RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

WZRD「WZRD」
SWrWX.jpeg

Hip Hop界の新星であり異端児ともいえるKid Cudiと、彼と多くの作品を生み出しているProducerのDot Da Geniusで結成されたロックデュオ、WZRDのデビューアルバム『WZRD』を御紹介。このRocBox 2でも何度か取り上げていたWZRD、そもそもは“Wizard”だったものを“2 Be Continuum”に変更すると宣言、しかし結局は表記を“WZRD”と変えてウィザードと読む事で落ち着いた模様。Hip Hopと言われながらも、だらだらと歌うようなフロウを効かせるKid Cudiはかなりカテゴライズの難しいアーティストでした。なのでこうしてKid CudiがRock作品を創ったとしても何ら不思議ではなく、むしろ必然的だったように思えます。しかしこれを実現させるとは正直思わなかった、構想だけで終わるものと思っていましたが、すんなり完成させドロップしました。
それでは簡単に内容を御紹介しますと・・・・・・全曲の制作をWZRDの二人で共同で行っていますね、Dot Da Genius単独となっていないところが肝かなと。そしてKid CudiがGuitarにKeyboardにPercussionにDrums、Dot Da GeniusがBassにKeyboardにPercussionにDrumsを担当と、全曲彼ら自身で演奏しているのも興味深い点。まずは「The Arrival」でジリジリとダークに幕開け、暗黒の亀裂から漆黒のヒーローが姿を現すような、静寂と強烈が入り混じったなんともミステリアスな開始。エレキギターのザクザクとしたリフに乗せて、Kid Cudiのスモーキーでべったりと擦り付ける様なヴォーカルがぼやけて響く「High Off Life」からもう完全にKid Cudi節。プカプカと毒ガスのように蔓延するシンセとギター弦が美しくも退廃的なメロディを奏でる「The Dream Time Machine」は、いかにもKid Cudiらしいゆっくりまったりと伸びる虚ろなヴォーカルがジワジワと滲みる幻想的なスロウ(溺)。細かいギターリフが時にグラインドしながら眩い放物線を描くハードな「Love Hard」は、後半で打ち込みを多用しながら暗闇の中に微かな光の点滅を繰り返す、脳がフラッシュバックみたいな痙攣を起こす一曲。Kid Cudiの大らかですべてをガブッと飲み込むような雄大なヴォーカルが心地良い「Live & Learn」、けして上手くもないんですが、この気だるくてヨレヨレの酒臭い(様な)ヴォーカルがたまらなく気持ちよかったりするんですよね(悪酔)。ほとんどKid Cudiは歌わずに呻き声に近い声をダラダラと聴かせる「Brake」を挟んで、本作唯一の客演であるDesireが参加した「Teleport 2 Me」へとゆったり流れ込む。Kid Cudiのドロドロと粘性の高いヴォーカルとは対照的に、どこか天国めいたキラキラしたDesireの天使のような歌声が清廉さと煌めきを生み出している、なんだか神秘的で柔らかなスロウにウットリ(夢見心地)。生温かくブルージーテイストなアコースティック曲「Where Did You Sleep Last Night」は、Kid Cudi得意の白昼夢っぽく白んで輪郭のぼやけた、幻覚に近い靄ヴォーカルが遠くから響いて聴こえて来るようなエコー気味の一曲。スパイシーなギター弦の爪弾き音色でメランコリックな想いに駆られる「Efflictim」も、Kid Cudiの暗い大きな部屋で椅子にぽつんと座ってぼそぼそ呟く様な、そんな閉塞的な世界の歪みから洩れ出る歌声が毒っぽい魅力に溢れていますね(幻影)。Kid Cudiの平坦で無感情な機械的なヴォーカルに、デジタルノイジーな電子音でビリビリと神経が麻痺してくるのを感じる「Dr. Pill」もやっぱり癖になる。宇宙空間を孤独に彷徨うような漂流感と、やんわりと滑らか且つ流麗でどこかレトロなメロディに思わず意識が宙ぶらりんになる「Upper Room」で、美しくなんだか寂しげで物憂げな空気感を匂わせながら幕を閉じます。

うーーーーん、少ーーし難しいなあ(困惑)。いま現在は輸入盤しか発売されておらず、やはり歌詞対訳を読まないともっとこのドリーミー(ナイトメア)な世界にはどっぷり浸かれないかも(悔)。しかし、確かにこれまでのKid Cudiのスタイルは維持していて、そういう意味でもKid Cudi作品の延長線上にあるアルバムだとは思うのですが。しかしやはり根幹にRockを置いているのと、枝葉まで全てがRockなのとは少し違っていて、そういう意味では少し難解で好き嫌いは分かれるかな。もっと聴き込むと中毒性を増す悪魔的な魅力は充分に備わっていると思います、僕が素人だからすぐとは理解できないだけかも。でも結構夜中に運転しながらヘヴィロテしていたりします、つまりもう虜になっているのかも(遅)。僕みたいにKid Cudiが好きな方は、素直に楽しめる一枚だと思います。なんというか、意味不明ですが、アメコミを映画化したサントラ盤みたいな、まるでキャラクターがきっちり確立されたダークでソリッドな一枚で、とにかくカッコイイです(痺)。そう、結局は好きなのです(溺愛)。とにかく僕は、Kid Cudiのヴォーカルの持つインソムニア(不眠症)的な雰囲気が、非常に好きです(中毒)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment