RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Sam Salter「It's On Tonight」
ss-iotc.jpg


L.A.出身の男性シンガーSam Salterのデビューアルバム『It's On Tonight』を御紹介。ド素人の僕はハッキリ言いますと、このSam Salterなるシンガーを全く知りませんでした(無知)。しかしあのLaFace Recordsからの作品になっていたのと、Exective ProducerにBabyfaceの名前がクレジットされていたので即購入しました(単純)。ジャケットの方もなかなか良くて良い感じ、これは期待出来るかなと。
でその期待の結果はと言いますと……見事に大当たり、これがどこまでも甘美なソウルアルバムで御座いまして。まず何より嬉しい驚きだったのが製作陣、最多の6曲を手掛けるのがあのChristopher "Tricky" StewartとSean "Sep" Hallのコンビなんですから、これはもう間違いないですよね(断言)。まずはその6曲から触れますよ、ポワワンな音使いにホーンが鳴るアダルトな「Your Face」、はいもう失神しました。Sam Salterがまた顔の割りに清涼感のある甘くシルキーな歌声で驚き、しっとりバラードの貴公子に新たに認定です。ちょっぴり音に遊びがあって(空間があって)、それがまた心地良い「After 12, Before 6」も素敵、恋人と絶対に夜聴くべき。少しエッジの効いたビートがカッコイイ「It's On Tonight」も良い、現代的過ぎず適度に懐かしい香りのするトラック。オルゴールの様な音から入り込む優しい輝きの「Give Me My Baby」も切なく甘く美しくのバラード三原則を軽々とクリア、本当にSam Salterの歌声ってどこまでも澄んでいて美しいんですよ(溜息)。「Show You That I Care」(ソングライティングをTony Richが担当)はもう天使が舞い降りる極上キラキラメロウ(溶)、けして歌声を張り上げずに切なく身悶えする歌声で胸を締めつけるSam Salterの歌いっぷりにただただ感動。Bob James & Earl Klugh「Kari」を絶妙サンプリングした「Thinkin' & Trippin'」なんかも最高、合いの手なんかからもちょっぴり風味が違うスロウなんですが、それでもきっちりとバラードに仕上がっている辺りが凄い。とここまでがChristopher "Tricky" StewartとSean "Sep" Hallの最高の仕事(絶賛)、しかしそれ以外の曲もどれもSam Salterの味わいをより深くする佳曲ばかり。次に多い5曲の製作を手掛けたのがLenny Stewart、彼もまた美しいバラードばかりを提供していてナイスなんです。どこかBabyfaceっぽさも感じるギターエッセンスも入った「There You Are」、悩ましい音にどっぷり浸かって聴ける「I Love You Both」、これぞ王道といった真っ直ぐと心に染み入る癒しの天国バラード「On My Heart」とどれも素晴らしい。しかし最も気に入ってるのがあのRobin Thickeがソングライティングを担当している「Everytime A Car Drives By」かな、Robin Thicke関与という事ですこし聴き易い(黒っぽさが抜けた)バラード、しかしフックでのSam Salterの重ねられた歌声なんかも美しいし最高に心地が良い(褒)。あとはBradleyなる人物が手掛けたアコースティックギター光るブルージーな「Coulda' Been Me」も雰囲気違ってて良い、晴れた日の公園で遊んだ帰りに聴くと良いかも(狭)。最後には「After 12, Before 6(Ghetto Fabulous Remix)」が収録されていてこれがまたナイスアッパーでカッコイイ、製作見たらなんとあのKevin "She'kspere" Briggsが担当(ラップでShe'kspereとTricy(!?)が参加)、本当に良い曲作ってたんですけどねぇ(回想)。

凄く良かったですねぇ、なによりも僕の好きな声質でそこが大きかった。甘美な歌声(少し細めで高め)の好きな方には絶対にお薦め、聴いてウットリして頂きたいです、どこまでも深く溺れてください。恋人とのデートでも大活躍できる、バラード集で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment