RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil Kim「The Notorious K.I.M.」
lk-nkc.jpg


“Queen Of Bitch”の異名をとるLil' Kimの通算二作目『The Notorious K.I.M.』を御紹介。今でこそ多くの女性MCが活躍していますが、僕の中で最もカッコイイと感じるのはこのLil' Kimで御座います。歯切れの良い(思い切りのいい)そのラップスタイルは男顔負け、凄まじい迫力で聴いていて圧倒されます。本作は亡きThe Notorious B.I.G.(Lil' KimはBiggieの愛人でした)に捧げたLil' Kim復活の一枚、気合十分で御座います。
それでは気になる本作の内容を御紹介……まずはLil' Kimが法廷に立って無実を証言する「Lil' Drummer Boy」で荘厳な幕開け、製作は旧知の仲であるSean "Puffy" CombsとMario "Yellowman" Winansが担当。ゲストにRedmanとCee-Loを迎えていますが、ここでのCee-Loはあまりに目立ってなくてちょっと残念。続いては大胆にも女性のエロい喘ぎ声をリフレインさせるLil' Kimならではの「Custom Made(Give It to You)」、製作はFuryなる人物でサンプリングにLil Louis「French Kiss」を使用。Richard "Younglord" FriersonとJerome "Knowbody" Fosterの共同制作曲「Who's Number One?」は完全にHip Hopなトラックで安心、こういう正当派なトラックも格好良く乗りこなせるからLil' Kimが好きです。愛するThe Notorious B.I.G.の「Me & My B***h」から声を拝借した「Suck My D**k」はRated RとMasによる共同制作、オリエンタルな味付けのトラックにこのタイトル、反則スレスレ(というよりギリギリアウト)な感じがまさにLil' Kim節かと。続いてはあのSade「The Sweetest Taboo」をサンプリングしたMario "Yellowman" Winans製作の「Single Black Female」、静寂の中にも緊迫感のあるトラックはなかなか乙で、個人的には大好きなMario Winansの撫で声ボーカルも入って好きです。Sean "Puffy" CombsとMario "Yellowman" Winans製作の「Revolution」ではGrace JonesとLil' Ceaseをゲスト起用、鐘の音っぽい音が鳴り響くシリアストラック。そして僕が一発で仕留められたのがシングル曲「How Many Licks?」、Mario "Yellowman" Winans製作の電子トラックにSisqoが援護射撃(失神寸前)。近未来っぽくて先鋭的なクールサウンドに乗っかるLil' Kimのラップも尖ってて超カッコイイし、Sisqoの相変わらずジリジリ熱い歌声もバッチリ嵌ってます。詞の内容もなんとも卑猥で絶対に意味理解したら恥ずかしくて聴けない、でもまLil' Kimだから許す。「Notorious Kim」はRockwilder製作曲、これまたトリップしそうな電子音構成でクールにカッコいい、途中フックで使われるBiggie声も痺れる格好良さ。A Touch Of Jazz一派のDarren "Limitless" Henson製作のちょっぴりカリブっぽいノリの「No Matter What They Say」はとりあえず踊る、Eric B. & Rakim「I Know Got Soul」を下敷き使用しているらしいです。Nashiem Myrick製作のPuff Daddy参加のBad Boy曲「Queen Bitch, Pt.2」もなかなか、弦の音が怪しく流れる(Biggieのラップも挟まる)異国情緒漂う一曲。「Don't Mess With Me」はなんとあのKanye West製作曲(Co製作はDeric "D-Dot" Angelettiega担当)、Pat Benatar「Heartbreaker」を早回しした声ネタ使いなんかはKanye West趣味ながらも、トラックはやはりちょっぴりD-Dot趣味も入っているかなと。「Do What You Like」では故Biggieが率いたMC集団のJunior M.A.F.I.A.が参加、Shaft製作の鋼鉄トラックにギラギラなラップをぶつけます。続いてもShaft製作でエレクトロポップ炸裂なトラックにLil' Kimがブリッコラップを乗せる「Right Now」、Carl Thomasがゲスト参加しているんですが活かせてない、このトラックはちょっと失敗かなって気が。その失敗をすぐに払拭するMario "Yellowman" Winans製作の「Aunt Dot」は曇った音に哀愁旋律が重なる秀曲、ここではLil' Shaniceなる子供MCを起用。そして本作で最も素晴らしい一曲が亡きBiggieへの想いを綴った感傷曲「Hold On」、先程までとは打って変わって崩れそうな自分を必死に奮い立たせる切ないバラード。ここではLil' Kimと親交の深いMary J. Bligeがゲスト参加、優しく力強い歌声で“我慢して、こらえて、信じなさい、そうすればきっと良くなる”と励ますMJBに思わず涙。

エロもここまで吹っ切ると逆にカッコイイです、そんな楽曲の後に「Hold On」みたいな楽曲を入れられて、完全まんまとLil' Kimの戦略通りに攻略されました(完敗)。とにかくSisqo参加の「How Many Licks?」とMary J. Blige参加の「Hold On」狙いで購入しても損はしません、是非聴いて頂きたいです。 
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment