RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

The Knux「Eraser」
1317214139_the-knux-eraser-2011.jpeg

KrispyとAl Millioの実の兄弟二人で構成される、The Knuxの通算二作目となる『Eraser』を御紹介。The KnuxはあのEminemのマネージメントで知られる、Paul Rosenbergが発掘し契約したという経歴の持ち主。彼らの出身地はNew Orleans、自ら楽器演奏やProduceまでもこなすというなかなかマルチな兄弟なのです。という事で彼らはHip Hopの中にもRockやPopをも取り込んだ、次世代型のハイブリッドMCデュオとして期待されているそうです。
それでは簡単にですが内容を御紹介・・・・・・まず先に述べておきますと、全曲の制作をThe Knuxの二人が手掛けております。まずはジャカジャカとかき鳴らすハードでエッヂの効いた「The Road(Intro)」で幕開け、このイントロを聴いただけで彼らが純粋にHip Hop畑にいない異端児なのが分かります。ザクザクなギターリフに陽気にキックするビートで滑走してしまう「She's So Up」、ここではシャウトリフレインする“しーそっあっぷ♪”で一気にテンションが上がる、男臭くもどこか痛快な突き抜け感が気持ち良い一曲。生き生きとした活発な硬質ドラムスの鳴り散らし、それからギター弦のジャカジャカと撫で回すメロディがマッタリ心地良い「You Can't Lose」も、ちょっと間の抜けたThe Knuxの伸びやかなアー歌声が気持ち良い。縦横無尽に暴れる小刻みドラムスに、Natalia Killsのベッタリとカラフルなマニキュアヴォーカルが華を添える「1974」も疾走感が素晴らしくて、スカッと晴れやかなブライトチューン。ゴリゴリでハードなロックチューンに思わず頭を振りたくなる「Razorblade」、ただフックでは繊細に重ね合わせたヴォーカルを多用していて、それがまたどこかミステリアスでミストっぽい涼しさを生み出しています。僕が個人的に狙って購入したのが、先行シングルとしてカットされていたKid Cudi客演の「Run」。ここでのちょっぴりトロピカルで明るい爽快なアッパー具合は、どこかAndre 3000っぽい軽快さと無邪気さが入り混じっていて僕はツボ。相変わらず渋くも二枚目なKid Cudiも素晴らしく跳ね回っています、きっとKid Cudi自身もこういう音楽をやりたいのだろうなと伝わって来ます。ブルージーでJazzっぽい音回しも綺麗でしなやかなミッド「Queen Of The Cold」、確かにロックしているんですがどこかスベスベとした夜会用ドレスの様な肌触りでスマートなのが印象的。自由自在な弦使いに乗せてクルクルと旋回するメロディが滑らかな「Maniac」、晴れやかな大空に似合いそうな爽やかで大らかなフックの響きがすーっと耳に残る。女性シンガーのJack Daveyを客演に招いた「I See Stars」は、ちょぴりエレクトロでホラーチックなダークでエッヂのある一曲で、ふっと消えてしまいそうなメロディ&フックがミステリアスな輝きを魅せる一曲。アジアンな弦のベヨンベヨン音にベースの太いリフが癖になるファンクチューン「Fame-Us」、客演には男性シンガーのBlake Millerが参加、これもとても怪しげでゾクゾク来るスリリングなメロディがイイ感じ。四つ打ちっぽいサウンドでピコポコ電子音が跳ねる「Eraser」も、やはりエレキギターがつんざめく事で面白いバランスを保ったポッピンロック。アコースティックギターをジャカジャカ鳴らす「Beautiful Liar」、タフなビートにキラキラと煌めく流星群の様なシンセが流麗さを生み出す「Dead World」と、ほぼロック寄りの面白い世界が展開されています。

前作もそうですが、Hip Hopだと思って聴くと違う印象を抱くと思います。かといってLenny Kravitzを聴く様な感覚かというと、それでもない気がしますし。とにかくこういう音楽も面白いですよね、晴れた日のドライブなんかにはモッテコイだと思います。という訳で夏に入手出来たら良かったのですが、まあ秋晴れの日に聴いても良いかと思います。Kid Cudiが好きな方はチェックしておいて損は無いと思います、そのKid Cudiも参加していますし、Kid Cudiがこれからこういう路線に走りそうな気もしますし(憶測)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment