RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Donell Jones「Journey Of A Gemini」
Donell-jogcovs.jpg


Donell Jonesの通算四作目となる『Journey Of A Gemini』を御紹介。シンガーとしてだけではなく、その楽曲製作の能力もかなり高いDonell Jones。そんな彼だけにその作品は絶対に外さないだろうし、なによりDonell Jonesの歌声そのもののファンでもある僕は本作を楽しみにしていました。がしかし、その時はお金が無くて輸入盤を購入したんですよ(涙)、今思えばやはり国内盤を購入すべきでしたよ(後悔)。
そんな後悔をしてしまうほどの充実した内容となった本作……R&B好きな方はこれを購入しないのは絶対に損ですよ(断言)。まずはDonell Jones自身が自慢を腕を振るった「Special Girl」がお目見え、ゆったりとsたスムージーなトラックにDonell Jonesの色気たっぷりな歌声が響きます。「Better Start Talking」では打って変わってHip Hop味なちょっとアップなトラックを起用、Jermaine Dupriがゲスト参加しているんで彼の制作かと思いきやRyan Leslieが製作を担当しています。Ryan Leslie御得意のちょっとカラフルな音使いのメロウトラックに、Jermaine Dupriのあの鼻声へなへなラップが絶妙にマッチしたイマドキ曲。「I'm Gonna Be」はもう美メロの代名詞といっても過言ではないTim & Bobの名タッグが製作を担当。最近はTim & Bobのトラックもそれと分かる様になってきました(遅)、あのバックで流れるパーカッションみたいな音使いが好きですね彼らは。Donell Jonesが製作した「My Apology」はギターの音も絶妙な哀愁漂う一曲、この曲のしんみりキラキラって感じがまたたまらないんですよねぇ(痺)。「Spend The Night」はこれまたベテランのMike Cityが製作を担当したミッドチューン、ハンドクラップを散りばめたフックがエッジ効いている一曲。タイトル通り僕の涙腺を緩ませる雰囲気ながらもどこか力強さを感じる「Cry」はDonell Jones製作曲、このタイトルとトラックの対比はなんなんだろう、こういう時は本当に歌詞が気になる(後悔)。「Ooh Na Na」はちょっぴりボコーダー使いな感じといいどこかシンセで多重チックな一曲、これがあのThe Underdogs製作とは俄かに信じ難い(驚)。再びTim & Bobが製作を担当した「Feelin' You」は彼らにしては珍しくサンプリング物、Dadelus「Experience」を下敷きにしたオルガン風味とハンドクラップを混ぜた一曲。「Lust Or Love」はまたまた嬉しい事にMike Cityによる製作曲、StarGate顔負けの超爽やかミント曲でベテランの実力発揮、こういう爽快メロディがまたDonell Jonesの甘く高めの歌声に完璧に調和していて凄まじい(最高)。サンプリングに使用されているのはMinnie Riperton「Inside My Love」、素敵です。「If You Want」はRyan Leslieが御得意の跳ねるポップな電子音は散りばめたキュート過ぎる一曲、しかもここでラップで援護射撃を放つのはあのUGKのBun Bだから驚き、こういうメロウトラックでも充分に存在感のある仕事っぷり(一流)。奏でられるギターが僕の感情を揺さぶる「Cuttin' Me Off」はThe Underdogsの間違いない製作曲(鉄壁)、相変わらずの刹那系に心臓は完全に撃ち抜かれました、本当に切なくギュッと胸を締めつけられる一曲(最高)。少し暗めの後引く音をシンプルにループさせた「Another Life」はDonell Jones製作曲、Donell Jonesの歌声が凛と響きます。「I'm Gonna Be」はRemixとまではいかない先述同名曲の別バージョン、最近めっきり実力派の称号を勝ち取ったClipseが新たにゲスト参加しています。

完敗です、Donell Jonesの歌声に骨抜きにされました(卒倒)。いつもに比べると自身での製作曲が少なめ、その代わりにいずれも実力ある製作陣を迎えた事でかなり幅の広い一枚に仕上がりました。それでもきちんとDonell Jonesなんだから流石、そこはベテランらしい仕事っぷりです。最近のBobby Valentino作品とか好きな方は絶対に好きになる一枚、音質も声質も良い感じに似てるから(でも魅力は別物です)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment