RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ludacris「Chicken-N-Beer」
Ludacris-ChickenBeerc.jpg


Def Jam Southの看板MCであるLudacrisの通算三作目となる『Chicken-N-Beer』を御紹介。その独特で爆発的で強烈なキャラクターで一気に全国区の人気を獲得、しかしながらただガナるんではなく、きちっとキメる時はキメる生き様がカッコ良いんで好きです。本作もその個性は大爆発、ジャケットからしてふざけているとしか言い様がありません(笑)。
それでは気になる内容に触れてゆきますと……まずはDJ NastyとLVM製作のIsaac Hayes「Me ANdMy Baby Got Our Own Thing Going」使いの鋼鉄ビート「Southern Fried Intro」で幕開け、Twsita顔負けの竜巻フロウで突っ走るLudacrisに早くも鳥肌。続いてはあの憎きBill O'Reillyをボコボコに叩き潰す「Blow It Out」、Ron Browz製作のちょっぴりシリアスなシンプルビートでLudacrisが野太く吼え捲くります。そして早くも特大ヒットとなったシングル曲「Stand Up」の登場、製作はあのKanye Westが担当。Ludacrisの骨太激震ラップを最大限にまで惹き出したドガドガなトラックは流石の仕上がり、DTP所属のShawnnaのエロいフックも絶妙でたまりません。Donald Byrd「Wind Parade」使いの薄氷トラック「Splash Waterfalls」はIcedrakeによる製作、程よくキラっとしながらもキッチリLudacrisの灰汁の強さは残るナイスバランスな一曲。DJ NastyとLVMが製作担当の「Hard Times」では8 BallにMJG、そしてCarl Thomasがゲスト参加という異色の一曲。ドロっと伸びやかでソウルフルなトラックにCarl Thomasのスムーズな歌声、8 BallとMJGの余裕たっぷりのラップが乗っかるなかなかの一曲。D.J. PaulとJuicy "J"の二人(Three 6 Mafia)がWilliam Devaughn「Just Be Thankful For What You Got」をベッタリと使った「Diamond In The Back」では、Ludacirsのスムージーな一面を惜しげもなく披露。サウス特有のスクリューを存分に使ったRuh Anubis Yazid製作の「Screwed Up」はLil' Flipが参加、ここまでサウスになると僕は胃もたれ起こすんですよねぇ。Ludacris率いるDTPよりShawnnaとぃl’Fateが参加した「P-Poppin'」、ポップで可愛くて面白いは面白いかなと。「Hip Hop Quotables」はあのEric Sermonが製作を担当した王道Hip Hop曲、シンプルで影のあるビートに淡々とラップを乗せるLudacrisが滅茶苦茶カッコイイ、Ludacrisのこういう柔軟さも魅力の一つではないでしょうか。Ruh Anubis Yazidが再び製作を担当した「Hoes In My Room」ではSnoop Doggが援護射撃、キラキラとなめらかな流麗トラックでリラックスするLudacrisとSnoop Doggの柔和な絡みが極上モノ。D.J. PaulとJuicy "J"が再び製作を担当した「We Got」ではChingy、I-20、Tity Boyの三人が参加。Chingyのゆるく抜けたラップも楽しみ処ではありますが、僕個人としてはI-20の剛力ラップも好きで聴き逃せません。

全曲がお薦めとは言いませんが、それでもやはり一曲一曲のクオリティはとても高くて、楽しめます。サウス好きな方には文句無しの仕上がりでしょうね、僕は個人的にはあまりサウス過ぎると胸焼けしちゃうんで(笑)。兎にも角にも「Stand Up」狙いで購入した方が良いですね、これを仕事前に聴くと沸々と力が沸いてきますよ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment