RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
310位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
59位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Gordon Chambers「Sincere」
GordonChamber_Sincerecover.jpg

90年代以降多くのヒット曲を創出しているベテランのシンガーソングライター、Gordon Chambersの通算三作目となる『Sincere』を御紹介。Anita Bakerをはじめとして90年代以降にUsher、Brandy、Tamia、Tevin Campbell、Carl Thomas、Angie Stone、Beyonce、Faith Evans等々名立たる面々への楽曲提供で知られる凄腕のソングライターであるGordon Chambers。ソングライトの前には雑誌“Essence”で編集者をしていたという異色の経歴の持ち主、ソングライターが表舞台に出る例の先駆けはもしかしたらGordon Chambersなのかもしれません(憶測)。彼の書く美しいメロディは勿論ですが、なかなか端正なルックス&歌声なのも人気のひとつなのかもしれませんね。
それでは肝心の内容を簡単に触れてゆきたいと思います・・・・・・先に述べておきますとソングライトはほぼ全てを当然Gordon Chambersが担当、しかし製作陣は様々な方が参加しております。まずはGarrett "Blake Melodious" Smithが制作を担当した「In The Band」で華々しく幕開け、ストロボライトみたいにキラキラと眩く輝くシンセに、ベヨベヨンとうねりを効かせたウェービーなシンセが屈折しながらも並走するなんとも爽快なアップチューン。思わずほろりと涙が零れそうになってしまう刹那系のピアノ旋律がたまらない「Sincere」、Ne-Yo以降に顕著となった清涼R&B曲で、制作はThe BeatBanggahzが担当。雫のような清純でキリリと澄み切った切ないシンセメロディラインが胸をキュンキュンと締め付ける復縁曲で、“僕の愛に偽りはないよ♪”と繰り返し謳い懇願する姿に思わず共感してしまう素敵なバラード(涙)。A. Jermaine Moblyが制作を担当した「Coming Back」も別れを題材にした曲、電子鍵盤のざわざわと胸騒ぎのするメロディは柔らかく穏やかなだけに、余計に悲しさを増長させてくれますね(想い出はいつだって美しく輝き続けてしまうから)。Candace Colesとの完璧なまでの掛け合い(デュエット)が素晴らしい極上スロウ「Love You Better」、制作はDarien Dorseyが担当しています。ここではアコースティックギターの少し掠れた淡いメロディが、まるで季節の移ろいの様な優しく落ち着く色彩の変化を生む好ミッド。ここでのGordon ChambersとCandace Colesの溶け合う様な甘美なヴォーカルがたまらない、完全に歌声だけできつく優しく抱き締め愛し合っています(骨抜)。引き続きDarien Dorseyが制作を担当した「Moody Love」は滑らかで気品溢れるストリングスが少し寂しく冷たく気持ちを吹き抜けるバラード、壊れる寸前のエコーのかかったメロディとGordon Chambersの悲しげで脆いヴォーカルが胸にゆっくりと突き刺さります(悲哀)。またまたDarien Dorseyが制作を担当した「In The Light」、ビカビカと明滅する様なピアノ鍵盤の音とゾクゾク来るストリングスに四つ打ちのビートを下敷きにした、丁度良いアッパー。Jazzっぽい雰囲気が漂う珠玉のスロウバラード「In My Room」はGordon Chambers自身の制作曲、真っ直ぐ過ぎる程のピアノ弾き語り曲でこれぞスタンダード。“ソロとして君に残されてから、ずっとひとりきり、部屋で歌い続けてるよ♪”と終わった愛を嘆き打ち拉がれる一曲(泣暮)。オルゴールっぽい音色が曲をより繊細でドリーミーに仕上げている「I Can't Love You(If You Don't Love You)」はDarien Dorseyが制作、少しリフレインして追いかける気味のフック&Gordon Chambersのファルセットがたまらなくマッタリと心地良いミッド。完全なピアノ弾き語り「A Song For You(Tribute to Donny Hathaway)」は文字通りDonny Hathawayのカバー(原曲はLeon Russellのもの)、Gordon Chambersの綺麗に澄んでいてクリアなヴォーカルに溺れて聴くのみです(感動)。Michael Severson制作の「Lead Me(The Ocean)」は、どこかどっしりとしたアコースティックなメロディがブルージー且つドラマチックなスロウ。ゴスペル風な内容ながら、Gordon Chambersのどこまでも真っ直ぐ伸びる慈悲深いヴォーカルが、曲に良い意味での軽さを生んでいてスーッと耳に浸透して聴き易いですね。Gordon Chambersが親しくしていた故人へ捧げた「Missing You(Tribute to Phyllis Hyman & Gerald Levert)」、この曲はかつてGordon Chamberが書いたBrady, Tamia, Gladys Knight, Chaka Khan共演曲のセルフリメイク。“君が恋しいけど、どうにかやってゆくよ♪”と寂しげに謳うGordon Chambersのヴォーカルに泣かずにいられない(号泣)、人が誰かを想うということはこんなに素敵な事なんですね(感動)。最後を締め括るのはDaniel Jones制作の有名なゴスペルソング「Walk With Me」、Sara Devineとのデュエットでthe Blue Note Jazz Clubでのライブ音源となっております。とここまでが本編の内容で、国内盤にはこれらに加えてRemix曲が六曲ほど収録されていまして。ボヤボヤした明滅シンセが流麗な「Sincere(Soft Lipa Remix)」、水辺に浮かぶ影の様な妖しい揺れをしたテクノサウンドが面白い「Coming Back(Young Souljaz Remix)」、完璧な電気信号音でどこか2Dゲーム感覚な「Love You Better(COMA Remix)」「In The Light(Makoto 4x4 Refix)」「Missing You(M-Swift Remix)」、僕でも知っている日本人DJ KAWASAKIが手掛けた「In The Band(DJ KAWASAKI Black Disco Mix)」等が収録されています。

とにかく聴き易い、すんなりと心底まで浸透する天然水のようなR&B盤で御座います。Gordon Chambersの書く詩も純粋で汚れが無くて、すんなりと読めてしまいますね。Ne-Yoなんかが好きな方は絶対に好きですね、しかしNe-Yoよりは正統派なR&Bという印象がやはり強いですが。秋の夜長に落ち着いてゆったりと沁み沁み効ける、そんな美しいメロディの凝縮された一枚です(褒)。こういうR&Bもやっぱり良いですね、こういうサウンドが最も僕は懐かしくて同調してしまいます。最後のボーナス曲はちょっと蛇足な気がします、全12曲で充分に楽しめます。


スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment