RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Boo & Gotti「Perfect Timing」
bg-ptc.jpg


R.Kellyが可愛がっていたChicagoのラップデュオBoo & Gottiのデビューアルバム『Perfect Timing』を御紹介。なぜか突然のCash Moneyからのデビューという事で驚きましたが、勢いあるCash Moneyの威力を存分に注がれた、なかなか侮れない一枚となっておりまして。
それでは早速内容に触れてゆきたいと思います……本作もCash Money作品ということで例に漏れずMannie Freshが数曲を製作しています。そんなMannie Fresh製作の楽曲から、ずらりと列挙していきますと、Mannie Freshの粋な歌フックが楽しい(Tateezeも客演で参加)メロディアスな「Chi-Town」でまずは幕開け。BooとGottiの二人は南部の癖の強さはあまりなく、あくまでクールに流麗なラップで攻撃します(紳士)。音の鳴り方がなんとな~くThe Neptunesっぽくもあるんですが、それでもどこかやはりMannie Fresh印なのでグッドです「1 Adam 12」ではどちらかといえばシリアスめのトラックを用意、これがサウスの人間達で作られているとは思えません(まるでMobb Deepの様な陰気さ)。「Baby Girl」では男性シンガーのT.Q.が参加、彼のファルセット使いの歌声が昇天炸裂、カラリと奏でるギターに程よい潤いを与えていて痺れます。「Chicago」ではMannie Freshの新たな引き出しを目の当たり、Just Blaze顔負けのサンプリング技、The Moments「What's Your Name」を下敷きにしたメロソウルで落とされます(惚)。「Think...」ではJazze Phaを迎えてこれまた45回転の早回しを披露、The Delfonics「Think It Over」を下敷きにした可愛くもソウル溢れるトラックに、Jazze Phaの喉が唸る快作です。最後を飾る甘く“ぽわわん♪”なメロディ重視トラックに酔い痴れる「Out Here」も最高、BooとGottiの二人がこれまた綺麗にバシッと踊ってくれてて、思わずステップ踏みたくなります。とここまでがMannie Fresh製作曲、これ以外に外部のProducerも手を貸していまして。「Dear Ghetto」では製作とゲストであのR.Kellyが参戦、トラックはまたR.Kelly風味で美味なんですが、ここではR.Kellyは歌わずにラップ(のような歌)を披露……うーんやっぱり歌ってほしかったかなぁ(残念)。「Gangsta」ではなんとあのKanye Westが製作を担当(驚)、それが聴いて驚き、まったくもってKanye Westらしさが皆無なんです。これ聴いてKanye West曲だ分かる人いるのかな、トラック自体もそんな面白みは無い気も(辛口)。そのKanye Westは「600」でも製作を担当、ここでも電子音をボカボカと鳴らしたトラックを提供し懐古主義は皆無。Kanye Westは参加せずMurder Inc.よりBlackchildが参加、Mannie Fresh作品とはやはり味が違うから良いアクセントにはなってます。爪弾くギターにドカドカとバスを鳴らす「Girls Be Trippin」(Gilly客演)はLeslie Brathwaite製作曲、ここでもBooとGottiの二人はメロディアスに舞っていてめちゃ聴き易いです。同じくLeslie Brathwaite製作の「Ain't It Man」では、もはや敵無しなLil Wayneが援護射撃。トラックはシンプルで派手さはないんですが、Lil Wayneの爬虫類ラップがねっちょり絡み付くのが病みつき。「Ride Tonight」はJazze Pha製作でゲスト参加、加えてCash Moneyの首領Babyも参加した可愛い系のシャカシャカ曲。そのJazze Phaは「Hot S**t」も製作、MikkeyにBabyにLacにStoneとだる~くマイクリレーを披露しています。

そんな期待していなかったせいか(失礼)、結構聴いてて楽しめた一枚だったのが意外でした。BooもGottiも歌心を分かったラップで、Mannie Freshの操るメロディアストラックにきちんと嵌っておりました。超重量級のサウスど真ん中に疲れた方には、サウス作品の魅力のもうひとつの側面として触れて頂きたいです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment