RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Tony Rich Project「Words」
tr-wdsc.jpg


LaFace Records所属のシンガーソングライターTony Richのデビューアルバム『Words』を御紹介。Tony Richといえば他アーティストに沢山の楽曲を提供している事で御馴染み、僕も最初はそうでした。しかしTony Richは自身も優れたシンガーで、あのD'AngeloやMaxwellと並び、New Classic Soulを牽引した人物なのです。
そんなこんなで内容はいかがかと言いますと……まず触れておかなければならないのが、本作はTony Richが作詞、作曲、編曲、楽器演奏とすべてを自身の手で行っています。その為にアルバムの持つ統一感が素晴らしく、すっきりと聴き易い印象です。しかも、このTony Richの歌の上手さったら凄い、僕の好きなちょっとナヨった甘く高い声で、一気に惚れ込んでしまいました。幕開けの「Hey Blue」の春風を背中に受けて舞い上がるかのようなキラキラサウンド、これこそ正に僕の愛するNew Classic Soulの魅力が詰まった一曲。こういうサウンドはどちらかといえばMaxwellっぽいアプローチ、Tony Richの黒砂糖のような甘声も素敵。少し入るアコースティックギターといい曲展開といい、Tony Richのその歌声といい、どこかBabyfaceを彷彿とさせる「Nobody Knows」も綺麗。ちょっぴり乾いた音が胸に染み入る「Like A Woman」も、ゆったりグルーヴに酔わされる「Grass is Green」も、哀愁たっぷりに歌い上げるフォーキーな「Ghost」も、非の打ち所の無い美しさでもう完敗。パーカッションが小気味よく鳴るHip Hopテイストも感じる「Billy Goat」、一聴するとどろっとしたブルージーサウンドながらもTony Richの甘い歌声でまろやかになる「Under Her Spell」、幾重にも重ねられたフックが颯爽としてしていて聴いていてスッキリする「Little Ones」、これはBabyfaceが作って歌っているのではと感じてしまう程にBabyfaceが憑依しているギター曲「Missin' You」とどれもが心の琴線に触れる美曲ばかりでウットリします、汚れた心が浄化されてゆくのを感じます(真実)。本作で最も好きなのは、「Missin' You」と迷うけれどやはり「Leavin」ですね、輝き煌く柔らかなトラックはやはりBabyfaceと似ているんですが、歌唱力ではTony Richに軍配が上がるかなと。Babyfaceと比べるのは失礼なのでしょうが、Tony RichはBabyfaceをもう少しフォーキーにしたサウンドを展開、しかしバラードはそんなに黒くなく、どちらかというとポップで聴き易い感じ、でも鼻につかないナイスバラードばかりです。僕はこういう素直に美しいと思えるバラードがたまらなく好きです、音楽ですから、聴いて癒されるっていうのがやはり大前提かなと。

上手く称賛できていませんが、本当に素晴らしい一枚で感服いたしました。夜寝る時に聴いても良し、朝の目覚めに聴いても良し、晴れの日の散歩中に聴くのも良し、どんなシーンにもすんなりスムーズに心地よく聴ける一枚で御座います。New Classic Soulというのは本当に素晴らしいですよね、こういうソウルが引き継がれているのが嬉しいですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment