よく色っぽくてタフな歌声がしなやかに鼓膜に響きますね。ToxicにRon Fair、N8、そしてSong Dynastyとかなり大所帯な制作陣が関与した哀愁たっぷりな切ないバラード「Tired Of Doing Me」、Song DynastyよりあのTankが客演参加しているという鉄壁な極上スロウ。序盤からTankが胸をギュッときつく締め上げるヴォーカルでもうダメ(涙)、そこにKeyshia Coleの痛々しくて悲劇的で今にも壊れそうな、切な過ぎる歌声がジンジンと胸に響く素晴らしいデュエット(倒)。Big WYとTweek Beatsが共同制作した「If I Fall In Love Again」は、The Notorious B.I.G.「Warning」を下敷きにして、元奥方のFaith Evansを客演に招くという徹底ぶり。でもこれはネタ元に絡めたというより、このダークで重たくヒリヒリする程に冷たい雨みたいなFaith Evansの歌声が、Keyshia Coleの歌声とどこか似ていてピッタリ寄り添えるからかもしれませんね(個人的見解)。大御所のJimmy Jam & Terry Lewisが制作した「So Impossible」はやはり美しい、ラグジュアリーなんだけどどこか感情的で脆い感触のあるKeyshia Coleのヴォーカルが活きています、溜息モノの美しさで御座います(惚)。さらさら清流のように爪弾くアコースティックギターの旋律が心の琴線に触れる「Sometimes」はJustin "Justa Beast" Graham制作、後追いするように重ねられたKeyshia Coleの歌声は雨上がりに架かった虹のような鮮やかさで、聴き手の心中をそっと明るく輝かせます(涙)。なんだか80年代のソウルっぽい懐かしい香りがするトキメキ胸キュンな色彩ミッド「Take Me Away」は、Chink Santana(Co制作をあのIrv Gotti)というなんだか納得な出来映え(曲者)。引き続きRon Fairが制作を担当した「What You Do To Me」もナイスな仕上がりで、ゆったりとピアノ鍵盤の解れてゆくようなメロディにダウナーなビート、時折と繊細に舞うようにひらめくKeyshia Coleのファルセットが官能的で素敵。Timbalandが制作&客演参加した「Last Hangover」は、それこそ二日酔いみたいにグドグドと重たく爛れ落ちるゲロゲロな電子音が変態趣味な、なるほどTimbalandっぽい一曲。Eddie HustleとKC Hustleが制作し、Keyshia Coleの実母(?)Dr. Yvonne Coleをfeat.した「Thank You」は純粋なピアノバラードで心にとにかく沁みる(深淵)。最後を飾るのはSong DynastyとRon Fairが共同制作(ソングライトにはあのDiane Warren)した「Better Me」、雲一つない晴れ渡った青空みたいな、すこしの汚れもない透明感溢れる純度の高い美曲に、Keyshia Coleのすべてを圧倒しぎゅっと包み込むような温かなヴォーカルが伸び伸びと響き渡る名バラードに(感動)。

すごく素敵、本当にKeyshia Coleって魅力的なシンガーなんだなと実感できて嬉しかった(照)。本作はKeyshia Cole全作品の中では、一番芳しくないセールスに終わったみたいですが、それでも充分に素晴らしい出来映えで僕は満足度100%でした(個人差)。ただ惜しむらくは本作は国内盤が出なかった、出ると思ってずっと待っていたんですがねー(悔)。それを待ち過ぎて、さあ買おうと思った時には三曲多く収録されたDeluxe Editionが見つからず、結局は通常盤を買いました(泣)。豪華盤がいまだに欲しいですが、通常盤全11曲でも充分に楽しめる素敵な一枚(薦)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment