RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ghostface「The Pretty Toney Album」
ghostfaces.jpg


Wu-Tang Clanで一番ソウルフルな男Ghostfaceの通算四作目となる『The Pretty Toney Album』を御紹介。本作は老舗Def Jam移籍第一弾アルバム、これを機にGhostface Killah改めGhostfaceと名乗ります(がしかし後にすぐ戻します)。Wu-Tang Clanがもう最強過ぎるMC集団だったんで皆がカッコ良いから好き、特にこのGhostfaceとMethod Manの二人が今なお前線で頑張っていますね。
そんなかなり濃い事の期待される本作……これが期待を裏切らないかなり濃味のソウルフルHip Hopに仕上がっています(痺)。まずはTrue Master製作の「Biscuits」で幕開け、このドス黒さは半端無くてのっけから失神寸前、ゲスト参加のTrifeも良い味出してます。パトカーのけたたましいサイレン音で始まる「Beat The Clock」はMinnesotaによる製作、下敷きにはLaura Lee「Since I Fell For You」を使用。これまた大ネタ使いで鼓膜を一発鷲掴みの「Metal Lungies」はNo I.D.製作曲、ドープな音に燻し銀なラップをかますのはSheek LouchとStyles P.という通な人選。Freddie Scott「(You)Got What I Need」をほぼ加工せずそのまま垂れ流し、そこにドラムパターンだけ雑に乗せるという荒技で魅せる「Save Me Dear」はGhostface製作曲、アリかナシで聞かれたら悔しいけどこれもアリです(惨敗)。The Notious B.I.G.の永遠の名曲「Who Shot Ya」と同ネタで攻める「It's Over」はK Def製作、フックでの男臭い歌フックもカッコイイし、シンプルに唾吐きラップするGhostfaceにも圧倒されっ放し。続いては本作のヒットのきっかけとなったシングル曲「Tush」、製作はD. TrotmanとDub Dot Zの二人でThe Best Both Worlds「Naked Truth」使い。ゲストにMissy Elliottを迎えた事で曲により色彩が生まれていて煌いているし、ホーン鳴る疾走感たっぷりのトラックも秀逸。またまたGhostfaceがDelfonics「La La(Means I Love You)」をノン加工でベッタリ流したまま熱くほとばしるラップをぶちかます「Holla」はズルイの一言に尽きる、涙流れるエモーショナルなトラックに合わせてフックでは一緒に歌っちゃってますからね(反則)。でもこれもGhostfaceならアリかなって、そう思えるぐらいに好きな曲だったり。これまたBilly Stewart「(We'll Always Be)Together」のソウル溢れ過ぎのボーカルをふんだんに取り入れた熱い「Be This Way」もカッコイイ(汗)、製作はNottzという事で納得。「Tooken Back」もNottz製作のThe Emotions「Take Me Back」使いのキュートな一曲、ゲストに女性MCのJackie-Oを招いています。そして遂にWu-Tang Clanの頭脳ことRZAによる製作曲「Run」が登場、殺伐として喧騒としているストリート危険さをそのまま表現したバキバキなトラックだけでも鳥肌モノ。なのにそれに加えてJadakissが援護射撃だから間違いない(断言)、Ghostfaceとの相性も抜群でこれは絶対に聴き逃せない一曲です。そして最後を飾るのはNo I.D.製作の激メロウ「Love」、ゲストにはMusiqと女性シンガーのK.Foxが参加。David Ruffin「Statue Of A Fool」使いのキラキラ輝く優しいトラックも、Ghostfaceの自分を支えてくれる家族や仲間への愛を謳う詞も、MusiqとK.Foxの甘美で包み込むような歌声も、どれをとっても素晴らしい(涙)。

作り的にはかなり荒削りなんですけど、そこがまた良いんですよね。まるで古いレコードに針を落としたかのような感覚に陥るソウル度100%のアルバム、聴いて損は無いです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment