RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Michael Jackson「Invincible」
mj-invc.jpg


“King Of Pop”の称号を欲しいままにする神の様なアーティストMichael Jacksonの通算五作目となる『Invincible』を御紹介。これだけ長きに渡って王座に座し続けるMichael Jacksonは素晴らしい、昔の作品楽曲どれを聴いてもいまだに斬新で洗練された格好良さが輝いています。そんなMichael Jacksonが発表したこの一枚、まだ21歳の僕にとってMichael Jacksonの作品をリアルタイムに手に取る事が出来た事は、本当に価値ある喜びでした。
期待せずにはいられないそんな本作ですが……さすがはMichael Jackson(以降MJと表記)、僕の期待を遥かに上回る最高の一枚を届けてくれました(鳥肌)。まず触れておくべきが製作に関してで、当然ですが全楽曲にMichael Jacksonが関与しており、そこがこのアルバムに“The Michael Jackson”な統一感を与えています。まずは鋭く研ぎ澄まされた電子音が交錯し突き抜ける「Unbreakable」、もうこの時点でテンションはMAXで興奮最高潮なのは間違い無し(断言)。製作はRodney Jerkins、MJとの相性は抜群で、彼のシャープで斬れ味抜群のボーカルを最大限にまで惹き出しています(拍手喝采)。そしてこの曲のもう一つのトピックは亡きThe Notorious B.I.G.のラップをfeat.している点、Biggieのあの曇ったラップが凄まじくカッコイイんで痺れて下さい(あとBack VocalにBrandyが参加)。続く「Heartbreaker」もRodney Jerkinsが製作を担当、ここでも彼はMJの斬れ味を抜群に活かす細かく刻む電子音ビートで暴れさせます。途中でラップを披露するFatsもなかなか良い味出しています、しかしこのビートは最高に冴えているなぁ、流石はDarkchildです(溜息)。そのRodney Jerkinsが製作でFatsも引き続き参加している「Invincible」も、もう背筋がゾッとする程に格好良くて目が眩むほど。少しタメの聴いたバウンス感のあるシンセトラックはリズム感抜群のMJを乗せるし、やはりFatsが良い味出しててグッド。伸びやかで透明感のあるトラックながらも先鋭的でもある「Break Of Dawn」はDr.Freeze製作(Digital EditingにThe Underdogsの片割れHarvey Mason, Jr.が参加)、壮大なラヴソングもMJに歌わせると様になるから素敵。MJの柔らかで繊細な歌声を浮遊感たっぷりに紡いだ「Heaven Can Wait」は盟友Teddy Rileyが製作を担当、こういうキラキラ煌くスローを書かせてもTeddy Rileyは本当に巧い、流石はR&Bの歴史に黄金時代を築いたProducerの仕事っぷりです(賛辞)。そして誰もが一瞬にしてヤラれたであろうシングル曲「You Rock My World」、製作は御存知Rodney Jerkins(Digital EditingにHarvey Mason, Jr.参加)で御座います。Introでの俳優Chris Tucker使いは必要だったかどうか分かりませんが、この曲の完成度の高さは突き抜けていますよね(感心)。電子鍵盤とベースが鳴る涼やかながらもキッチリとビートを刻むセンス良過ぎるトラック、MJハイトーンボーカルを幾重にも重ねたフック、途中で聴こえるMJの吼え気味の“ゆーろっくまーいわーっ♪”のフレーズ、もう最高傑作ですね(勲章)。どこまでも美しく甘い「Butterflies」はあのAndre Harrisが製作を担当(ソングライティングとBack VocalにはMarsha Ambrosiusが参加)、この曲もMJの甘美なメロウ側面を存分に惹き出したミッド曲で、生音っぽい温かさ感じる優しいトラックはAndre Harrisならではで素晴らしい化学反応を起こしています。この一曲を聴いていつも頭をよぎるのがJustin Timberlake、彼が時折魅せる世界観(表現方法)はMichael Jacksonの影響をモロに受け、それを自分なりに消化したものなんだなと。「Speechless」はMichael Jacksonによる製作、彼らしいどこか白い聴き入り易い弦楽器美メロでこれぞMJ風味、最後に入るコーラスも清廉で素敵。「2000 Watts」はTeddy Rileyが製作、ここではMJのボーカルが低くちょっと違った印象さえ受けます、デジタル音爆発のアップはTeddy Rileyらしくてやはりカッコイイ。「You Are My Life」はBabyfaceが製作を担当(GuiterとBack Vocalでも参加)、Babyfaceらしいスーっと心に染み入るバラードはどこまでも真っ直ぐでクリアに透き通っていて、美しいの一言に尽きる仕上がり、みるみるうちに汚れた気持ちもも浄化されます。「Privacy」はRodney Jerkins製作(Digital EditingにHarvey Mason, Jr.参加)、カメラシャッター音を配したトラックに、スターならではの苦悩を怒り露わにぶつけて歌う一曲は異色。「Don't Walk Away」はTeddy Riley製作の再びスローバラード、僕は個人的にはMJの歌うバラードも好きなのでこういう曲は大歓迎です。がしかし往年のファンはやはりTeddy Rileyとのアッパーなコラボを望んでいたのかな、僕はこのある意味で王道な美曲を作り上げたTeddy Rileyに拍手を贈りたいです。「Cry」はR.Kellyが製作を担当、R.Kellyもまた彼らしい天国に昇る程に美しいキラキラ曲を提供、やはり相性抜群で素晴らしい仕上がり。「Whatever Happens」はTeddy Riley本作最後の製作曲、どこか異国情緒感じる荒涼感あるトラックは最後の一捻りって感じで素晴らしい。またこの曲でGuiterを奏でているのがCarlos Santanaなんだから、この曲の持つ切ない程の哀愁は当然の結果。最後を飾る「Threatened」はRodney Jerkinsに託されていてこれが大正解、どこかダーティーで黒い電子トラックはクールでタイト、MJもこれでもかというほどに鋭く冷たく歌い上げます。

これぞMichael Jacksonの世界、どこまでも完璧に構築された一枚となっています(天才)。なんといえばいいんでしょうか、とにかく彼の持つあの歌声とフィーリング、天性のリズム感(ダンスも含め)、そのすべてがもはや“Michael Jackson”にしか出せない魅力なんですよね。他の追随をけして許さない、それこそ神の領域に最も近いアーティストなのではないでしょうか。プライベートでのゴシップが絶えないのが問題点ですが、しかし今もなおMichael Jacksonの歌を聴きたい人間は世界中にいる訳です。その中には現在活躍している一流アーティスト達もいる訳で、Michael Jacksonが“新しい一枚を創る”といえば豪華極まりない製作陣が名を連ねるでしょうね(鳥肌)。もう一枚、Michael Jacksonの新作を聴きたいです(熱望)。それまではこのアルバムを擦り切れるまで聴きます、とにかく最高に熱い一枚、まだ購入してない方は急いで購入して下さい(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment