RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Usher「Versus」
51usherversusUGTzv52BBL.jpeg

R&B界の頂点に立っていると言っても過言ではない、Usherの特別盤『Versus』を御紹介。特別盤という紹介はどうかと思いますが、でも正規としてどう数えるべきか分からないので。というのもこれは『Raymond Vs Raymond』の後に出た後発盤で、いわばDeluxe Edition的な一枚。こういう後出し戦法は本当に困り者、この場合は本編『Raymond Vs Raymond』にそのまま詰め込んだ盤と、詰め込まずそれを単体としてリリースした盤とがあるのがせめてもの救い(貧乏)。僕は普通に『Raymond Vs Raymond』を所持していたので、仕方なく『Versus』単体のみを購入。
それでは早速と中身を簡単に触れていきますね・・・・・・まずはAlexander "Prettyboifresh" Parhmが制作を担当(ソングライトにはEsther Dean)した「Love 'Em All」で幕開け、少し息切れしそうな高いキーを駆使したUsherのヴォーカルが、スッと消えそうな柔らかなシンセの眩いウェーブの中でゆらゆらと漂う、とってもミステリアス且つ艶っぽいミッドでグッド。そして全世界でクロスオーバーヒットとなったのが「DJ Got Us Fallin' In Love」、制作はあのポップミュージック界の重鎮Max MartinとShellbackが担当。このいかにもなビカビカギラギラと輝き明滅する、四つ打ちビートのテクノダンスサウンドは特大ヒットを約束されていましたね(無抵抗)。Max Martinの引き出しの多さをまた近年は痛感するばかり、完全に息を吹き返しました(蘇)。系統としては本編収録の「OMG」と同様なんですが、この「DJ Got Us Fallin' In Love」の方が完全浸透した感もありますね。客演にはPitbullが参加、彼の人気を決定づけたのもこの曲かもしれませんね(憶測)。Polow Da Donが制作を担当(ソングライトにEsther Dean)した「Hot Tottie」はまさかのJay-Zが参加、ドロドロとした濁流シンセの隙間を縫ってキラリと閃光が煌めく流線形のダークミッド。まるで呪文の様にUsherが低音ヴォーカルと囁きヴォーカルを交錯、そこにJay-Zのどっしりとヘヴィーでいてスマートなラップがバシバシと飛び込んで来る快感。「Lay You Down」はRico LoveとDwayne "D-Town" Nesmithが共同制作、スッキリとクリアでキラキラと輝く清流のような電子メロディが優しくて穏やか。その上をひらりふわりと滑る様に触れるUsherのファルセット混じりのシルキーな歌声がたまらない(興奮)、ポップ風味なスロウジャムだけれど素敵、聴いているだけで天の羽衣を身に纏い天高く誘われます(昇天)。Usherの盟友ともいえるJimmy Jam & Terry Lewisが制作の「Lingerie」は、小気味良く跳ねるメロディが往年のレトロでポップなソウル曲を思わせて、Usherの軽々と舞い上がるようなフェザータッチなファルセットに痺れてしまいます(痙攣)。本編にも収録の既出曲「There Goes My Baby」を挟んで流れ込む「Get In My Car」、制作は再びPolow Da Donで客演にはBun Bが登場。ここではUsherがラップを披露していてなかなかカッコイイ、でもBun Bが出た途端に持って行かれていますが。Benny BlancoがRemix制作した「Somebody To Love」は、Usherからお墨付きを貰っているJustin Bieberと共演。僕は全くJustin Bieberの楽曲を聴いた事ないので、この曲でほぼ初めてきちんと歌声を確認。確かに下手ではないですね、ただ同じティーンアイドルでもJustin Timberlakeに感じた様な魅力は何も感じずのまま(辛口)。最後を飾るのはChristopher "Drumma Boy" Gholsonが制作した「Stranger」、まったりトロトロと煌めく電子音を降り注ぎながらスーっと滑空するUsherのハイトーンヴォイスが素敵、やっぱりUsherの歌うスロウが好きだなあと実感するばかり。

まあ、なんだかんだ言っても純粋な新曲を7曲収録、普通に新作として出しても充分な仕上がり。これを『Raymond Vs Raymond』のDeluxe Editionに抱き合わせたり出来るUsherは、太っ腹としか言いようがありませんね(怖気)。これでこの『Versus』単体での国内盤が出たら最高だったかな、本当にその価値あり。しかし、この『Versus』収録曲はもしかして、『Raymond Vs Raymond』の未収録曲の寄せ集めだったりするのかな......まあ、高水準だから詳細はどうでもいいですが(笑)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment