RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
50位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Styles P「Master Of Ceremonies」
Master Of Ceremonies

Jadakiss、Sheek Louchと共にThe Loxとして長きに渡り活動するベテラン、Styles Pの通算四作目となる『Master Of Ceremonies』を御紹介。物凄く目立つといった印象ではありませんが、長年に渡り活躍しコンスタントに高水準の作品をドロップし続けている、鉄人という名称が相応しいStyles P。またStyles Pはその客演量も半端でなく多く、そういった側面からも業界での信頼が厚いMCだと言えますね。そんな玄人であるStyles Pが本作で掲げた題名が『Master Of Ceremonies』、並々ならぬ自信を感じますね(納得)。
それではさらっと内容を触れておきますと・・・・・・まずはあのWarren Gが制作というだけで驚きな「How I Fly」で幕開け、客演にはNelly周辺で活躍していたAvery Stormが参加。ブイブイと微振動を起こしながらヒリヒリとした電撃を走らせる、シリアス寸前の冷たいシンセチューン。そこにStyles Pの冷淡にして冷笑的な落ち着いたフロウと、Avery Stormのしんなりと柔らかい電光色のヴォーカルが妖しく光ります。Supa Stylezが制作を担当した「We Don't Play」ではLloyd Banksが客演参加、甲高く神経に触りそうな電子音のつんざめきに、野太く単調にキックする打ビートが殺伐とした格好良さを膨らませます。Styles Pの静かに研ぎ澄ました様なラップもさることながら、やはりLloyd Banksの押し潰した様な焦げ臭くしゃがれたラップが素晴らしいアクセントになっている、相性抜群の一曲。同じくSupa Stylezが制作した「I'm A Gee」では、元Roc-A-Fella所属の男性シンガーRellが参加。ソウルフルで燻し銀なドス黒いトラックは正に90年代の東海岸を彷彿とさせる艶やかさ、こういう塩気だけのシンプルなトラックこそStyles Pのハードボイルドなラップが惹き立って素敵ですね、あまり前面には出ませんがRellのトローンとスウィートなヴォーカルもやはり素敵なままですね(安心)。「Ryde On Da Regular」はここ最近の露出が増えているAraabmuzicが制作、凍てつく程に冷たく尖ったピアノ鍵盤のシリアスな響きループが突き刺さる零度チューン。女性シンガーのAjaを客演に迎えた「Keep The Faith」、制作はJ. Music Houseが担当しています。これもそろそろと寄せては返すストリングスっぽいメロディと、壊れそうな程に脆く細い鍵盤音が旋律を生み出す流麗な氷結チューン。そんな冷たいトラックをも凍えさせるStyles Pの吹雪ラップで、鼓膜が霜焼けを起こしますね(中毒)。それを緩和するのが滑らかで艶っぽいAjaの歌声、そのソウルフルな歌い回しで雪解けの美しさを演出しています。本作の隠れた注目曲はPharoahe Monchを援護射撃に迎えた「Children」、制作をあの生ける伝説といえるPete Rockが担当しているのですから(興奮)。重たく荘厳なオーケストラ調の生音使いループはやはりPete Rockの成せる業、そのトラック上をこれまた暗殺者の如き手練二人が疾走するなんとも贅沢な一曲です。Ransun "Black Saun" Hinsonが制作した「Street Shit」では、盟友であるSheek Louchが客演参加。継ぎ接ぎにして途切れ途切れのぶっ壊れた鍵盤音のループの中を掻い潜り、鋭利な刃物のように切り裂くStyles Pのラップと、重たい鈍器の様なラップで叩き潰すSheek Louchの二人の息ピッタリさに失禁寸前ですね(痺)。現在のシーンで要注目のStatik Selektahが制作を担当した「Feelings Gone」も激渋くて思わず涎が垂れるドープな一曲、途中で擦られる声ネタといいベースを主軸にした重奏なループといい、あまりのドス黒さに痙攣しそうなぐらい。本作からのシングル曲となったのがDarius "Phonix" Barnesが制作の「Harsh」、客演にRick RossとBusta Rhymesという超重量級のMCを揃えた装甲戦闘車並みの一曲。キリキリと締め上げる様に響き渡る高音金属音のループ、その上で破壊を続ける三人の中でもやはり派手なのがBusta Rhymesで、フックまでBusta Rhymesが担当している為にまるで彼の曲みたい(喰)。引き続きDarius "Phonix" Barnesが制作の「It's OK」では、ようやくもう一人の盟友であるJadakissが登場。ブビブビと五月蝿く鳴る毒ガスシンセの酩酊ループと、その間に敷き詰められたバフバフと空気を含んだ打ビートのトラックだけでもかなり中毒性が高く神経が麻痺します。その中で曲者である両者が鍔迫り合いよろしくラップを交錯させるのだから、面白くならない筈がありません(興奮)。Pharrellが客演参加した「Don't Turn Away」は、以外にも(いや、ここ最近は多いが)The NeptunesでなくReefaが制作を担当。ハンドクラップを散りばめた宇宙空間みたいに冷たく広大で蒼い奥行きを思わせるドラマチックなメロディに、Pharrellの歪んで細くいなたいファンキーなヴォーカルが華を添える面白い一曲でグッド。最後を飾るのは再びSheek Louchが手を貸した「Uh-Ohh」、Ty Fyffe制作の銃撃戦みたいに全てを撃ち抜き抹消する様な殺伐としたトラックがあまりにカッコイイ一曲。これだけ冷徹でデンジャラスなトラックをクールなアートへと昇華出来るのは、ごく限られたMCのみ(勿論The Loxの面々はその限られたMCに含まれる)。

派手さは皆無、新しい試みも皆無、歌ってみたりヴォーカルエフェクトなんかも皆無。悪い言い方をすれば時代遅れかもしれないし、使い古されたトラックかもしれません。しかしそんな愚鈍な考えが思いつかないぐらいにカッコイイ、とにかくクールで尖っていてカッコ良いのがStyles Pですね(賛辞)。最近のHip Hopも勿論好きだけど、聴いていて落ち着いて、単純に痺れて倒れられるのはこういう燻し銀なドス黒い骨太Hip Hop。そんな僕の欲求を見事に満たしてくれた王道な一枚、やはりベテランの貫禄といったところ(頷)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment