RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Girlicious「Girlicious」
Girlicious.png

ジャケット左よりChrystina Sayers、Nichole Cordova、Natalie Mejia、Tiffanie Andersonの四人で構成されたダンスポップグループ、Girliciousのデビューアルバム『Girlicious』を御紹介。Girliciousは米オーディション番組にて、あのPussycat Dollsの妹分的な立ち位置で結成されました、たしか(曖昧)。残念ながらこのアルバム発表後に、色々とメンバーが脱退したりして(その後に戻ったりも?)、様々なメンバー入れ替えを行ってるみたいです(詳細不明)。どういう訳かガールズグループっていうのは存続が難しい、もたない、やはりすぐに仲悪くなって分裂してしまうのかな(憶測)。
それでは内容をちょこちょこと書いておきましょう・・・・・・まずはバキバキとへし折る様なベースのうねるメロディに、ピコポコと機械的なサウンドが光線のように突き抜けるサイバーアッパー「Do About It」で元気いっぱいに幕開け。制作はMadd Scientist、Vocal ProduceにはあのMarsha AmbrosiusとRon Fairが関与というトリッキーなバックアップ。テキパキと角張ったヴォーカルがサクサクと行き交い、煌びやかなメロディがクールでなかなか良い。続いてはThe Runnersが制作を担当した「Baby Doll」、ドッカンドカンと跳ね回すフック部分と、奇天烈に弾かれる三味線みたいな弦音の曲線描いたメロディが刺激的なアップチューン。当時の人気者Fro Ridaが客演参加した「Liar Liar」もThe Runners制作、ちょっぴりTimbalandっぽい泥臭い電子音のバウンスが効いた重ためのシンセチューンで、囁いて誘う様なGirliciousの面々のヴォーカル(途中の“あーはあーは♪”とか)がなんだか耳に残ってしまう中毒曲に。Andre HarrisとVidal Davisの名コンビと、Rico Loveが共同制作した「Save The World」も溜めの効いた打ビートのドカドカ感と、スーッとミステリアス且つアイシーに輝くGirliciousのヴォーカルがクールで魅力的。The BankとRon Fairが共同制作した「Here I Am」は、ピアノ鍵盤の軽やかで純粋なメロディがスルスルと滑るように奏でられる純白ミッドで、こういう女の子ばっかりのグループで歌うと余計に可愛くてキュンとしてしまうポップ曲(照)。またまたThe Runnersが制作を担当した「Already Gone」は凍てつく様に痛々しい冷たい鍵盤音に、何度も繰り返す切なげなフックが胸に沁みて、小さな棘が刺さった様にチクチクと痛んでしまう悲しいスロウ(震)。Kardinal Offishallが客演参加したベコボコと凹んだ電子音がガス漏れみたくバフバフと流れる「I.O.U.1」、アマゾンチックな暑苦しく毒々しいこのバウンスチューンの制作は、Kadis & Sean "The Chase"とRon Fairが担当。Girliciousのキャンディみたいにカラフル鮮やかでスウィートなヴォーカルワークが堪能出来るキュートなスロウ「My Boo」、制作はJazze Phaという事で流石の仕上がり(ソングライトにはEsther Dean)。少し隙間のあるメロディとビート、その間を縫う様にスルスルと滑り抜ける艶やかなストリングス、ほんのりセクシーでほんのり切ない絶妙ブレンドな一曲でこれは好き(溺愛)。再びAndre HarrisとVidal Davisの名コンビと、Rico Loveが共同制作したのが「Radio」。これも女の子らしいゆるやかでコケティッシュな曲線美の活きたミッドナンバーで、ふうっと耳に息を吹きかけるような優しく甘いヴォーカルがたまりません(骨抜)。J.R. Rotemが制作の「Still In Love」ではSean Kingstonが客演参加、彼が参加したせいかどことなくトロピカルな温かい風が吹いているテイストに仕上がっています。Jazze Pha制作(Ester Deanも関与)の「It's Mine」は、キンキンとオモチャのピアノの様に鳴る鍵盤音と、クルクルと舞い落ちる花弁のような儚いGirliciousのヴォーカルが絡む哀愁ミッド。再びJ.R. Rotemが制作の「The Way We Were」、笛音にハンドクラップにスクラッチにクラシックっぽいメロディラインと、なんだかゴチャ混ぜな感触が面白く感じる微スロウチューン。Beau DozierとStefanie Ridelという聞き慣れない二人が制作の「Stupid Shit」、これは完全にエレクトロなダーティーポップって感じてビリビリ痺れる刺激的(電撃的)なクレイジーアッパー。最後を締め括るのはJazze Phaが制作した「Like Me」、ビカビカとストロボみたいに眩い電子音の派手な鳴りに、エッヂの効いたGirliciousの歌声が交錯する一曲でなかなかカッコ良くて好き。

PCDに比べると四人全員がヴォーカルを執っているし、四人がそれぞれきちんとダンスも出来るし、ルックスもかなりセクシーで綺麗だし、本当にこの四人のままで存続して欲しかったなと残念に思います(悔涙)。確かに、すごく歌えるヴォーカルがいる訳でもないので、聴かせるってのは難しいですが、パフォーマンスならばそれなりに輝くはず。それにProducer陣も豪華なので、流してノリノリで聴くには最適なアッパーナンバー集になっております。女の子ウケは凄く良いんじゃないかな、こういうガールズグループがもっと沢山いていいのに(妄想)。厳しい言い方をすれば“可も無く不可も無く”、でも充分に楽しんで聴けますよ。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment