RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Seal「Seal Ⅱ」
seal-2c.jpg


英国が誇るソウルシンガーSealの通算二作目となる『Seal Ⅱ』を御紹介。僕はハッキリ言ってUSソウルは好んで聴いても、UKソウルって全くもって興味無かったです(断言)。なんというかUKソウルってのはUSソウルに比べるとかなりあっさり味で、なんか黒度でいうと物足らない、ですからこのSealも名前は知っていても完全に流してました。しかしこのジャケットの持つ不思議な魅力と、Grammy三部門受賞アルバムってのを知っていたので、気付いたら購入していたんです。
で聴いた感想なんですが……なんでもっと早く出逢っていなかったんだろうと後悔しました(涙)。なんというか静寂に包まれた情熱があまりに綺麗で、これはきっとSealにしか出せないと思いました。まず書いておきますが、本作は全楽曲をTrevor Hornが製作(ソングライティングはSealが担当)しておりまして、Seal曰く“僕のヴィジョンを共有できるのは彼しかいない”のだそう。あとこのアルバムでGuiterにあのJeff Beckも参加しておりまして、これも大きなトピックの一つでしょう。まずはSealの力強いボーカルがうねる「Bring It On」で幕開け、この曲ですぐに僕はどっぷり溺れました、なんだろうこの感触。真っ直ぐの道をひたむきに進むメッセージソング「Prayer For The Dying」も一言で言えば美しい、“凛”とした美しさが其処にはあって、聴いていると不思議と心の奥が沸々と熱くなるのを感じます。奏でるギターが憂いを帯びている「Dreaming In Metaphors」、途中から優しく光溢れるトラックも聴きドコロ。新鮮な空気を思いっきり吸い込んだような気分にしてくれる夜明け曲「Don't Cry」もひたすら美しい、どこか内省的な様でそれでいて希望に満ちている様にも感じる、そんな詞に思わず聴き入ってしまいます。ヒュルリと鳴る笛の音に寄り添うようにギターが鳴る「Fast Changes」なんかはもうSoul Musicではないですね、破局を予期している二人を描いた詞なんですが、その別れさえポジティヴなのかネガティヴなのか分からなくなる。この曲の魅力は最後での転調部分、まるで雰囲気が変わって季節が一気に流れたかのよう。まるで古い物語を読み解いているような感覚に陥る「Kiss From A Rose」も素晴らしい、詞の内容はまたどこか抽象的でいまだに掴めている様で掴めていないけど、心の奥深くに響き渡ってゆくんですよねぇ。Sealの熱を帯びた力強い歌声と、清涼感たっぷりのファルセットの交錯具合ももはや芸術的、これはひとつの物語。これまた爽やかな風吹き込む「People Asking Why」も素敵、黒魂はほとんど微塵も感じないポップさ溢れるトラックも許せちゃいます。そんなポップさがまだまだ続く「Newborn Friend」、深遠な世界に導かれる静寂の「If I Could」はJoni Mitchellとのデュエット曲、乾いた大地が透き通る水をぐんぐん吸収する様な感触を覚える「I'm Alive」と、どれもSealの世界観が静かに躍動する素晴らしい楽曲ばかり(心酔)。最後には優しく流れるピアノ演奏のみの珠玉再編「Dreaming In Metaphors(Piano Ver.)」も収録、これがまたシックで良いんですよねぇ~(溜息)。

まるで一冊の詩集を読んでいるような、そんな素敵な一枚でとってもお気に入りで御座います。結局素敵とばかり言うだけで、なにも説明は出来ませんが、たまにはこんな抽象的なソウルに浸るのもいいもんだなぁと感じました。木漏れ日の中でウトウトしながら聴けたら最高、そんな一枚に感謝で御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment