RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Missy Elliott「Under Construction」
me-ucc.jpg

その大きな体(本作では激ヤセ)から溢れ出る才能に皆が平伏すMissy Elliottの通算四作目となる『Under Construction』を御紹介。盟友Timbalandと共に常に革新的なサウンドを提供してきたMissy Elliott女史、四作目という事でもうそろそろ“チキチキ”サウンドもネタが尽きたかなと感じていました。がしかしそこは流石はMissy ElliottとTimbalandの最強コンビ、こちらの期待を裏切った上で裏切らない極上の一枚を届けてくれました。
それでは早速内容に触れていきます……まずはTimbaland製作(Co製作をMissy "Misdemeanor" Elliott)の楽曲群から御紹介、幕開けはベコボコと叩かれる民族音楽っぽいパーカッションに踊らされる「Go To The Floor」、うん良い。Biggie曲でも有名なカウントで始まる「Bring The Pain」は、Wu-Tang Clan一の人気者Method Manを援護射撃に迎えた煙たい音質がカッコイイ一曲。Missy Elliottのぶっ飛んだラップといい途中のフックでの奇天烈さといい、完全にTimbaland趣味が爆発した「Gossip Folks」も中毒性高い。それだけで満腹なのにLudacrisの破壊力抜群のファンキーラップで、完全に木っ端微塵にされます(粉砕)。そして早くも超話題となったシングル曲「Work It」が登場、途中で象の鳴き声まで挿入されているふざけた電子音(ぴーぴーぴぽぽー♪みたいな)の連なりで聴き手は完全に混乱します。しかしそれはきちんとトラックとして纏まっていてやはりTimbalandとMissy Elliottの計算通りなんだと痛感、こういうトラックを器用に乗り回すMissy Elliottにも拍手ですよね。“あの頃に戻りたい♪”と謳うタイトルそのままにちょっぴり懐かしい雰囲気を醸す「Back In The Day」、ここではMissy Elliottは歌っています。しかもここではKing Of N.Y.ことJay-Zが援護射撃で協力、やっぱりJay-Zカッコイイわぁ~(惚)。「Funky Fresh Dressed」ではTimbalandが送り出した女性MCのMs.Jadeがゲスト参加、このビートもシンプルながら陰があって好きですよ。これまたどこかアジアンな音が入り混じる怪しさ満点の「Slide」もたまらない、Timbalandって本当に何者なんですかね(笑)。声ネタみたいなのが挟まるMissy Elliott歌唱曲「Play That Beat」も、歪んだ電子音が先鋭的で脳天を震動させられる「Ain't That Funny」も、叩くドラムスとキックとスネアがかなりオールドスクールな仕上がりでカッコイイ「Hot」も、どれもがTimbaland×Missy Elliottの爆発寸前の化学反応が楽しめる楽曲ばかり。それ以外はMissy "Misdemeanor" Elliott製作のR&B曲で、これらもまたイケルんですよ、僕はMissy Elliottの作るR&Bトラックが結構好きです。「P***ycat」は柔らかな流れにMissy Elliottのリラックスしたボーカルが乗っかる爽やか曲、あのTweetも歌声を貸しています。「Nothing Out There For Me」ではBeyonce Knowlesがゲスト参加、軸は完全にBeyonceなんですが其処がまたMissy ElliottのProduce能力の高さが伺えますよねぇ。最後を飾る「Can You Hear Me」ではなんとあのTLCがゲスト参加です(贅沢)、思わず涙が流れそうになる切ないメロディは流石の出来栄え、全員の歌声が重なってとても心地良いです(昇天)。あとおまけに「Work It(Remix)」も収録、なんとあの50 Centが参加して例のボケたラップで勢いつけてます、これは絶対にチェックしなくては損です。

ただただ際どい音を使って奇を衒うのではなく、きちんとしたオールドスクール回帰をしつつも革新的なビートを打ち出したその姿勢はまさに天才的、賞賛以外のなにものもありませんね(納得)。とにかくノリノリでドライブしてはしゃぎ回りたい方にはうってつけ、単に面白いなと楽しむのもHip Hopの醍醐味ですもんね。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment