RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Erick Sermon「React」
es-racc.jpg


Hip Hop黄金期から活躍し続けるProducer、Erick Sermonの通算五作目となる『React』を御紹介。僕はHip Hop愛好歴がまだ浅いため、Erick SermonというとProducerの印象がかなり強いんですが、Erick SemonはParrish SmithとのデュオEPMDや、RedmanとKeith MurrayとのDef SquadなどでMCとしても活躍していますね。最近でこそそんな名前はクレジットされませんが(しかし時たまはやはり見かける)、重要なProducerである事は間違いありません。
そんなこんなの内容紹介なんですが……驚く程に客演ゲストが少ないんです、ほとんど全楽曲にゲストが配置されているかと思いきや、むしろソロ曲の方が多くてビックリしました。まずはErick Sermon自身による製作曲を紹介します、まずは「Here I Iz」で幕開け、かなりくぐもった音に硬質なビートがぶつかる男気溢れるトラックで痺れます。The Notorius B.I.G.「Friend Of Mine」と同ネタをバッチリ使った「Party Right」はトラック勝ち、ぶっ飛んだようなドロドロビートが癖になって仕方が無い一曲。Al Green「Love & Hapiness」とRun DMC「King Of Rock」を使った「Love Iz」もソウルにスクラッチが絡むメッチャ快感なトラックでネタ物好きにはたまらない、Al Greenに代わって歌声を披露しているGregry Howardもエエ声してますがな(惚)。一聴すると完全にDr.DreかEminemが製作かと思える暗黒ホラー曲「Go Wit Me」もErick SermonとAndre Ramseurによる共同製作、Erick Sermonのガッチリしたラップがタイトに引き締まってて格好良いっす。「Tell Me」ではMC LyteにRah Diggaと実力派の女性MC二人を援護射撃に用意、Erick Sermonも勿論カッコイイんですが(結構意外)、またMC LyteとRah Digga(特にRah Digga)の男顔負けの唾吐くラップがメッチャクッチャ格好良いんで失神寸前、この組み合わせは大成功ですね。誰だかクレジットが無いので分かりませんが、絶対にこの女性シンガーの歌フックはこの曲の魅力を120%アップさせているのは確実な「Hip Hop Radio」、この女性シンガーの歌声には目を見張るものがありますよ。最後を締め括るのはちょっぴりキュートでキャッチーなメロディのOdyssey「Inside Out」使いの「Don't Give Up」、Lyricなる女性シンガー(グループ?)の清涼感抜群の歌フックも功を奏して、R&Bライクな僕好みのトラックが出来上がっています。とここまでがErick Sermonによる製作曲、他の製作陣も良い仕事してますんで御安心を。まずは僕の大好きなJust Blazeが製作を担当した「We Don't Care」、The Neptunesを打ち負かす程の電子音が跳ねてドスンと落ちる暴発トラックがErick Sermonの男っぽいラップにフィット、Freeなる女性シンガーの歌フックもバッチリ。Just Blazeはもう一曲「React」を提供、ここではインド民謡のようなトラックにフックを用いてエキゾチックな魅力を濃縮。そしてこの曲ではDef SquadのRedmanがゲスト参加、パッと聴きではErick SermonとRedmanのラップ(声質)が似てて途中で混乱したりも(笑)。でも双方ともに一歩も譲らぬ進軍っぷりで、興奮します。無機質な音が交錯する「To Tha Girlz」はMegahertz製作、センス抜群でカッコイイとしか言い様のない仕上がり。「Hold Up Dub」はこれまたベテランのRick Rockが製作を担当、The Beastie Boys「No Sleep 'Til Brooklyn」やPublic Enemy「Shut Em Down」などの大ネタを使ったトラックも面白くカッチョ良い。そしてこの曲ではDef SquadのKeith Murrayが参加、彼もまたラップ(声質)がほんのちょっぴり似てて、感覚の似ている三人が集まっているのがDef Squadなんだなと思ったり。そしてKaos製作(Co製作はErick Sermon)の「S.O.D.」はSy ScottにIcarusにRed Cafeが参加、Red Cafeといえば現在はAkon主宰のKonvict Musicと契約している要注目MCの一人ですよね。

正直そんな期待して購入した訳ではなかったんですが、これがなかなかErick Sermonのラップも悪くなくて聴いててすんなり面白いと思いました。たまにはこういう脂ギッシュな男のHip Hopも良いですよねぇ、あと個人的にはJust Blazeの仕事っぷりも良くて、そこも高得点の要因ですね。聴いて損はないと思います、旬のトレンドサウンドが上手く取り入れられた一枚で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment