RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Craig David「Slicker Than Your Average」
cdstyac.jpg


英国が生んだ本格派R&BシンガーCraig Davidの通算二作目となる『Slicker Than Your Average』を御紹介。いや、別に他にも英国出身のR&Bシンガーは居ますし、皆がきちんとした実力を持っているんです。が僕的にはUKソウルってのはどうもあっさり風味でポップ風味が強いイメージなんですが、このCraig DavidはかなりUSソウルに近い感覚を持っている気がしたんです。だからUKソウルで初めて購入したのがこの一枚、ですから結構思い入れも深かったり。
それでは内容にふんわりと触れますと……まずはアルバムタイトルにもなっている生音感たっぷりのトラックにCraig Davidのファルセットが乗っかる「Slicker Than Your Average」で幕開け、製作はMarshallとTrellの二人が担当。途中で挟まるTrellのラップもなかなかで超ノリノリ、滑り出し最高です。続いては本作からのシングル曲で「What's Your Flava?」で製作はMarshallとTrellの二人、この曲に僕はヤラレました(卒倒)。カラフルでエレクトロなダンストラックがなんともクールで奇抜で脳天直撃、宇宙人みたくエフェクトがかったフックも癖になる刺激トラック。続いてもMarshallとTrellが製作を担当したスポーツカー激走曲「Fast Cars」、これも歪んだ音がギュイギュイと異次元へと連れてゆくハイセンスなトラック、これを器用に乗り回すCraig Davidの歌唱力にも驚きです。しかし続く「Hidden Agenda」ではそんなノリは忘れて南国天国へとひらりと飛んでく爽快ナンバーで攻撃(不意)、製作はMark Hill、しかし詞の内容は女性に浮気する彼を警告するという内容で驚き。Craig Davidの早口歌唱が飛び出す「Eenie Meenie」は再びMarshallとTrellの共同製作、僕でも知っている“イニミニマニモ♪”なる呪文が飛び出します。切ないピアノ旋律が胸を締めつけるMark Hill製作(Soulshock & Bikerも製作に関与)のしっとり極上バラード「You Don't Miss Your Water('Til The Well Runs Dry)」なんか最高の仕上がり(感涙)、“井戸の水が枯れるまで、水の大切さはわからない”と切々の歌い上げるCraig Davidの深みのある歌声にただただ溺れるばかり(感動)。「Rise & Fall」はSoulshock & Karlinの名タッグが製作を担当、ここではあのStingの名曲「Shape Of My Heart」を綺麗にサンプリング。原曲の哀愁漂う雰囲気はそのままになんとStingとのデュエットを実現(驚)、スターの抱える苦悩を謳った詞もなぜか共感してしまう説得力。ちょっぴりアジアンテイストな弦の音でオリエンタルな気分にさせられる「Personal」はMarshallとTrellの共同製作、こういうスローも僕ら日本人は耳馴染みがあって聴き易い。Mark Hill製作の電子音が疾走するリズミカルな「Hands Up In The Air」も素晴らしいR&B曲だし、Soulshock & Karlin製作(ソングライティングにJimmy Cozierが参加)のあまりにキャッチーで踊ってしまう2ステップ曲「2 Steps Back」もズルイぐらいに僕の感性のど真ん中。これまたUSソウルっぽいスパニッシュギターを敷き詰めたハンドクラップ曲「Spanish」もナイス、製作はMarshalなる人物。続いてもギターの爪弾きが最高に切ないMark Hill製作の「What's Changed」も素晴らしい、フックを歌う女性シンガーKatie Holmesの歌声も清涼感抜群で大好きですよ。個人的にはThe Beatlesっぽい空気を感じるフォーキーなCraig DavidとFraser T Smith.共同製作の「World Filled With Love」もどこまでも澄んでいて心地良い、こういうあっさりポップな味付け曲もイケます。最後もCraig DavidとFraser T Smith.共同製作で美しいバラード「Four Times A Lady」で幕切れ、しっとりとキラキラ輝くバラードで完全に僕好み、涙腺直撃の刹那曲ですっごい恋しい気分になってしまいます(感情)。

素晴らしい一枚ですね、傑作といって良いでしょう(絶賛)。Craig Davidのおかげで“UKソウルもそう悪くないな”と思えました、というよりCraig Davidは限りなくUSソウルに近い感覚で作品を作り上げています、その歌唱力も抜群で表現力も豊か、これでダンスも踊れたら最強だったでしょう(恐)。とにかくどの曲もハズレ無しのどっぷり浸れる一枚、やっぱりR&Bって素晴らしいですね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment