RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Urban Mystic「Ghetto Revelations」
um-grc.jpg


まだ弱冠19歳という若き男性シンガーUrban Mysticのデビューアルバム『Ghetto Revelations』を御紹介。このジャケットからして厳ついオッサンのHip Hopアルバムかと思いきや、そんな若者のR&Bアルバムだとは、当時驚きましたよね(笑)。しかも19歳にありそうなスムーズで甘い歌声かと思いきや、まるでK-Ciの様な男っぽい骨太な灼熱ボイスなんだから二度驚き。
そんな驚きの連続な内容をふわりと……まずはあのKay Gee製作のまったりスロウ「Long Ways」で幕開け、これがまた泥臭くて真っ黒なトラックでUrban Mysticの灼熱ボイスにより熱を帯びさせてグッド、Kay Gee流石の仕事っぷりで御座います。そのKay Geeが引き続き製作の「Where Were You」もめっちゃソウルフルで素敵、George Duke「Capricorn」使いのトラックはちょっぴり角砂糖多めの珈琲のようにほろ苦い感じでたまらなく美味。The Marxmen製作の「Givin' It Up」も熱っぽい古きソウルを彷彿とさせるトラックで良い、Urban Mysticの灼熱ボイスで火照らされるんですがクールなんですよねぇ(感心)。あの名人El DeBargeが製作担当のレイドバックした(ちょっぴり南国風味の)トラックが一息吐かせてくれる「Mystic's Spot」、う~ん良い。続くThe Beat Boyz製作のCurtis Mayfield「Never Stop Loving Me」使いの早回し曲「Satisfy」なんか、完璧に僕の胸ど真ん中を撃ち抜くキラキラキラーチューンで文句無し、ここでのUrban Mysticの微熱程度の歌いっぷりもツボ、途中で挟む女性MC(詳細不明)の涼しげラップも絶妙なエッセンス。Jer-ZとClayなるSo So Def所属の製作チームが製作の「F*ck Song」もしっとり美しいバラードで言う事無し、こういうまどろむスロウ曲もしっかり甘く切なく歌い上げるUrban Mysticの実力には脱帽。“わっわっわ♪”なる音に耳を奪われる完全Hip Hopトラックに身を任せる「Watch Out」はRedd製作、ここではUrban MysticがNellyみたく早口メロディアスなラップ歌唱を披露、途中で入るTLCっぽい宇宙交信声もナイスなスパイスです。Act 1「Friends Or Lovers」使いのシリアスさ混じるアナログ曲「Ahh Yeah」はJer-ZとClayのコンビが製作、彼らなかなか良い仕事しますねぇ~(警戒)。The MarxmenがWillie Hucth「Brother's Gonna Work It Out」をサンプリングした大人な清涼感漂う「In Da Ghetto」も、懐かしさに思わず咽び泣きそうになる程、古き良きソウルがぎっしり詰まった良~い曲なんですよ(染)。Reginald Flowers製作のエッジの効いたミッド曲「Woman Gotta Have It」も素晴らしい、独特のグルーヴで叩きつけるビートに合わせて思わず頭でリズム取ってしまう。The Beat BoyzがCharles Earland「Shining Bright」をサンプリングした可愛くも爽やかな「Hit Me」なんかもツボ、Urban Mysticの灼熱ボイスを中和してくれていて絶妙なバランス、海に出掛ける時に聴きたいですね。「Gotta Get U Home」The Marxmen製作の現行R&Bトラック、まるでレコード聴いてた気分だったからいきなり現代に戻ります(帰還)。Urban Mysticの歌声に導かれぐいぐいとバウンスしてしまう「Shopping Spree」(Redd製作)も、男性R&B定番の哀愁漂う母親賛歌「Mama」(B.WilliamsとRedd製作)も、最後まで完璧な仕上がりで幕を閉じます。

このアルバムは素晴らしいですね、黒いソウルがギラギラと眩しいぐらいに輝いています。系統的には細く甘い高音ボイスの男性R&Bシンガーが好きな僕ですが、K-Ci & JoJoやJahiemも好きですし、このUrban Mysticの灼熱ボイスも断然アリで御座います(御馳走)。こういうR&Bもないとすまらないですよね、伝統芸能を大切にしなくては。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment