RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Funkmaster Flex & Big Kap「The Tunnel」
funk-big-tuncovs.jpg


Funkmaster Flex & Big Kapで『The Tunnel』を御紹介。Funkmaster FlexはN.Y.の言わずと知れた人気ラジオ局Hot 97でホストを務める人気DJ、知らない方はまずいないかと思います(ド素人の僕でも知っていますんで)。ただBig Kapを僕は存じ上げません(笑)、Funkmaster Flexと同様にDJみたいです。そんな有名人Funkmaster Flexがホストを務めるアルバム、かなり豪華な顔触れとなっております(興奮)。
それでは内容に……まずは前回のFabolous「Brooklyn」でサンプリングされていた興奮モノ「Biggie/Tupac Live Freestyle」で幕開け(絶叫)。シンプルにドラムパターンのみのビート上で、BiggieとTupacが吠えに吠え捲くる失禁必至の爆風曲、BiggieもTupacもその圧倒的な突破力は凄まじい。「We In Here」はFunkmaster Flex手製のAl Wilson「My Song」下敷きのトラックにEve、Jadakiss、Styles P、Sheek Louch、Drag-On、DMX、そしてフックをSwizz Beatzが担当とRuff Ryders総出演のマイクリレー。「If I Get Locked Up」はRockwilderが製作を担当、そこにEminemの粘着質でへばり付く様な悪童ラップとDr.Dreの貫禄あるお助けフックが絡むEminem仕様な一曲。「Real G's」ではSnoop Doggがユルユルで耳に残るラップを余裕たっぷりに披露、ここではFunkmaster FlexがBiggieの名曲「Juicey」「Who Shot Ya」「One More Chance」等を回すズル~イ一曲を用意。「True」ではMethod Manが主役、Rockwilderが疾走感溢れるトラック(途中で格闘音有り)を用意、Method Manが痛快にハッスルするキモチイイ一曲。「Q.B.G.」はDJ Twinz製作の不穏トラックにばっちりハマるProdigy(Mobb Deep)とKool G Rapが参加、何故にHavoc製作でないのかが不思議。「K.I.M.(Interlude)」はその名の通りLil' Kimを使ったInterludeモノ、たった30秒にLil' Kimを使うってのも贅沢だし、その30秒間で存在感ギラギラなLil' Kimにも感服。「Confrontation」では女王Mary J. Bligeが参加、Funkmaster Flex製作のAl Scratch「Where My Homiez」ネタ使いのゆったりグルーヴに、MJBの熱っぽい極上の歌声が乗っかる素敵過ぎる一曲。「Okay」ではErick Sermon製作の凸凹ビートに、Erick Sermon本人と元気一杯のRedmanの仲良しコンビが参加した面白い一曲。「Dem Want War」ではFunkmaster Flex手製の早回し系のトラックにRaekwonがバツンと参加、さすが存在感バッチリです。「For My Thugs」は僕も所属する(想像上(笑))Jay-Z率いるRoc-A-Fella軍団、Memphis Bleek、Beanie Sigel、Amilが参加。Rockwilder製作の(ちょっとSwizz Beatzっぽい)電子音トラックとR.O.C.の相性は抜群、この曲聴くと耳が落ち着きます。「Wow」はFunkmaster Flexと同じく人気ラジオホストDJであるAngie Martinezが参加、頑張っています。「Respect」は凄まじい、Lil' Wayne、Juvenile、B.G.のCash Money Millionairesによる濃すぎるマイクリレー、エッジの効いたトラックは勿論Mannie Freshの手によるもの、だから相性抜群です。DJ ScratchがDavid Porter「I'm Afraid The Masquerade」をサンプリングしたスクラッチ入り捲くりのソウル曲、ここではベテランLL Cool Jが屈強で二枚目なラップを惜しげもなく披露。「Def Jam 2000」は雄叫び番長、ガツンと煽り上げるFat Man Scoopが主役、Def Jam往年の人気曲をガンガン回しながらFat Man Scoopが始終吼え回す熱~い一曲。「Thuun」ではNoreagaとCaponeのコンビが登場、ちょっとエスニックなトラックはFunkmaster Flex製作。「Live At The Tunnel」はJa Rule率いるThe Murderersが参戦、トラックはIrv Gottiによる製作。「Millennium Thug」はBig Kap製作曲、ここではNasが相変わらず燻し銀なラップで魅せます。最後「Dead Man Walking」ではBeanie Sigelが再度登場、Darrell "Digga" Branch製作の不穏ビート上でギャングスタに攻めます。

こういう作品は一気に沢山のスターアーティストの楽曲が聴けるから楽しいですよね、本作の顔触れも申し分のない揃い方で御座います。掛けっ放しにしたら普通に面白い一枚、一粒で二度も三度も美味しいをご賞味あれ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment