RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nivea「Complicated」
nva-cmc.jpg


Niveaの通算二作目となる『Complicated』を御紹介。いま現在となって本作を語る上で欠かせないのが製作陣、当時Niveaが結婚していた旦那様が今を時めくあのTerius "The Dream" Nashなのはもう皆様御存知ですよね(遅)。そのTerius "The Dream" Nashが大幅関与しているのも大きなトピック、まさか彼がここまでの大物になろうとは誰も予想しなかったですよねぇ(苦笑)。
それでは内容に早速と触れますと……まずは雷鳴轟く雨音トラックで幕開けの「Complicated」からTerius "The Dream" Nash(以降The-Dream)製作曲、確かにNiveaって個性は無いけれど歌はきちんと上手いのでこういうしっとりバラードもしっくりくる(拍手)。“愛って必ずしも、複雑って訳ではないのね♪”と歌うその詞も美しい、どこまでも繊細に広がるNiveaの歌声に癒されます。続くシングル曲「Okay」はお祭り男Lil Jonが製作を担当、Lil Jonと一緒にYoungBloodzも参加しています。かなりライトなCrunkトラックでキュートなNiveaに合わせた可愛さ、もうちょっとガッツリ攻めても良かったんじゃないかなと思うほど物足らない(惜)。「Parking Lot」聴いてすぐソレと分かるJermaine Dupri製作曲(Bryan-Michael Coxが製作関与、ソングライティングにはJohnta Austin)、いかにもJermaine Dupriな雰囲気の刹那系メロディなんですがやはり好き、この曲ならJermaine Dupriのねっちょり鼻声ラップが乗っかっても良かったなぁ(残念)。「I Can't Mess With You」はThe Platinum Brothersが大ネタThe Stylistics「You Are Everything」をべったり使用、想像通りの切なさ込み上げるキラキラトラックは反則技ながら好きですし、客演参加のThe-Dream(この頃は表記が“TheDREAM”)のキャラの無いラップも初々しい。パッと聴いて絶対にThe-Dream製作だと感じた「Breathe(Let It Go)」はDeputyなる人物の製作、しかしソングライティングしたThe-Dreamのあのリフレイン技を垣間見れる一曲。バキバキと尖った音でカッコよく攻める「Quickie」はThe Platinum Brothers製作、女性MCのRasheedaによる援護射撃もキマッてて最高にクール。爪弾くギターにビヨンビヨンと電子音がうねる「Indian Dance」はThe-Dream製作曲、ここではNiveaのボーカルの弱さにガッカリ、もっと妖艶に歌えたら魅力アップなのに~。ほんのちょっぴりボコーダー使いっぽい声も聴こえる「No More」はThe Platinum Brothers製作、フックでの“のも~のも~のも~のも~♪”の繰り返し技は完全にThe-Dream開発ですね。R.Kellyが十八番のカルメン調のギターで舞い踊る「Gangsta Girl」ではR.Kellyも歌声を貸与、なんですが面白みには欠けるかなぁと、R.Kellyっぽく声を裏返しながら歌うNiveaはなかなか見ものですが。The-Dreamが製作担当した「Okay Remix(Red-Cup Version)」は完全に原曲の型を崩して、しかも数十倍と魅力をアップさせる事に成功していてグッド。ここでもまたThe-Dreamの初々しい歌声(ラップ)が添えてあって、その片鱗を見る事が出来ます。The Plutinum Brothers製作の「So Far」もしっとりキラリと美しく僕好み、“あなたは近くにいるようで、遠くにいる”と切々と歌う詞の内容もグッと来る。最後を飾る「It's All Good」は今聞けば完全にThe-Dream節満開のエレクトロポップで痺れる、Niveaの可愛くて繊細な歌声にもキッチリと嵌ってて聴き易いです。国内盤の最後にはボーナストラックとしてP.I.M.P.製作の「My Fault(Ghetto Apology)」を収録、これはThe Isley Brothers「For The Love Of You」を下敷きにしためちゃキュートな電子曲でかなり素敵、しかもRonald Isleyの声をモロそのまま使ってますからね。

これでこの二人が別れていなかったら万々歳なんですけどね、別れている時点でちょっと悲しくなりますよねぇ。The-Dreamの作る楽曲はどれもカラフルでなかなかの仕上がりで、結構良い線いっていると思います(流石)。がしかしNiveaの歌声がやはりキャラ立ってないんですよね~、すっごい歌も上手いし声も可愛くて好きなんだけどなぁ。爆発的な一曲に出会わないとこれから大変そう、是非とも頑張ってほしい女性シンガーの一人です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment