RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Common「Electric Circus」
CommonElectricCircus-covs.jpg


Commonの通算五作目となる『Electric Circus』を御紹介。その地味~でひたむきなスタイルが多くのHip Hopファンに愛されている超ベテランのCommon様、最近はKanye Westとのタッグでまた若い世代のファン(つまり僕)も多く作ったから凄い。そんなCommonの衝撃作がコレ、その奇抜なジャケットも賛否両論だったのではないでしょうか。
そんな奇抜な外見と同様に……内容の方も今までのCommon作品とは違うかなりぶっ飛んだ楽曲が目白押しとなっていおりまして。「Soul Power」が盟友であり名ProducerであるJ Dillaが製作を担当した一曲、まぁいつものCommon作品に近い様でありながら、でもやっぱり一捻りある楽曲。しかしこの一曲はかなり格好良い、これは往年のCommonファンでも確実に興奮するであろう一曲。「Aquarius」はThe Rootsの頭脳であるAhmir "?uestlove" Thompson×James Poyserが製作を担当した“ぽわわん♪”な感じと彼のドラムスがまた素晴らしく映えた一曲。ここではあのBilalがゲスト参加しているんですが、そのBilalが思いの外活きていないのが残念、もっとBilalの歌声を前面に出して欲しかったかな。「Electric Wire Hustler Flower」はもう完全にいつものCommonでは絶対にやらないであろう一曲、感じ的にはMos Def辺りがやりそうなかなりロキッシュ風味を取り入れた一曲。ゲストにSunny(P.O.D.)が参加していますが彼が誰か分かりません、ぶち切れたCommonのラップもかなりイカシてます。OmarとDart Chilizがゲスト参加した「The Hustle」はKarriem Rigginsが製作を担当、これはかなりエレクトリックでシンセチックです(驚)。「Come Close」はなんと……あの……The Neptunesが製作を担当、このCommon×The Neptunesの組み合わせが世間をあっと驚かせたんです(当然)。がしか~し、そこはThe Neptunesもバッチリ分かってます、彼らというとどうしてもすぐに“ピコピコピュンピュン♪”な音を想像しますが、彼らの真髄はそのメロウ側面にあると僕は確信しています。そのメロウが十二分に堪能できるこの一曲、ゲスト参加の女王Mary J. Bligeの控えめな歌声がこれまたどこまでもエモーショナルで素敵過ぎます(惚)。「Star *69(Ps With Love)」は再びAhmir "?uestlove" Thompson×James Poyserに加えJames Poyserによる製作、Bilalゲスト参加の摩訶不思議な浮遊曲。ここでは先曲よりもBilalの歌声を聴く事が出来ます、しかもBilalの特性をかなり熟知した使い方で結構満足で御座います。しかもこの曲ではキーボードとギターをあのPrinceが担当しているんだから驚き。「I Got A Right Ta」はThe Neptunes製作でPharrell Williamsがゲスト参加した一曲。ブルージーさをキープしながらもロキッシュでシンセ音も入り混じったThe Neptunesらしい奇天烈トラック、Pharrellのハイトーンボイスもやっぱり良い味だしています(負)。「Between Me, You & Liberation」は静寂の中で?uestloveのドラムスがセンシティブに鳴る神秘的な一曲(勿論、製作はAhmir "?uestlove" Thompson×James Poyser)。ここではCee-Loがゲスト参加していて、それがまたこの曲に不思議な付加価値を生み出しています。「I Am Music」もAhmir "?uestlove" Thompson×James Poyserによる製作曲、思わず踊り出したくなる様なオシャレなダンス風味曲にゲストのJill Scottの雰囲気バッチリの囁き歌声が華を添えます(似合)。Ahmir "?uestlove" Thompson×James Poyser製作の「Jimi Was A Rock Star」では元恋人のErykah Baduがゲスト参加、タイトル通りJimi Hendrixについて歌った曲で、これは流石に奇を衒い過ぎたのではとちょっと感じました(個人的感想)。最後を締め括る「Heaven Somewhere」もAhmir "?uestlove" Thompson×James Poyserによる製作、OmarにBilalにCee-LoにJill ScottにMary J. BligeにErykah BaduにLonnie Lynnと多くのゲストが参加しているんですが、これがまたかなり不可思議な一曲でどろどろと溶けてしまう様な黒く濃~~~い一癖も二癖も一曲に仕上がっています。

これをサーカスと言わずしてなんと言うか、そんな意気込みがビシビシと感じられる意欲作となっています。Commonがこういう一枚を創る必要があったのかといえば確かに疑問は残りますが、それでもなかなか面白い一枚には仕上がっています。Erykah BaduをOutkastのAndre 3000に奪われ、そんなAndre 3000(Outkast)に対抗して彼らの様なちょっとサイケな一枚となった……てのがこの本作誕生の定説ですが、実際はどうなんでしょうか。Commonの次の最新作『Finding Forever』もかなり豪華な製作陣が構えています、かなり期待しちゃってます。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment