RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lil' Mo「P.S. I Love Me」
00_lil_mo_ps_i_love_me.png

N.Y.の人気MCであるFabolousと共に多くのヒット曲を連発したベテランシンガー、Lil' Moの通算四作目となる『P.S. I Love Me』を御紹介。FabolousとLil' Mo、いまだに僕の中では最強のカップル(ビジネス面で)だと思っているんですが、もう最近はめっきりコラボする機会も無くなりましたね(残念)。しかしFabolous抜きでも勿論Lil' Moは健在、あのハイトーンの中にもどこか癖のあるヴォーカルが素敵、病み付き度が高いのです。本作は“Bronx Bridge Entertainment”なる所から発売、どこからでもこうやってLil' Moの作品を聴けるのは素直に嬉しいです。
それでは簡単に御紹介しておきます・・・・・・まず本作を紐解くに当たって、全曲の制作を担当しているのはThe B-Boysなる制作チーム。Phillip J. BryantとDaniel "Iambryant" Bryantの二人で構成されている様ですが、僕は彼らの曲を聞くのはこれが初めてかも(記憶曖昧)。幕開けとなるのはLil' Moの溜息に近い艶やかな囁き声がたまらない「TMS(Tailor Made Suit)Intro」、この短さでも一気に聴き手の鼓膜を掴んで放さないその華美な歌声はやはりLil' Moの魔力ですね。そのまま流れ込む「Tailor Made Suit」はDiddy-Dirty Moneyの片割れであるDawn Richardが客演参加、電子鍵盤のギラギラと眩しいストロボチックなライティングメロディが絢爛で美しく、パワーのあるLil' Moの歌声を中和するDawn Richardのスッキリクリアなヴォーカルが良い化学反応を起こしています。途中の未来型ロボット変声といい、何度も繰り返し連呼するフックといい、中毒性の高い仕掛けがあちこちに。「This Love」は真っ暗でヒンヤリと冷たい、深夜の都会みたいな感触のシンセチューンがクール過ぎる(一撃)。スベスベと滑らかなメロディに絡むハードな打ビート、そして力強く唸りを上げるLil' Moのハイトーンヴォイスがナイスです。徐々に熱と輝きを帯びて舞い上がる微熱アッパー「Take Me Away」はMainoが客演参加、夜空に大きく眩い輝きを散らす花火みたいなLil' Moのヴォーカルがあまりに見事な美しさで圧巻、Mainoも相変わらずのサグっぽさ全面でナイス援護射撃です。Lil' Moの豪快な笑い声で始まる「Speak Up」、客演にはP.J. Mortonが参加しています。基本的なメロディの軸は純白系の清涼なものなのですが、Lil' Moの揺さぶる様な力強いソウルフルハイトーンが炸裂するので、その白さがかえって目に痛い程の閃光を放つ一曲。そこにP.J. Mortonのまろやかで鼻にかかった歌声が挟まるので、良い塩梅にソフトに仕上がっています。始まりからすぐに胸キュンしてしまう事間違い無しの「Love Song」、電子鍵盤のキンキンと軋んで鳴らす高音が神秘的な煌めきを生む純粋スロウ。なんだけれど途中でスクリューっぽい声も入ったりして、やはり一筋縄でいかない純白スロウになってて好き。そして本作の要注目曲は誰がなんと言おうとやはり「I Love Me」、この曲ではあのTweetが客演参加しているのですから(嬉)。女神の様に慈悲深く美しいLil' MoとTweetの歌声が見事に溶け合い、次第に天へと召されてしまう美バラードに心底ウットリしてしまいます(溺愛)。心が洗われるとは正にこの事、どちらの歌声も本当に好きなんだと痛感しました(涙)。爪弾くギター弦の音を歪ませて、蜃気楼の様に色味を変化させるシンセが綺麗な「Movie」も素敵、フックで少しヴォーカルエフェクトを掛けてフューチャリスティックなエッヂを効かせているのがたまらなくカッコイイ。ピアノ鍵盤の神々しく繊細で儚いメロディが美しいバラード「Higher」、それだけでは収まらずに途中でサイボーグチックな声を何個か放り込む事で、ちょっぴり不思議なテイストを味わえるし、タイトル通りに天空近い高みへと舞い上がるLil' Moの圧倒的な歌声が炸裂します(感動)。そんな天空を美しく優雅に駆け巡るLil' Moの歌声を堪能出来る、壮大なスケールで描くバラード「Rock With You」も、最後まで圧巻で息を呑む程のダイナミックさで凄まじいの一言に尽きます。歌唱法としてはRihannaに近い“えーえーえー♪”の繰り返しみたいなのを使うも、そのコクというか濃さは圧勝している「Perfect Man」もやはり大地をも揺さぶる、真っ直ぐで淀みの無いLil' Moの天空ヴォイスが聴き手の心を一気に軽くします(舞)。最後を締め括るのはあのFatman Scoopを客演に配した激昂ダンスアッパー「On The Floor」、これ程にガチガチに硬い厳ついアッパーをボーナス扱いで最後にしたのかが謎。盛り上げ上手のFatman Scoopで確かに間違いではないのですが、ここはきちんとラップを乗せれるMC(つまりFabolous)を連れてこられたら最高だった。でもビカビカと失神しそうなぐらい明滅する電子サウンドも、Lil' Moの挑発的なラップ&ヴォーカルも最高にキレていて好きですが。

充分に高水準な一枚になっている辺り、やはりLil' Moの持つヴォーカルの実力が成せる技ですね(貫禄)。そして全曲を手掛けたThe B-Boysもとても手堅い仕事っぷりで素晴らしく、けして一辺倒にならず面白いエッセンスも織り交ぜつつ、Lil' Moのキャラクターを崩させない良い仕事しています(注目)。メジャーかインディーかなんてのは関係ない、それを実感させられる一枚で流石ですね。僕は結構好きですよ、Lil' Mo知らない方でも安心して薦められますね。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment