RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ja Rule「Blood In My Eye」
jr-bomc.jpg


Murder Inc.の看板MCであるJa Ruleの通算五作目となる『Blood In My Eye』を御紹介。あの濁声で繰り出す歌う様なフロウとR&Bライクなトラックが魅力のJa Rule、超人気者50 CentとのBeefによってかなり人気に陰りが見えていますが、僕個人としては好きなMCの一人なんで応援しています。
そんなこんなの中発表された本作ですが……まずはJimi KendrixとIrv Gottiによる共同制作曲「The Life」で幕開け、Hussen FatalにCaddillac Tah、James GottiとInc.一派が参加したこの曲はカッコイイんですが、やはりJa Rule一人で立ち回って欲しかったかなぁ(残念)。そして続いてが本作の目玉曲で僕もこれを狙って購入した「Clap Back」、50 Centへのディス反撃曲で御座います。Scott Storch製作のおどろおどろしくも跳ね回すトラックに、Ja Ruleの唾吐き噛み付くラップが最高に熱い一曲、フックの魅せ方も上手くて耳に残ります。「The Crown」ではSizzlaを客演に、Sizzla「Solid As A Rock」使いの騒音トラックを用意。製作はMurder Inc.お抱えのChink SantanaとIrv Gottiが担当、これもまたシリアスでJa Ruleの筋肉質なラップが楽しめる一曲。50 Centから彼率いるG-Unit、そしてEminemやDr.Dreまでをも槍玉に上げる「Things Gon' Change」はJimi KendrixとIrv Gottiによる共同制作曲、Black ChildにYoung Merc、D.O. CannonsとInc.一派を引き連れた曲、やはりこれも客演が多過ぎる。またまたJimi KendrixとIrv Gotti製作の「Race Against Time II」はJa Rule単独曲で安心、悪くはないんですがそんな印象にも残らない一曲で肩透かし。BlackOutとIrv Gottiが製作を担当した「N****s & B*****s 」は、The Neptunes辺りがやりそうな電子音ピコポコなトラックでかなりカッコイイ、Ja Ruleのラップも冴えていてゴリゴリ迫る勢いに圧倒されます。Sekou 720とIrv Gottiが製作の「The Inc Is Back」はThe Lox「Streetz」使いのシンプルながらも殺伐としたトラックが巧い一曲。この曲もまたShadowにSekou 720にBlack Childとこぞって一派が参加、これをJa Rule単独でやれば強力だったに違いないのに。「Blood In My Eye」「It's Murda(Freestyle)」「The Wrap(Freestyle)」の三曲ではHussein FatalなるMCが参加、彼はあの2Pacが所属したOutlawzのクルーの一員なんだとか、かといってそんな興奮もしませんが。

悲しい事にこのアルバムは失敗です、Ja Ruleの魅力は完全に消えていると思います。あまりにも身内客演が多過ぎて、その時点で僕なんかは萎えちゃいました。もっと単独曲を収録して欲しかったですし、客演も出来たら外部かた召還して欲しかった。そして何よりもっとR&Bテイストの楽曲を作って欲しかった(本音)、確かに時期的にはハードコアなスタイルを取るべきだったと思いますが、やはりJa Ruleの魅力はそこにあるんだから。Ja Ruleは好きですが、あまりお薦めは出来ない一枚かもしれません。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment