RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Macy Gray「The Trouble With Being Myself」
macy-troublecovs.jpg


Macy Grayのこの通算三作目となる『The Trouble With Being Myself』を御紹介。そのドギツイ顔のせいか、なかなか手を出さなかったのがこのMacy Gray。曲はヒットしていたから歌声なんかも知っていたし、どっちかというとロックテイストなのも知っていました。そんな中でちょっ勇気を出して購入した感のある通算3枚目となる本作、つい最近発表された新作『Big』がすこぶる良かったので、その後に何度か聴き直した一枚でもあります。
さてさて気になる内容はと言いますと……これがなかなかロキッシュでファンキーでMacy Grayの印象そのままな力強い一枚となっています。まずはここ日本でもヒットした「When I See You」はなんとあのDallas Austinによる製作、かなり陽気で痛快なポップロックな一曲でDallas Austin製作とはすぐに分からないMacy Gray仕様の一曲。そう、今思い返せばこのDallas Austinの参加を知ってこの一枚を購入したんでしたよ。続く「It Ain't The Money」こそDallas Austin製作かと思いきやそうではなく、D.J. Kiiluなる人物による製作曲。ファンキー過ぎるトラックに合わせて、これまた通なMCのPharoahe Monchが渋~いラップで援護射撃、あとギターとバックボーカルであのBeckが参加しているってのも熱いですよね。かなりオールディーな雰囲気を醸しだすソウルフルな「She Ain't Right For You」はDallas Austinによる製作、これがまたMacy Grayのしゃがれた歌声にあまりにマッチし過ぎで痺れあがります。叩くドラムスにオルガンの音がブルージーな「Things That made me Change」は、ゆったりとした生音感たっぷりの情緒ある一曲。これはあのAndre HarrisとVidal Davisが製作を担当しているんだから驚き、流石のコンビネーションで創り上げております。「Come Together」もDallas Austinが製作のオールディー調の生音トラック、こんなにDallas Austinが手掛けてて嬉しいなぁ……ってよく見たらExective ProducerがDallas Austinになってるし(笑)。てな訳でその後に控えるDallas Austin製作曲、それだけを紹介しておくと。Macy Grayの焼けた声がジワジワと気持ちを高ぶらせる「Jesus For A Day」、一曲だけ趣味が違うこれは……何調っていうんだろう、日本で昭和チックな(笑)「My Fondest Childhood Memories」(ポルカっぽいのかな)、弾き叩く様な音が痛快な疾走系の「Every Now And Then」など、比較的こないだの『Big』に通じる様なノスタルジックな音が多いです(素敵)。とDallas Austinが手掛けまくりです、Macy Grayの特徴を恐ろしいぐらいにDallas Austinが把握しているからこそ出来る楽曲群。あとはDarryl Swanが製作を担当した「She Don't Write Songs」「Happiness」も良い仕上がりで御座います。これらに加えて国内盤には日本のCMで使用されていた「We Will Rock You」(Queenの同名曲が下敷き)を収録、やっぱ原曲の印象がめちゃ強いですよねぇ。

そんなこんなで今聴き返すとなかなか聴き易い一枚ですね、R&B寄りの僕としてはもうちょっとTLCみたいなDallas Austin作品も挑戦してほしかったですけどねぇ(高望)。でもMacy Grayはこういうファンキーな感じが売りなんだからいいのか、しっかしDallas Austinは復活できないのかなぁ~~~(熱望)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment