RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Field Mob「From Tha Roota To Tha Toota」
fmob-fc.jpg


南部の意外なベテランデュオField Mob『From Tha Roota To Tha Toota』の御紹介。Field Mobをちょっと紹介、Georgia州はAlbany出身のSmokeとShawn Jayによるデュオで御座います。ハッキリ言って僕はこのField Mobを知りませんでした、Ludacris率いるDTPに加入するまでは全く。彼らの新作がヒットしたのも知っていましたが、そうそう簡単にサウス物に手を出さないんで購入していません(笑)。そんな中でふと見つけて購入したのがこの可愛いジャケットの『From Tha Roota To Tha Toota』、あんまり期待はしていませんでした。
なんですが……これがなかなかの聴き応えある内容で驚き、サウスなんですがあの重た~い感じではなく、OutkastやGoodie Mobみたいなメロディアスな雰囲気のアルバムでして。まずは幕開け「K.A.N.(Kuntry Ass Niggahs)」、製作はD.LakesとMarques Darlingのお二方。これはもうユルくまとめたサウスな一曲、Field Mobのとぼけた声にばっちりマッチ。「Nothing 2 Lose」はET3が製作を担当、ゲストにSlimm CalhounとSleepy Brownが参加しています。この曲で僕は完全に卒倒しましたよ、Sleepy Brownの歌フックが超最高、ミステリアスで優しいメロディに合致。そのSleepy Brownの歌声に負けじとField Mobの二人も超メロディアスラップ、素敵な共演です。Ole-Eなる人物が手掛けた「Don't Want No Problems」は一言で言うとコスモチック、程よく隙間の空いたシンセトラックとField Mobのユルユルなフックが印象的。「Sick Of Being Lonely」はJazze Phaが製作を担当した彼らしい歌モノトラック、ここで歌フックを担当している女性シンガーToricaが素晴らしい声の持ち主、彼女の歌フックが無かったら平凡に感じたかも(絶賛)。ET3が再び手掛けた電子音満載ながらもメロウで優しさある「Where R U Going?」も好きだなぁ、此処も歌フックを女性に任せていてそのJoiが素晴らしいです。サウスというかどことなくNellyが出てきそうな勢いの「Haters」はMoezartとGorilla Tekが共同製作、男臭さ全開のTrick Daddyの援護ラップが絶妙のスパイスで御座います。そのGorilla TekとTrakが製作を担当した「Betty Rocker」はバチバチと跳ねるビートが痛快、Field Mobのノリの良さに圧倒されます。その独特のトラックメイキング(シンセの疾走感というかメロディ持たせた打ち込み)がOutkastっぽさを感じてやまない「Cut Loose」もとってもカッコイイ、Ole-Eは本作で本当に素晴らしい仕事ぶりを披露、ツボ突いてます。ロキッシュな音も混ぜながらどこかブルージーな匂いがして一気に惹き込まれる「All I Know」はGreg Streetが製作を担当、このメロウに援護射撃でCee-LoとJazze Phaが参戦しているんだからもう間違いなしでしょう(最高)。ここでのCee-LoとJazze Phaの喉震わせる熱~い歌声は痺れあがる、こういう曲マジで大好きですよ。原曲のままで充分好きな「Sick Of Being Lonely」のRemix版「Sick of Being Lonely(Dirty South mix)」はMiamiの女王ことTrinaが登場、さすがの貫禄まったく負けていません(感服)、Lil' Wayneとは別れたんでしょうかねぇ。

とまぁ最後にちょっと関係ない話も入りましたが、これはなかなか侮れない良~い作品になっていますよ(薦)。やはりLudacrisがDTPに引き込むだけのデュオですね、まさかベテランだとは思いませんでしたが。本当に良い作品なんで、今彼らのヒットアルバム『Light Poles and Pine Trees』を購入しようかと迷っています。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment