RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fabolous「From Nothin' To Somethin'」
fabolous-fromnscovs.jpg


FabolousのDef Jam移籍第一弾にして通算四作目となる『From Nothin' To Somethin'』を御紹介。なかなか雰囲気ある二枚目だし、その鼻にかかった甘めのラップスタイルも好きだし、N.Y.はBrooklyn出身という事も鉄だって僕はかなり推しているFabolous、なんとDef Jamに移籍しました。嬉しい様な気もしましたがちょっと複雑でもありました、本当に売れ線狙いの作品になったらそれはそれで悲しい、ちょっとストリート寄りを意識して頑張ってもらいたいから。
それでは気になる内容に……まずは幕開けを飾る①「From Nothin' To Somethin' Intro」はReefaなる人物による製作、これから始まるFabolousショーに期待を持たせるには持って来いな期待感煽る一曲でまぁ良し。まるでMannie Freshが作ってそうな“ぶんっくらっ♪ぶんくらっ♪”を口ずさんでしまう野太い「Yep, I'm Back」、製作を担当したのはFreebassなる人物。「Change Up」では今や絶好調、あのAkonが製作&ゲスト参加した超話題となること必至の一曲。出来上がりとしてはYoung Jeezy「Soul Survivor」の灰汁を抜いた静寂版って感じで二番煎じな感もありますが、それでもやはり一定水準を超えている一曲は流石。続く「Make Me Better」では同じDef JamのレーベルメイトとなったNe-Yoがゲスト参加、異国情緒漂うノスタルジックなトラックは奇才Timblandの手によるもの。毎回思うんですがDef JamはHip Hop曲とNe-Yoの絡ませ方がマズイ気がします(個人的見解)、これならTimblandに歌フックをやらせた方がバシッとキマッた気が。「Baby Don't Go」ではこれまた客演仕事がすこぶる快調(勿論自身の新作も)なT-Painがゲスト参加、制作は声があちこちで聴こえるんで分かるかと思いますがJermaine Dupriです。甲高いティリティリ音が散りばめられたトラックはそんな目を見張るものではなく、ここはT-Painに助けられている感じもします。「Return Of The Hustle」では煽り隊長Swizz Beatzがゲスト参加、ですが製作はSwizz BeatzではなくJust Blazeが担当しています。Wu-Tang Clan「C.R.E.A.M.」を下敷きにしたガツンガツン系のビートがめっちゃカッコイイし、それに合わせて煽り捲るSwizz Beatzのあの声がたまらない、Fabolousも余裕綽綽にかまします(興奮)。「Gangsta Don't Play」では最近こういう仕事が多いJunior Reidがガッツリ歌声を披露、製作は再びReefaが担当。⑧「Real Playa Like」はFabolous十八番のメロウチューン、ゲストにはあの青臭い声がたまらないLloydが参加しています。Plow Da Donが製作した胸キュンな可愛いトラックも良いし、Lloydもハマッてるし、Fabolousは水を得た魚って感じで良いトリオですよ。Big Tankが製作を担当したエッジが効いていながらもどこかメロディも重要になっている「First Time」はRihannaがゲスト参加、ここでもRihannaの真っ直ぐな歌い回しが僕は好きです。ギラギラ輝く硬質な「Diamonds」は本作からの先行シングル、Steve MoralesとSoramが共同制作しあのYoung Jeezyを援護射撃に迎えています。完全サウスなブインブイン音にFaboulousの二枚目なラップとYoung Jeezyの荒れたラップが見事に調和、この二人の相性の良さは前作で実証済み、しっかしこの曲の破壊力は凄まじいですねぇ(鳥肌)。「Brooklyn」はその直球なタイトルも好きだし、あのJay-Zが(あとUncle Murda)参加しているって時点で目頭熱くなります(涙目)。Veratileがあの「Biggie Tupac Freestyle」からBiggieの声をずっとループさせているのがまずズルイ(策)、そのうえJay-Zがバチーッとキメますからね、最高の一言に尽きます。またまたReefaが製作を担当したクラブ騒音系の「I'm The Man」では同郷のRed Cafeがゲスト参加、最近Akon主宰ののレーベルであるKonvictと契約したのでこれから活躍する可能性大ですね。「Jokes On You」ではClipseの片割れであり実力派と名高いPusha Tがゲスト参加、Don Cannon製作のトラックはかなり地味ですがこの二人は相性良いかなと(共に高音で鼻にかかる感じ)。「What Should I Do」でやっとFabolous作品に欠かす事の出来ない歌姫Lil' Moが登場、製作はAntwan "Amadeus" Thompsonが担当しています。う~んもうちょっとLil' Moの歌声を活かしたキラキラなトラックが良かったなぁ、でもLil' Moの歌声聴けて良かった。Nova製作の「This Is Family」ではRansom、Freck Billionaire、Red Cafe、Joe Budden、最後にFabolousの弟Paul Caiと大所帯でマイクを唾吐きリレーする男臭い一曲。僕的にはJoe Buddenとだけ一緒にやってたら充分だったんだけどなぁ、皆頑張っているしカッコイイですけどね。これらに加えて国内盤には「I Shine, You Shine」「Chrip Back」の二曲がボーナストラックとして収録されています。

う~んどうなんだろう、素晴らしいとまでは言えなかったかなぁ(惜)。好きで応援しているMCなだけに評価も厳しくはなるけれど、それでもやはり破壊力はまぁまぁって感じだったかなぁ。多彩なゲストを迎えたけれど、どれもがそんな相乗効果をあらわしていなかったかなと。特にFabolous十八番の歌モノがイマイチがっちり心を掴まなかったのが痛い、AkonにT-PainにNe-Yoとかなりの兵ばかりだったから、もっとどデカイのが欲しかった(し出来たハズ)なぁ。あと僕個人としてはFabolous作品の鍵である男性シンガーMike Shoreyの不参加が残念でならなかったです、やっぱ彼の歌声とFabolousの調和が聴きたかった(あとThe Neptunesの不参加も残念)。それでもエンターテインメント性はかなり高く、Fabolousは相変わらず当然格好良かったです、次回はもっとコアでシックにキメテもらいたいです。なんか酷評したっぽくなってますが良い作品ですよ、聴いて損は無いと断言します(遅)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment