RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Lenny Kravitz「Black And White America」
10b14276-s.jpeg

東欧系ユダヤ人の父と女優のRoxie Rokerを母に持つ、Lenny Kravitzの通算九作目となる『Black And White America』を御紹介。僕はあまりRockを聴いたりしないのですが(嫌いなのではありません、R&BやHip Hopと比較するとの話)、そんな僕でもすんなり聴けて何枚かは作品所持しているのがこのLenny Kravitzで御座います。Lenny Kravitzにはソウルが漲っていているので、その点では僕はソウル音楽として聴いている感じもありますね。黒人の音楽といえば最近はやはりRapかR&Bというのが定番な訳でして、そういった意味でもずっとRockを生業としているLenny Kravitzは(しかも第一線でである)かなり稀少な逸材だと思います(国宝級)。しかし本作の前で、有色人種である事を引き合いに出すのは誤りなのかもしれません(勿論ポジティヴな意味で僕は使っていますが)。
それでは非常に簡単ですが内容をふんわり紹介します・・・・・・最初に述べておきますと、全曲をLenny Kravitzが制作(数曲は長年の相棒であるCraig Rossと共作)しております。まずは宇宙チックなベタベタのシンセサイザーの波の煌めきに、ベンベンと低く唸る弦音が最高にホットな「Black And White America」でバシッと幕開け。これはメロディ展開もどこか昔のソウル音楽を思わせる(破裂する様に鳴り響くホーンがそう思わせるのか)ダンサブルでディスコ風味な一曲でたまらない、人種間がまだ滲んでいるアメリカ社会を謳ったメッセージソング。冒頭からLenny Kravitzの咆哮で一気に痺れて動けなくなる「Come On Get It」はNBAのテーマ曲にもなったのだそう、こういう王道なザクザクカットの骨太Rockチューンを聴くと血が滾って熱くなってしまうのが男の性なのでしょう(野獣)。ギターにドラムス、そして電子鍵盤のカラフルな疾走感というよりも激走感がクールな「In The Black」もカッコ良さ抜群です。激走はしているのだけれど涼しげでスマートでさえある、少し柔らかなボケ声のフックもリラックス出来てノレてしまいます。「Liquid Jesus」ではまるでMarvin Gayeばりの甘美で繊細なファルセットでしっとりとスマートにキメる、Motown風のヴィンテージソウルが溢れ出した好曲でグッド。これは物凄くカッコ良くてMaxwellが好きな僕はかなり何度もリピートして聴いているミッド、似ているとかではなく、こういうメロウで溶け合う様なミルキーなヴォーカルが大好きなのです(溺愛)。バチバチと電撃が奔るハードでタフなリフが躍動感を最大限まで惹き出す「Rock Star City Life」、眩しい程の快晴の空の下を窓全開でうだりながらドライブしながら聴きたい一曲。そして本作の注目曲なのがあのJay-Zが参加(加えてDJ Militaryも参加)した「Boongie Drop」ですね、ダークで不穏なドラムス&電子音が濃霧の様に渦巻き視界を遮る異色曲。Jay-Zとは何度か共演していますし気心知れた仲、ただ正直に前回の「Storm」が圧倒的にカッコ良かった為に聴き劣りはするかもしれませんね(辛口)。乾いたアコースティックな音色を風に乗せて聴かせる「Stand」は温もりがあり長閑、なぜかこの曲を聴くとキンキンに冷えた生ビールを呑みたくなってしまうという爽快なRockチューン。「Superlove」なんかもどこかEW&Fなんかの近未来的(でありながら優美で柔らかい)なグルーヴを鼓膜にまったりと絡みつかせる好曲、少し囁き気味な匙加減のファルセットで“お前の半端じゃない愛が欲しいんだ♪”と迫る、純粋で真っ直ぐな男らしいラヴバラードなのです(骨抜)。圧倒的なサウンドスケールで広大な荒野を四駆で力強く走り抜ける様なラフさがカッコ良い「Everything」、聴いているだけなのになぜか壮大で地平線まで直線道路一本なアメリカの景色がまざまざと目前に現れますね(不思議)。ちょっぴりノスタルジックで曇った優しい音色が琴線に触れる「I Cant't Be With You」、渋くて良いですね。“あの恋を振り返ってみる♪”と何度も繰り返し雁字搦めになる失恋曲「Looking Back On Love」なんかは完璧なまでソウルレコード、どことなく泥臭いファンクを奥底で光らせるメロディに、Lenny Kravitzの深遠でどろーりと黒くギラギラした熱っぽいヴォーカルが冴え渡ります(酔痴)。ギロのギューギギ鳴る音色に鋭利なパーカッションが連打され斬れ味抜群の「Life Ain't Ever Been Better Than It Is Now」、完璧なカントリーブルースで煙たくも哀愁たっぷりに澄み切った声で歌い上げる「The Faith of a Child」も優しくて涙が滲みますね。そして本作の最大のハイライトはきっと「Sunflower」でしょうね、あのSwizz Beatzとの共同制作でDrakeが客演参加しているのですから(刺激的)。いかにもSwizz Beatzらしい細かく緻密に構築されたシンセが眩い程の陽光を発射させるトロピカルテイストのRockチューンで、Drakeのしんなりと柔らかくへばり突く滑走ラップも華やかで素敵ですね。ピアノ鍵盤の静かでドラマチックなメロディに胸を打たれる「Dream」、すーっと透明感のあるLenny Kravitzのファルセットと共に気持ち良く天に召されてしまいそうなゴスペル風の一曲です(沁)。最後を飾るのはLenny Kravitzから皆への熱い応援歌「Push」、“頑張ってみよう、道が見えてくるように、頑張ってみよう、家が見つかるまでは♪”というLenny Kravitzの真摯な言葉に感動してしまいます(感涙)。国内盤にはこれらに加えボーナス曲「Love Casino」も収録、これがもう有無を言わせない灼熱業火の骨太Rockチューンで、聴かないのは損なぐらいにカッコイイです(気絶)。

男ならこういう音楽を聴きたい日がある、強くも弱くもひたすらなのが男の美学だと、僕はLenny Kravitzを聴くといつも想い感動してしまいます(意味不明)。ロックでありながらもソウル音楽なのがLenny Kravitzの魅力、やはりルーツが根付いているのでしょうね(不思議)。とにかく僕は晴れた日のドライブにカーステレオで流す事が多いです、かなりお似合いで気分が一気に高揚しますよ(薦)。Jay-Z曲は今回は不発気味ではありますが、Drake曲はなかなか面白かったので、Hip Hop好きにもすんなりお薦め出来る一枚です。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment