RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Latif「Love Life」
164639ji5vxmdcpcvvikxn.jpeg

その澄んだ歌声でMotownに在籍していた頃もある実力派シンガーソングライター、Latifの通算三作目となる『Love Life』を御紹介。Motownを離れた後はChris BrownやJoJoやElliot Yamin等の数々のアーティストへ楽曲を提供した、そのライティング能力を発揮。つい最近ではFaith Evansに提供した「Gone Already」がGrammy賞にノミネートされる快挙も成し遂げています(あとはMusiq Soulchild「Teach Me」もGrammy賞ノミネートを受ける)。その後はManhattan Recordingsに籍を置き、ここ日本で順調にリリースを重ねていますね。日本でだけ聴けるのには勿体ないクオリティなのが悔しいLatif、ジャケットもスッキリ凛としていて素敵過ぎますね。
それでは簡単にですが内容に触れておこうと思います・・・・・・まずはNe-Yo「So Sick」モロ系統の刹那系ピアノメロディ「Crazy Love」でズキズキ胸を痛めて幕開け、制作を担当したのはFredroなる人物。キラキラと雫の様に零れ落ちる繊細なシンセ粒がしっとりとメロディを濡らし、そこに時折とパキンと折れそうな程に微細いヴォーカルを奏でるLatifの歌声が切な過ぎる(涙)。ポロロンと奏でられるハープ模様のシンセも美しいし、ファルセットとリフレインを効かせたLatifのフックもたまらない。The Matrax Productionsが制作を担当した乾いたドラムスビートを滑らせる爽快チューン「One Kiss」、とにかく清涼感と清潔感溢れるLatifのヴォーカルに胸をキュンキュンさせられる事は間違いない、適度に華やかで軽いのが聴き易くて良い。フォーキーで穏やかな弦音がゆらゆらと絡まる「Do You Love Me」は、DieselとあのJames Poyserが共同制作した一曲。ベースはJames Poyserらしい土臭いヴィンテージ臭漂うソウル曲なんですが、そこにピカピカと光るキュートなシンセの点滅が、より柔らかくメロディラインをぼかすナイスアクセント。「Let Her Know」はKadis & Seanが制作を担当、The-Dreamっぽいカラフルな鍵盤音の波打ち連打が心地良いグルーヴを紡ぐミッド。メロディの波を追いかけながらバウンドするLatifのヴォーカルも面白いし、このジワジワと体中を回り出すメロディは意外と中毒性が高いのです。再びFredroが制作を担当した「Dry」もやはりNe-Yo系(というかStarGate系)のポロロンシンセが琴線に触れちゃう浸透ミッド、しかしここではブリッジの多重録音で入れ替わり立ち代わる分身ヴォーカルラインがアクセントになってて、やはりダレていませんね。引き続きFredroが制作の「Destination Us」はちょっぴり刺激的な太鼓ビートがサクサク刺さる疾走チューンで、クールで少しサイバーなメロディが印象的なスピードチューン。前作でも組んでいたRyan Leslieが制作を担当した「Things Ain't The Same」は、なんというかガラス細工をコンコン叩いて鳴らした様な、少し歪んでキンキン鳴るシンセが不思議な魅力を纏う面白い一曲。Ryan Leslieは昔から電子音を多用したカラフルでスマートなメロディ創りが巧いけど、ここでもその創造力を発揮し音色というものの可能性を広げています(誉)。そんな少し特殊なメロディに対して、フックはあくまで単調で覚え易い節回しなのがまた面白かったり。再びDieselが制作を担当した「Inhibitions」は完璧なエレクトロディスコチューン、しかし昨今のエレクトロみたくギラギラと派手でなく、とてもレトロで馴染み易いダンスチューンで、ファンクさが香っていて好きです。再びRyan Leslieが制作を担当した(客演参加も)「Off In Da Club」は、ほんのりと南国の海っぽい空気を含んだトロピカルテイストな一曲で、Latifの力の抜け切ったペタペタしたフックも面白い。ガチャガチャしたパーカッションメロディが可愛らしい躍動感ある「Oh Cherry」、制作はDanny PhantomとV-Shawn CAVIARTが共同で制作を担当。そのDanny PhantomとV-Shawn CAVIARTは続く「Can't Win」は、ブルージーかつメロウでいて、どこか気だるくマッタリとろけるマイナー調のメロディが、Miguelっぽい雰囲気を醸し出していますね。最後を締め括るのはCertiFYD制作のアコースティックギター弾き語り曲「Faithful」、どこまでも純粋で澄み切った淀みの無いメロディがすーっと胸に沁み入る、とても優しくて慈しみ深いソウルフルスロウ。昔のBabyfaceっぽいアプローチでちょっと懐かしくも感じた一曲、Latifの甘くもギュッと胸を締め付ける様な切なさが滲む繊細なヴォーカルがたまりませんね(咽泣)。

どうして本国でリリースされないのかが不思議、確かに日本人好みしそうなシンガー(そしてトラック)だけれど。とにかくLatifは歌は巧い、そこはMotownを経由している事からも一目瞭然で正に折り紙付き。しかし本作の唯一の死角は国内盤なのに歌詞対訳が無い事、優れたソングライターなだけにこれはかなり痛いです(愕然)。でもスウィートでいてソウルフルでもあるLatifはサラリと聴けるし、どれも良い曲ばかりでした、若い女性は絶対に好きな一枚でしょうね(憶測)。いや、男の子にも勿論お薦めですからね。次回も“Love”を冠した一枚を期待しています、対訳もお願いします。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment