RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Justin Timberlake「Justified」
jt-justic.jpg


白人アイドルグループである'NSYNCのフロントマンJustin Timberlakeのソロデビューアルバム『Justified』を御紹介。'NSYNC時代から突出した輝きを放っていたJustin Timberlake、僕は'NSYNC自体が大好きだったので、Justin Timberlakeのソロデビューはかなり嬉しかったし興奮しました(微熱)。かねてからBrian MckNightやThe NeptunesといったBlack Musicエッセンスを取り込んでいたJustin Timberlakeの事、きっとPopでなく黒い一枚を届けてくれると信じていました。
さてさてそれでは内容はどうだったか……素晴らしい、なんともハイセンスでとにかくカッコイイ一枚に仕上がっているではありませんか(感動)。まず凄いのはあのThe Neptunesが最多の7曲、そしてTimbalandが4曲を手掛けているんです、これだけでこの一枚が歴史的傑作である事は明らかではないでしょうか(断言)。まずはThe Neptunes製作曲から御紹介していきたいと思います、彼らはやはり天才製作チームで御座います(賞賛)。まずは幕開けを飾る「Senorita」、電子鍵盤(Chad Hugo)にドラム(Pharrell Williams)と生音感たっぷりのバンド曲に、クールに絡むJustin Timberlakeの歌声でもう失神寸前。最後の観客煽りなんかは聴いてるだけで興奮モノ、エキゾチックな漂いも素敵。続いては本作からの先行シングルとなった「Like I Love You」、鋭くエッヂの効いたギターリフ、合間をべったり埋めるソウル溢れるドラムス、“誰にも出来ないよ、僕みたいな愛し方は”と妖しくも艶っぽく迫るJustin Timberlakeの歌声、どれもが先鋭的でクールな一曲で脳天ガッチリ掴まれます(快感)。途中で登場するClipseも水を得た魚状態、The Neptunesトラックで余裕たっぷりにかまします。これは絶対にJustin Timberlakeでないと乗りこなせないダンスチューン、とにかくクールです(惚)。続いては打って変わってスロウダウンして聴かせる「Take It From Here」、The Neptunesのメロウ側面が上手く引き出されたバラードで、Justin Timberlakeの細く繊細な歌声が浮遊感のあるトラックを優し包み込みます。本作ではソングライティングをすべてJustin Timberlakeが担当しているんですが、彼の書く詞もそのまま詩的で美しくて好き。「Rock Your Body」もシングル曲、ここではThe Neptunesらしい近未来的なエレクトロ曲で、ディスコっぽいノリがどこか懐かしくも感じるダンスチューン。幾重にも重ねられたJustin Timberlakeの歌声もどこか異空間っぽくて、あっという間にトリップさせられます(溺愛)。「Nothin' Else」はパーカッションがどことなく異国の曲の雰囲気を醸し出していて、ちょっと異質、でもこれも完全なR&Bとして仕上がっているから不思議。ヒンヤリした電子音トラックにJustin Timberlake御得意のファルセット駆使のフックがなんともカッコイイ「Last Night」、夜中の高速なんかをコレ聴きながら疾走したら絶対に気持ち良いです(憧)。繊細ながらも見事に構築された電子音使いで、一気に気持ち良くなってしまうのが「Let's Take A Ride」。フックでの段階的に音程が上がってゆく作りなんかも計算通り、思い切り息を吸い込んで、とにかくこの追い風に乗ってどこまでも高く舞い上がるのみです。続いては奇才Timbalandが製作した楽曲群について触れます、Timbalandもまた一流の仕事でJustin Timberlakeの芸術性を惹き出しています。まずはTimbalandの問い掛けから流れ込む「(Oh No)What You Got」、ピーヒャラと笛の音が入るエキゾチックな匂いもする中毒性の高いトラック。そして僕が思うに本作の最高傑作が「Cry Me A River」(StringsにLarry Gold、ClavinetにScott Storch、Back VocalにMarsha Ambroiseが参加)、口音を存分にあしらった不気味ながらも荘厳なビートは完全なるTimbaland趣味。恨めしく引きずる過去の失恋をモチーフにした詞もJustin Timberlakeならではで、神経質で悲観的で、かなり僕好みだったりします。脳髄に深く突き刺さっている至極の一曲、その詞を辿ると……

You told me you loved me
(僕を愛してるって言ったじゃない)
Why did you leave me all alone
(なのになんで僕を一人きりにしたの)
Now you tell me you need me
(いまさら僕が必要だなんて)
When you call me on the phone
(電話で言われても、何も出来ない)
But girl I refuse, you must have me confused
(お断りだよ、僕はそんな男じゃない)
With some other guy
(もう君にチャンスは残されてはいない、)
Bridges were burned, now it's your turn to cry
(好きなだけ泣くがいいさ)
Cry me a river, Cry me a river girl
(河があふれるように泣くがいい、泣けばいいのさ)
Cry me a river, Cry me a river girl
(河があふれるように泣くがいい、泣けばいいのさ)


……と繰り返し悲しみと憎しみをぶつける、しかし一番最後には……

Cause I've already cried, I don't want to cry no more
(僕はもう泣き尽くしたんだ、もうこれ以上泣きたくないんだよ)


……涙が溢れてくる(刹那)、途中で挟まるTimbalandの低音語りもナイスエッセンス。ラヴソングというものはなんと悲しいかな、やはり失恋を題材に謳ったものが聴き手の心をぎゅっと締めつけて離さないんですよね、こういう脆くて女々しくも神経質な詞の世界、Justin Timberlakeなかなかの巧者で御座います。この脳裏にこびり付くような悲恋トラック、数あるTimbaland楽曲の中でも五指に入る傑作です。跳ねては落ちる切れ味鋭い「(And She Said)Take Me Now」(Co製作をScott Storchが担当)では、なんとあのJanet Jacksonがゲスト参加(驚)。パッと聴きではJanet Jacksonの歌声は判断できませんが、しかしあのフックでの女性声はJanet Jacksonの歌声に間違いないです。これまたTimbalandらしいちょっぴり南国風味も混じった「Right For Me」もぶっ飛んでてカッコイイ、口音を何重にも重ねた分厚いビートがなんともたまらない。そこに絡むJustin Timberlakeのライトな歌声と、Timbalandお気に入りのBubba Sparxxxの低音ボイスラップも中毒性高くて化学反応起きまくり。とここまでがTimbaland製作曲、あと二曲残っているんですが、これもまた素晴らしいProducerが参加しているんです(感涙)。「Still On My Brain」はDamon ThomasとHarvey Mason, Jr.の最強タッグ、The Underdogsが製作を担当した失恋ソング。流麗なピアノ旋律にプツプツと鳴るレコードの様な音、どこまでも甘く過去の恋人への未練を歌う詞、どれもが僕のツボで御座います。そして最後を締めくくるのは、あのBrian McKnightが製作を担当した渾身の失恋バラード「Never Again」。どこまでも女々しくて後ろ向きな詞がこの曲の持つ悲しみをより一層深くしていて、聴いていてこんなに胸を苦しく締めつけられるバラードはそうそう無いです(溺)。こういう悲劇的な恋を歌わせたら、もしかしたらJustin Timberlakeほどに上手いシンガーはいないかもしれない、そう思わせる程に素晴らしい珠玉のバラードです(涙)。国内盤にはボーナストラックとして「Worthy Of Lyrics」を収録、

これはJustin Timberlakeというシンガーが歌いたかった(やりたかった)ソウルアルバムです、彼は完全なる蒼い眼をしたソウルシンガーなのです(絶賛)。完全に黒音楽を意識した作りで一部の人からは“売れ線狙いだ”と囁かれていますが、僕はそうは思いません。一流の製作陣を迎えながらも、凛として自身の世界観を見事に具現化できた傑作だと思います。The Neptunesがどうとか、Timbalandがどうとか、そういうのは抜きに、Justin Timberlakeという一人の若く才能に満ち溢れたシンガーの歌にどっぷりと溺れて頂きたいです(激薦)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment