RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
53位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Mayer Hawthorne「How Do You Do」
Mayer-Hawthorne-How-Do-You-Do-Artwork.jpeg

Michigan州出身でL.A.在住の白人ソウルシンガー、Mayer Hawthorneの通算二作目となる『How Do You Do』を御紹介。Justin Timberlake、Robin Thicke、そしてこのMayer Hawthorneを含めて、最近は“Blue Eyed Soul”というジャンルのアーティストが多く出現していますね(嬉)。Mayer Hawthorneは高校時代の友人と組んだAthletic Mic LeagueのDJを務めたり、FunktellingenceのJackson PerryらとNow Onというグループを結成しラップ兼ヴォーカルを務めるなどしていたのだとか。そんなグループ活動と同時進行で始めたソロプロジェクトがStones Throw主宰のPeanut Butter Wolfに認められ、ソロデビューが決定したそう。インディながらもハイクオリティな音楽を届けるStones Throwからのデビュー作『A Strange Arrangement』は通なリスナーから熱い支持を受け、本作は遂にメジャーレーベルであるUniversal Recordsからの配給となりました。
それでは簡単になりますが内容を御紹介・・・・・・まず本作の全曲を手掛けているのは、他でもないMayer Hawthorne自身が行っております(才能)。まずはストリングスの優雅で煌びやかなメロディに、Mayer Hawthorneの真白シュガーテイストなヴォーカルが悩ましく絡み付く「Get To Know You」で幕開け、真夜中二時の静けさと色っぽい夜空を思わせるしなやかでマッタリしたメロディ、Mayer Hawthorneの時代錯誤なスウィートな歌声が響き渡ります。骨太な硬質ドラムスと曇ったオルガン鍵盤の音色が渋めにスウィングする「A Long Time」でもMayer Hawthorneはスリリングなファルセットで横断、思わずボックス踏んで踊りたくなる様なテキーラソウルチューンにじわじわ胸が熱くなります。No I.D.辺りが制作しそうな重厚にして荘厳なストリングスの迫力あるメロディ展開が激クールな「Can't Stop」、これだけドス黒くてドラマチックなトラックも、あの悪魔じみた囁き声でしっとりと甘く美しく歌い上げるMayer Hawthorneは曲者。しかしそれよりも目立ってしまうのが例のユルユル声で終始と歌に徹したSnoop Dogg(驚)、人によって好き嫌いが別れるだろうけど僕は純粋に面白いと思いました、憎めない悪魔声でやはりそろそろと静かに歌い上げています。ピアノ鍵盤の跳ねてウキウキする様なメロディがキュートでカラフルなハートフルソウル「Dreaming」もOK、晴れた大きな街通りをウィンドウショッピングしたくなってしまうノリノリ胸が踊ってしまう一曲。ドラムスのハイな鳴りにMayer Hawthorneのドゥーワップな重ねヴォーカルが心地良い「The Walk」、アコースティックピアノの温もり溢れるメロディに心がポカポカになってしまう「Finally Falling」とやはり懐かしのレトロソウルを連発。ホーンのべったりしたポップな配色の音使いに心躍るキャンディソウル「Hooked」、サザンソウル風味抜群に指スナップをはじく甘美なメロウ「Stick Around」、少し乾いてザラついたブルージーさで聴かせるダウナー「News」、華やかにキラリと光るMayer Hawthorneの歌声に気持ちも晴れる「You Called Me」、まったりとふくよかなポワポワサウンドに乗っかりスウィートに歌う満天の星空みたいな煌めきチューン「You're Not Ready」、最後はMichael Davidと共作のすーっと消え行く様なメロディがほんのりライトアップされるクールでスマートなメロウ「No Strings」でバッチリ締めてくれます。一枚を通して本当に昔のソウルレコードをそのまま垂れ流している様なレトロな感覚で心地良く、何も考えずにゆったりと気ままに聴いていられる温かみ溢れる一枚です。

本当にいつの時代の人なんだ?僕より上の世代は懐かしく、僕以降の世代はなぜか新鮮なサウンドの塊です(温故知新)。最近は多くのR&B/Soulシンガーが原点回帰みたくクラシック返りしておりますが、その中で考えるMayer Hawthorneの本作は少し物足らなかったかな(辛口)。というのも今年発売されたRaphael Saadiq『Stone Rollin'』とどうしても比べてしまうので、そういう意味では少し分が悪いかもしれませんね(贔屓)。しかし聴かないのはやはり損、音楽に詳しい人ほどもっと高い評価をしているのかもしれません(勉強不足)。


スポンサーサイト



Comments

おひさしぶりです。このアルバム自分の中でも今年5本の指に入る
くらいお気に入りです。なんとなくなつかしソウルも聞かせてくれるし
愛にあふれた作品ですね!
ご無沙汰しております。
最近はまたたまにTweetしているのを見て、元気になさっているのだなと、安心していた次第です!
ほー、それ程にお気に入りですか、確かに素敵ですもんねー。
お忙しいでしょうが、年末には是非、tomondaさんの年間Top10など発表して欲しいです!

ではまた、ブログ更新楽しみにしてます!

Leave a Comment