RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Waiting To Exhale : Original Soundtrack Album」
wtex-covs.jpg


あのWhitney Houstonが主演した映画のサウンドトラック『Waiting To Exhale : Original Soundtrack Album』を御紹介。まずこのサントラの魅力といえばやはり、全ての楽曲をBabyfaceが書いて手掛けているという一枚。意外とサントラって侮れないんですよね、サントラでしか実現し得ない共演なんかもありますからね。本作も全てをBabyface制作ってだけでも涎ダラダラなのに、そのうえメチャ豪華な女性アーティスト陣が参加しているから驚き。
それでは豪華な共演をさらりと紹介すると……まずはそのWhitney Houstonが歌うきらきらと美しく優しい「Exhale(Shoop, Shoop)」で幕開け、Babyface自身もMTV Unpluggedの中で演っていたぐらいだから、とってもお気に入りなんでしょうねぇ。続いてもWhitney Houstonが心を込めて歌う「Why Does It Hurt So Bad」(バックボーカルにはBabyfaceにKevon EdmondsにMarc Nelsonが参加)、時に優しく時に力強いWhitney Houstonの歌声に痺れ癒されます。爪弾くギターもBabyface節の柔らかさの「Let It Flow」はToni Braxtonが登場、あの低いテナー声がたまらないです。「It Hurts Like Hell」では女王Aretha Franklinが貫禄ある歌声でソウルの息吹、今なお彼女が“ソウルの女王”として君臨し愛される意味が分かりますね(感動)。とここまでの天使舞う神光臨なトラックから一変、シンセがクールにエッジを利かせている「Sittin' up in My Room」はBrandyが登場、まだこの頃のBrandyは歌声が可愛いです。そしてそのクールさをそのまま継続させるTLCの「This Is How It Works」、僕はT-Bozのこのひんやり冷たい歌声が大好きなんです、彼女のソロが出たら絶対に購入します。今となってはもう聴けない、亡きLisa "Left Eye" Lopesのラップが聴けるのもとっても嬉しいですね(冥福)。「Not Gon' Cry」ではMary J. Bligeが登場、彼女に関してはもう言うまでもなく素晴らしいですね、最近はBabyfaceと絡んだりしてないから是非一緒に一曲作って欲しい。もうどうしても泣きそうになった時、MJBのこの曲を聴いて空を見上げたいですねぇ。「My Funny Valentine」ではChaka Khanが登場、Aretha FranklinといいChaka Khanといい、こういった大御所を呼べるBabyfaceが本当に凄い。それだけBabyfaceの作る曲には、古き良きソウルマナーが宿っているという事なんでしょうねぇ(そしてこの二人がいまだに現役なのも素晴らしい)。柔らかながらもどこか爽快な風が吹き抜ける「And I Gave My Love To You」はSonja Marieなる女性MCが登場(PianoはPatrice Rushenが担当)、朝のような新鮮さをまとう楽曲に囁くような彼女のラップ(語り)がピッタリ合う。「All Night Long」ではSWVが登場、Cockoも今はソロで活躍しているから息が長いですよねぇ。「Wey U」では色気たっぷりのChante Mooreが登場、容姿も色っぽいけれどその歌声も滑らかで艶やか、こういう女性シンガーも今はいないんじゃないでしょうか(逸材)。「My Love, Sweet Love」ではPatti Labelleがゴスペルよろしく熱唱、彼女も超が付くベテランですもんね。「Kissing You」はFaith Evansが登場、僕はFaith Evansも好きなんでこれは嬉しい、見た目によらず意外と正統派な所がツボなんですよねぇ(失礼)。「Love Will Be Waiting At Home」はFor Realによる一曲、僕は彼女達を知らないんですがやはり歌が上手いんです(当然)。続いても勉強不足の僕は知らないShannaなる女性が歌う「How Could You Call Her Baby」、最後はWhitney HoustonとCe Ce Winansという豪華組み合わせな「Count On Me」で幕を閉じます。またこの曲が涙せずに聴けない美し過ぎて眩しい一曲(後光)、ふんわり包まれてそのまま天まで昇ってしまう事必至の極上バラードで御座います。

なんて豪華な顔ぶれなんでしょうか、夜にぶっ通しで流して下さい、即眠れます(笑)。Babyfaceのいい意味で一本調子な美メロが堪能できるから嬉しい、しかも歌い手は皆が超一流ですからね。Babyface好きにもとってもお薦めですし、女性R&B好きにもとってもお薦め、とにかくR&B好きなら絶対に損はしない一枚になっています。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment