RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Van Hunt「What Were Hoping You?」
f24560.jpeg

Alicia Keysへのソングライティングやツアーサポートなどを経てデビュー、Grammyノミネート経験もあるVan Huntの通算三作目となる『What Were Hoping You?』を御紹介。PrinceやD'Angelo等の嗜好を感じさせるスタイルは、一つのジャンルとして確立されているニュークラシックソウル系のシンガーにカテゴライズされる事も多いVan Hunt。ドラムスやサックス、ギター、ベース、キーボードまで多彩に操るマルチプレイヤーでもあり、通なR&B好きからはなかなかの高評価を獲得している様です。しかし本作のジャケット、Van Hunt本人が写っていないではありませんか(残念)。Van Huntはこの業界ではなかなかの男前として名を馳せているので(個人的意見)、やはり彼を撮影して欲しかった気もしますが。
それでは簡単ですが内容を御紹介・・・・・・最初に述べておきますと、全曲の制作をVan Huntが行っているのは当然の事、楽器演奏まで自身でこなしておりますね(凄)。まずはエレキギター弦の変幻自在なメロディのうねりにVan Huntの艶っぽい歌声がまどろむ「North Hollywood」で幕開け、幾重にもなったVan Huntのヴォーカルがなんだかイルでハイで聴き手の気持ちを高みへと吹き飛ばす、加えて途中でノイジーに転調するロックなトラックも最高にパワフル。OutKastのAndre 3000辺りがやりそうな暴走ロックチューン「Watching You Go Crazy Is Driving Me Insane」ももはやR&B枠から飛び出していますね、お構い無しにガンガンとぶち壊しながら突き進むギター&ドラムスが痛快過ぎる(半狂乱)。極めてアメリカンなロックチューンながら、どこかキャンディチックに甘くポップな電子音なんかも混ざっていたり、終盤では少しトーンを抑えたり、その転調っぷりに芸術を感じてしまいます。続く「Designer Jeans」はブルージーでダークなグルーヴを纏ったダウナーで、ドコドコと低く唸り響く太鼓ビートにVan Huntの怪しくドロドロっとしたヴォーカルが闇夜の中でキラリと光る。チチチチチチと連続するハイハットっぽいビートとぐにゃりとひん曲がりながら絡み付くギター弦のメロディがどこか幻想的な「Plum」、Van Huntの少し歪んだファルセットが滑らかに伸びてゆく感覚がなんともドリーミーで、メロディ的にもカテゴライズしにくいカメレオンの様な色彩変化に富んだ一曲。いきなりとハワイアンなアコースティックメロディに驚いてしまう「Falls(Violet)」が本作のレンジの広さを物語っていますね、なんだか埃っぽくボワンとこもって聴こえるVan Huntの線の細いファルセットが心地良い。静かで無垢で美しいピアノ旋律が心の琴線にそっと触れる、粉雪みたいな儚いメロディに胸を打たれるバラード「Moving Targets」は素晴らしいの一言に尽きる。Coldplayなんかを想わせる静寂の世界は、なんだか今にも壊れ崩れそうな優しさを纏っていて、そんなメロディにVan Huntの深遠で神秘的なソウルフルヴォイスが溶け合う様が美しい(涙)。「Eyes Like Pearls」はノイジーなエレキギターの鳴りにファルセット寸前の声でシャウトするロックチューン、とにかくファンキーでカッコイイので好きです。ロカビリー風のトラックでVan Huntの艶やかなファルセットがツイストする「A Time Machine Is My New Girlfriend」も最高にファンキーでホット、ザクザクとした生バンド演奏っぽいメロディが躍動感たっぷりで、聴き手を構わずVan Huntが気持ち良くなって駆け足気味に昇天に向かう疾走チューン。様々な断片的アナウンスが混ざったイントロから始まる「What Were You Hoping For?」は一聴するとロックっぽいノリでもあるのですが、どこかレトロなソウルチューンをも感じさせるフックが柔らかく官能的に光るのは、やはりVan Huntの奥底から滲み出る空気感のせいでしょうか(恍惚)。ベベベンとエッヂを効かせて鳴る弦音にゾクゾク背筋に刺激が走る「Cross Dresser」も妖艶で、そっと吐き出す様な煙たいVan Huntのヴォーカルがなんともアンニュイでセクシー。キーーンと金属的な響きで聴こえるピアノ鍵盤音が静けさを裂く「It's A Mysterious Hustle」もなんとも摩訶不思議な感触、Van Huntのエフェクトのかかったそっと囁く様なヴォーカルが病み付き度100%で、ドリーミーながらも次第に神経を蝕む毒っぽいメロディが退廃的な美しさを纏うマーブルメロウで御座います(酩酊状態)。

なにも比較している訳ではなく、純粋にPrinceの音楽が好きな方ならばきっと気に入る筈(僕がその一人)。密閉された空間で繰り広げられる夢幻の世界というか、ソウルにファンクもにグルーヴがこの狭小な世界の中に充満している感じがたまらなくクールというか(けして小さくまとまっているいるとかいう事では言っていません)。密室で録音されたという旨味が凝縮されている、息遣いにも似た温度のある一枚に仕上がっています(意味不明)。トラック毎に聴くと繁雑にも感じますが、そんな中にも集合体として聴いた時に一貫した濃厚ソウルが心を満たし切っている快作ではないかと。もう何歳か若かったらちょっと理解出来なかったかもしれません、Van Huntの前作と比べてもより複雑になっているかも。そういう意味ではとっつきにくい感じはありましたが、これから何度も聴き返すとより魅力が倍増すると思います(実際、購入当初よりも今の方がこのアルバムを気持ち良く感じている)。R&B(そしてニュークラシックソウル)だと思って聴かない方がいいですね、純粋に音楽とだけ思って効いた方が良いかな。色々と書きましたが、僕はこのアルバムは好きです(断言)。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment