RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Michael Kiwanuka「Home Again [Deluxe Edition]」
6kiwanukahomeag-1.jpeg

英BBC放送が主宰する名物企画“Sound Of 2012”で見事に優勝を果たした、Michael Kiwanukaの記念すべきデビューアルバム『Home Again』を御紹介。この“Sound Of”ではこれまでにAdeleやJessie J、それからJames Blakeが見事に優勝し、その後にブレイクを果たしていますよね(由緒)。North LondonはMuswell Hill出身の24歳(僕より年下だったとは)、最近のUKはまたかなり隆盛していて目が離せませんねー。Bill Withersに多大な影響を受けたというMichael Kiwanuka、ここ最近また顕著になっているオールドソウルへの回帰に更に拍車をかけるかもしれませんね。
それではさらりと内容に触れておきましょうか・・・・・・さて、本作を紐解く上で重要なのが製作陣、全曲の制作にMichael KiwanukaとPaul Butlerが携わっております。Paul ButlerはAaron FletcherとのデュオでThe Bees(またの名をA Band of Bees)なるバンドを組んでいた人物との事、申し訳有りませんがそれ以上の事は知りません(無知)。まずは冒頭を飾るのが「Tale Me A Tale」、少しザラザラと掠れた声を喉の奥で鳴らすMichael Kiwanukaは、往年のソウルシンガーに匹敵する重厚感で、周辺の空気をあっという間にまろやかに仕立てます。アコースティックギターのポロポロと零れるような弦音に心が浄化される「I'm Getting Ready」は、まるで野を吹く春風のような温かさが心地良くて、思わず瞼を閉じて空気をカラダいっぱいに吸い込んでリラックス(癒)。マッタリと静かに寄り添う様に歌い上げるMichael Kiwanukaのヴォーカル、木漏れ日の下で街道を散歩するようなリズムが素敵です(爽快)。「I'll Get Along」はほのぼのとした空気の流れる中、若草の匂いにも似たMichael Kiwanukaの淀みの無い歌声が揺れる、フォーキーなミッドチューン。「Rest」は完全にフォークソングですけどソウルフル、小さな清流のせせらぎみたくゆっくり静かに流れるMichael Kiwanukaのほっこりとしたヴォーカルが、ひび割れたハートの隙間から沁み込んで、次第に潤いを与えてくれます(蘇生)。芝生と広葉樹が綺麗に生え並んだ、広大な自然公園を歩いてるような爽やかさが眩い「Home Again」。珈琲から立ち上る湯気みたいな、芳しい香りと温もりを帯びたMichael Kiwanukaがたまらなく神懸かりですね(崇拝)。鍵盤の緩やかな流れと南国風の穏やかで暖かい空気感がマッチした「Bones」、ちょっぴりドゥーワップな雰囲気もあってなんだかウキウキワクワクしてしまうノリでグッド。なぜか日本の昭和を想い出してしまいそうなぐらいの純粋フォーク曲「Always Waiting」、やはりこう聴くとソウルというよりフォーク寄りのシンガーなのかな。白黒映画のエンディングに流れそうな繊細にしてドラマチックで情感溢れる「I Won't Lie」、満天の星空の下で夜風に当たりながら聴くような、そんなキラキラと輝くロマンチックさがたまりませんね(陶酔)。哀しみを帯びたメロディの「Any Day Will Do Fine」は、ウイスキーをちびちびと啜りながら聴く様な哀愁たっぷりなスロウ。最後を締め括るのはアコースティックギターの爪弾きが静寂の中にジーンと響き渡る「Worry Walks Beside Me」、酒場の片隅でピンスポを浴びながら、切々と深々と歌い上げるMichael Kiwanukaの姿が目に浮かびますね(情景)。ゆっくりと噛み締めるようにメロディを紡ぐMichael Kiwanukaの艶やかなヴォーカル、聴いているだけで何故か胸が熱くなって、涙がポロポロと零れ落ちそうになります(響)。
とここまでが本編の内容で、僕が購入した“Deluxe Edition”にはもう一枚CDが付属しておりまして、“Ethan Johns Session”盤がボーナス追加。「They Say I'm Doing Just Fine」「Now I'm Seeing」「Ode To You」「I'll Get Along」「I Won't Lie」の五曲を収録していて、多分その名の通り生音セッション版なのでしょうが、本編のサウンドとなんら変わりがない気がします(笑)。そのぐらいに本編が生音演奏でゆっくりじっくりの直火焙煎で創られているんですよね、これならライヴDVDを付けてくれたら良かったのになー(我侭)。

好きだなあー、この温もり、優しさ、まろやかさ。こういったサウンドのソウルに慣れ親しんでいた訳でもないのですが、なんだか心が和むし落ち着くんですよね。木目調のアンティークソウル、ウッディなソウルと形容すべきでしょうか(個人的見解)。最後の方にも触れましたが、ゆっくりじっくり直火焙煎で練り上げられた生粋のフォークソウル作品です(落着)。こういう人も音楽シーンには必要、なんだかほっこりしたまろやかな気分になってしまいましたね(安眠)。ちなみにまだ国内盤は発売されておらず、その予定も無いみたい、是非とも歌詞対訳付きで発売して欲しい(切望)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment