RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bow Wow「The Price Of Fame」
bow_pricecovs.jpg


女の子を虜にするアイドルMCであるBow Wowの通算五作目『The Price Of Fame』を御紹介。もうすっかり大人な男性にも関わらず、どことなく少年を見る様な気分になるのが不思議なBow Wow君、女の子からの人気はいまだ絶大ですね。そんなBow Wowがなんとなく地味にリリースしたのが本作、通算五作目という事でもうすっかり古株ですねぇ。
気になる内容はと言いますと……今回はかなりサウスを意識したサウンドになっていまして、策士Jermaine Dupriのマーケティング魂が垣間見れる意欲作となっています。まずはそのおどろおどろしさにYoung Jeezyが突然現れそうな節回しの「Price Of Fame」はLil' Ronnieによる製作、やっぱりちょっとYoung Jeezyを意識しているんじゃないかな。なんて思っているとそんなYoung Jeezyの十八番掛け声“えぇぇ~い♪”みたいな声がのっけから聴こえる「4 Corners」が登場、製作はJermaine Dupriで総製作指揮にあのNo.IDが参加しています。Jay-Z「Big Pimpin'」を下敷きにしためちゃダークでシンプルループなサウストラックに、Pimp C、Short Dawg、Lil' Scrappy、そしてLil' Wayneと人気MCが勢揃いした豪華曲、最後を締め括るLil' Wayneがやはり一番格好良い。「Outta My System」はBow Wowの真骨頂である歌モノ曲、製作はJermaine Dupri(とNo.ID)でゲストにはなんとT-PainとJohnta Austinという強力援護(贅沢)。Rick James「Hollywood」を下敷きにしたメロウなトラックに、T-Painの専売特許であるボコーダー使いの切な~い歌フックがたまらなく胸を締めつける反則曲。「How You Move」もJermaine Dupriによる製作曲、サンプリングに50 Cent「Disco Inferno」を使用しています。前回大当たりした同世代コラボ、Bow Wow×Omarion「Let Me Hold You」は今回Bow Wow×Chris Brown(加えてJohnta Austin)で「Shortie Like Mine」として収録されています。製作はJermaine Dupriなんですが彼の右腕で屈指のバラードマンであるBryan-Michael Coxが製作総指揮で携わっているので、流麗なピアノ音が散りばめられた美曲に仕上がっていますよ(好)。スクリュー使いで完全にサウス流儀に則った「Dont Know Bout That」はNittiによる製作曲、Young CaponeとCocaine Jがゲスト参加しています。所属事務所So So Defの大先輩である姉御Da Bratをゲストに迎えた「Damn Thing」はJermaine Dupri製作、Da Bratは余裕綽々ですな。その後はもう本当にサウスをかなり意識した曲がズラリ、ボコボコとした機軸にシンセの跳ねる音とスクリューを絡ませたJaermaine Dupri製作の「Bet That」、どことな~くMannie Freshが製作しそうな少し音に余裕のあるサウンドが面白い「On Fiya」はFree Agentz製作、女性のセクスィ~な歌声が良いアクセントになっている50 Centっぽさのある不穏な「Give It To You」などなど。最後には何故この曲を隠しトラックにしたのかさっぱり意図が掴めない「I'm A Flirt」を収録、この判断はゲスト参加しているR.Kellyも気に入らなかったらしく、皆様も御存知T-PainとT.I.をゲストに迎えたRemix「I’m A Flirt Remix」が誕生しました(最強)。このRemixには完全に負けているけれど、Bow Wow版の原曲も結構イケてますよ。

相変わらず聴きやす~い一枚で、女の子と一緒にドライブする時とか掛けると良いかもですね。前作『Wanted』では“あまりに歌モノ的なトラックで逆に聴きづらい”みたいな事を書いた気がするんですが(未確認)、今回は逆にこんなサウスぶんぶんにしなくても良かったかなぁと(笑)。それなら前作のメロディアス路線の方がBow Wowらしかったかな。まぁでもゲスト陣が豪華だし、聴いてきっと損は無いです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment