RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Erykah Badu「Worldwide Underground」
ErykahBaduWorldCDs.jpg


Erykah Baduの通算三作目となる『Worldwide Underground』を御紹介。Erykah Badu、彼女の音楽はそんな好んで聴くタイプのものではけしてないんですが(僕がまだ幼稚な為、その魅力をすべて理解できない)、それでもやはり彼女のアルバムをたま~に部屋で掛けてゆったりしたい時があります。そんなErykah Baduの通算3作目となるのが本作で御座います。
それでは早速内容について軽~く触れてゆきましょう……本当に説明(感想)が難しいので簡単にしますね(失格)。まずは催眠術にかけられる様な感覚に陥る「Bump It」はErykah Baduの真骨頂、製作を担当しているのはFreakquencyなる製作チームで御座います。このFreakquencyなるチームはErykah Baduを筆頭に、玄人James Poyser、Rashad "Ringo" Smith、R.C. Williamsなる人物達で構成されている様でして、本作では全曲をこのチームで製作しています。続いては「Back in the Day(Puff)」はErykah Baduが珍しく(?)声を張り上げる、これまたどこまでも昇天させられる極上グルーヴで素敵。続く「I Want You」はどこまでも不思議、単純な音の連続の中でErykah Baduが“あいうぉんちゅー♪”をひたすら連呼している、まるで呪文の様な一曲で僕的には結構理解しがたい(しかも尺が10分以上と長い)。まぁそれでも途中から曲として(歌として)目鼻立ちが出来るんで、そこからは自然に鼓膜が心地良いと感じているんだから不思議。「Woo」はかなりスクラッチの効いたHip Hopライクなエッジ曲、とにかくErykah Baduが聴衆を煽るのみの一曲。Project(低所得者用住宅)で生きていく事の厳しさを力強く歌い上げる「The Grind」はFreakquencyとDead Prezによる共同制作曲。ここではErykah Baduは後ろに引っ込み、Stic ManとMlなる人物のラップがメイン。「Danger」は僕の本作一番のお気に入り曲かな、ホーンが鳴り響く迫力たっぷりのトラックにErykah Baduの男顔負けな度胸据わりまくりな歌(歌詞)がばっちりキマッている一曲。「Think Twice」の美しさと儚さもかなり僕のツボでしたねぇ、“愛について(愛する相手について)もう一度考え直しなさい”と迫るErykah Badu、思わず考えてしまうけど、やっぱり音楽が気持ち良い事が優先。「Love of My Life Worldwide」ではQueen LatifaにAngie StoneにBahamadiaとかなり豪華で通なゲスト陣が参加、この曲はもう普通にカッコイイ。これだけの面子で鳥肌立たない訳がない、皆の相性は抜群そのものです。あとこの後に国内盤ではボーナストラックが収録されていまして、それが「Love Of My Life(An Ode To Hip Hop)」「Hollywood」の二曲。前者「Love Of My Life(An Ode To Hip Hop)」ではErykah Baduの元恋人であるCommonがラップで参加、大ネタな味付けのトラックにCommonの渋過ぎるラップ、この二人の音楽面での相性は本……ッ当に抜群なんですけどねぇ(惜)。後者「Hollywood」もこれまたErykah Baduの高音領域がかなり活きている爽快曲、どこまでも昇天させてくれて素晴らしいですよ。

いやはや相変わらずErykah Baduには置いてきぼりを喰らわされます、僕もまだまだ子供だという事でしょうねぇ(青)。それでもなんとなくで心地良いと感じたのは本作も同様、一枚通して夜中聴いてたらかなり熟睡できるのは確かです(笑)。もう一度Commonと一緒に曲を作ってくれないかなぁ、良い曲がきっと出来るだろうに。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment