RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

2Pac「Pac's Life」
2pac-pacslifecovs.jpg


亡き偉人である2Pacの作品で『Pac's Life』を御紹介。死してなおまだこうやって新作がリリースされる事自体が異様というか偉業なのに、出したら絶対に売れるんだから本当にTupacの圧倒的な支持率には頭が下がりますよねぇ(そしてTupacを愛し続けるHip Hopファンにも)。僕は当初は購入する気は無かったんですが、そのジャケットがあまりにシンプルで格好良かったのと気になる曲が何曲かあったので購入しました。
それでは気になる内容に触れてゆきたいと思うんですが……アルバムの幕開けを飾る「Untouchable(Swizz Beatz Remix)」からして、僕の狙い目で御座いました。Swizz Beatzが御得意の銃声と奇声を散りばめたアゲアゲなトラックで対応、そこにBone Thugs-N-Harmonyの流れる様なメロディアス早口ラップが組み込まれた熱~い一曲……なんですが、同じSwizz Beatz&Bone Thugs-N-Harmonyならば、The Notorious B.I.G.「Spit Your Game」の方が数段カッコよかったと思われます(個人的意見)。続く「Pac's Life」は本作からのシングル曲、制作をLT Huttonが担当した超ポップで可愛さ満点なメロディアス曲。2Pac「This Life I Lead」を下敷きにしたカラフルな彩りの中で、Ashantiの可愛すぎる歌声フックと、もはや向かうところ敵無し状態のT.I.様がダラリとラップをかます素敵な一曲。Carl ThomasのRaggaeな歌い回しが良いアクセントな「Dumpin'」はSha Money XLが製作を担当した不穏曲、Hussein FatalとPapooseがゲスト参加しているんですが、僕は俄然Papooseに耳を奪われました。そして僕が本作を購入するキッカケとなったのがこの曲、「Playa Cardz Right(Female)」で御座います(拍手)。なんとゲストには次世代の女王の呼び声高いKeyshia Coleが参加、それだけではなく制作はなんとあのIvan "Orthodox" BariasとCarvin "Runsumの二人が手掛けているんですから筋金入り。僕は美しくもどこか儚く悲しげなこの曲、かなり好きなんですよねぇ~、雨の日に家の中で掛けたりするとしっとりしていてバッチリかと思います。Keyshia Coleの歌声の素晴らしさはもう言うまでもないですが、やはりTupacも聴かせるラップで脱帽です(ただ主役はKeyshia Cole的な曲です)。「Sleep」では50 Cent率いるG-UnitよりYoung Buck、あとメロディアスなフロウで若者を虜にするChamillionaireが援護射撃参加、製作はこれまたG-Unitお抱えのProducerであるSha Money XLが担当。結構ライトな味わいのトラックにYoung Buckの男臭いラップと、Chamillionaireのすましたラップが好対照で面白い一曲。Edidonなる人物が製作を担当した「Don't Sleep」ではLil' Scrappyが参加、するもそんな目立ってはなかったかなぁという印象。甘くメロウなトラックに思わずウットリな「Playa Cardz Right(Male)」はSha Money XLが製作を担当、いやぁ本作でのSha Manoey XLの仕事っぷりは目を見張るものがありますね(感心)。Keon Bryceなる男性シンガーの甘酸っぱい歌フックも素敵ですし(要注目)、もう一人のゲストであるLudacrisの余裕綽々なラップもばっちりキマッてて最高に御洒落です。「Pac's Life(Remix)」ではAshantiのヴァースをChris Starrが代わって担当、そして新たにTupacの旧友Snoop Doggがユルユルなラップでこの可愛いトラックに華を添えます。しかしこのRemix版でもそのパートを削られないT.I.が本当に凄い、それだけ彼は人気があるって事ですよねぇ。

これが果たして2Pacの作品なのかと言われれば否なのかもしれませんが、気楽に楽しめる一枚である事は確かです。これだけクオリティが高いから死後もずっとアルバムがリリースされるんでしょうねぇ、彼の母親はあと何曲彼の未公開曲を持っているんでしょうか、これからも続きそうですねぇ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment