RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Brian McKnight「Just Me」
1313662304_brian-mcknight-just-me-2011.jpeg

世界屈指のバラード紳士として今なお現役のシンガーソングライター、Brian McKnightの通算十一作目『Just Me』を御紹介。そのズバ抜けたソングライティング能力と歌唱力、そして円熟味の増したセクシーさを誇るBrian McKnight。ラジオや番組のホストを務める程、語り口もスマート(らしい)Brian McKnightは僕も憧れの存在。ここ最近は特大ヒットという曲こそ無いかもしれませんが、アルバムとしては非常に素晴らしいクオリティを一定に維持し続ける辺り、やはりBrian McKnightの凄さを体感します(尊敬)。インディレーベルの印象が強いE1からの二作目、これだけずっとコンスタントにリリースを重ねる辺りにも、Brian McKnightに対する業界の信頼の厚さが伺えますね。ちなみに私Queenは、Brian McKnight(以降はBMと省略)の全作品(ベスト盤を含め)を所持している程のファンであります(挨拶)。
それでは簡単ですが中身に触れたいなと・・・・・・まず本作を紐解く上で先に述べるべきは製作陣、全曲の制作をC.A.T.Sが担当しています。これはBrian McKnight、そして息子のBJ(Brian McKnight Jr.)とNiko McKnightによる共同制作チームの名前の様です。幕開けを飾る「Temptation」ではそのBrian McKnight Jr.が客演参加、乾いた涼しげなビートを紡ぐパーカッションに夜風の様なヒンヤリ感を纏ったピアノ鍵盤の気品ある音色。その上をそっと指先で撫でる様なBMのスムーズなヴォーカルはやはり最高級品、少し抑えめにそっと囁く様な歌い方がたまらない。そして本作からの先行曲となったのが「Fall 5.0」で、キラキラと輝き点滅するエレクトロな風合いに、現行R&Bの鋳型ともいえるリフレインするフックが印象的な爽やかなミッドチューン。最初聴いた時はあまりピンと来なかったのですが、この華やかに色めき展開する万華鏡みたいなシンセ使いが、すごく繊細だし滑らかでBMにとても似合ってる、オシャレ感が抜群の清涼感にウットリしてしまいますね。完璧なまでのオールドソウル回帰に成功した「One Mo Time」も素晴らしい、サザンソウルというかこの温もりたっぷりのブルージーなバラードは、壊れかけのハートのひび割れにじーんと沁みて熱いものが込み上げます(感涙)。ぽろぽろと奏でられるピアノや弦などの生演奏感の強いアコースティックな弾き語り曲は、ここ最近のR&Bに顕著な50~60年代ソウルへのオマージュそのもの(懐古趣味)。“立ち去る前に、愛させて、もう一度だけ♪”とゆっくりと穏やかに、でもまるでしがみつく様な熱っぽいヴォーカルで謳うBMに思わずほろりとくる、レコードソウルで御座います(聴浸)。冒頭の跳ねる様な眩しいシンセにThe Neptunesっぽさを感じる「Gimme Yo Love」も、そのピカピカなシンセの煌めきこそ現代風ながら、そのまったりと柔らかなメロディの進行やコーラスの重ね方はやはり昔のソウルを思わせる味わい。ふわっと軽やかで野風が吹き抜ける様なこのミント味のミッド、どことなくStevie Wonderなんかを思わせるトラックかな。そして本作でも異色なエレキギターの激しく切り裂く様な冷たいメロディが荒ぶる「Husband 2.0」、“俺はどうすればいい、君の旦那に遭った時♪”と不倫を題材にした曲という事で、この前後の見境無しに打ちのめす様なBrian McKnightのヴォーカルも納得。このトラックは極めてロック調ながら、そのアプローチにどこかMichael Jackson的なニュアンスを感じる一曲。プアプアと丸みを帯びたカラフルな電子音が浮かんでは弾ける「Without You」もStevie Wonder風の穏やかなミッド、浮かれてしまいそうな程に軽い羽毛シンセがとても純朴でキュート、後半のBMのハミングもそれだけで聴き手のハートがキュンキュンするドリーミーさを体現しています。電子鍵盤の滑らかなメロディがしっとりと美しい「Just Lemme Know」、彼と自分の間で揺れる女性に“どうしたいのか教えてよ、彼を取るのか僕を取るのか♪”と迫る(しかし極めて紳士的なのがBM流なのである)シーンは想像できないスッキリと気品溢れるミッドに(溺愛)。「End And Beginning With You」もやはりオルガンっぽいボンヤリと膨らんだ電子鍵盤音を連ねた、柔和で優しく温かな愛に包まれたドリーミーなラヴソングで安心し切って聴けてしまいます(安息)。「Careless Whisper」はWham!(とはいえ実際はGeorge Michaelのソロ曲)のカバー、ピアノ一本でしっとりと悩ましく官能的に身を捩らせて聴かすBMのシルキーなヴォーカルがとてつもなくセクシーな正統派Jazz曲で御座います(絶品)。最後を飾るのは表題曲となるゴスペル風の壮麗な純潔バラード「Just Me」、“君が望む様な男ではないかもしれない、でも、これが俺なんだ♪”と、ただ切々と、でも真っ直ぐ見詰める様な痛々しさで、自分の弱さを素直に吐露する姿に男なら涙を浮かべて同調してしまう筈(少なくと僕はそう)。こういう弱さをも曝け出して、それでも愛するひとが受け入れてくれたなら、この世界はきっと幸せで埋め尽くされる気がします(涙)。愛とは強いものだけど、弱さを知るから強いのだし、弱いからこそ守りたい気持ちだと思います(意味不明)。とにかくこのエンディング曲は澄み切ったメロディと歌声が見事なまでに美しい、結婚式なんかで花婿が花嫁に歌う(もしくは共に腰に手を回しダンスする)なんてのも素敵な珠玉のバラードです(絶賛)。そして国内盤にはボーナス曲として「Fall 5.0(Alternate Version)」 が収録されていますが、こちらは原曲との違いが分からないのでスルーで結構です。
しかし国内盤にはもう一つ大きな特典があり、それが本作の最大のセールスポイントにさえなりそうな凄さなのです。それは2011年にL.A.で行われたワンマンライヴの音源を纏めたライヴアルバムが付属しているのです(絶叫)。ここではBMの一人弾き語りで様々なアレンジを加えながら、その時の息遣いまでがひしひしと伝わってくる大満足のエンターテインメントアルバムとなっております(垂涎)。観客との掛け合い(時に悲鳴、時に笑い声)もバッチリ収録されており、もう臨場感たっぷりで映像無しでも充分に楽しめてしまいます。しかも全30曲で計78分ものボリュームですよ、僕は夜中に部屋を真っ暗にしてライブ会場に居るつもりでじっくり聴き惚れています(阿呆)。BMのヒット曲(それでもほんの一部だ)を演奏しているのは勿論だが、そんな中で映画『Rocky』のテーマを弾いたり、Nat King Cole「Unforgettable」やStevie Wonder「Overjoyed」、はたまたMichael Jackson「Rock With You」までカバーするサービス精神フル回転な演出もたまらない(卒倒寸前)。僕的には24曲目からの「I Miss You」から最後「Shoulda, Woulda, Coulda」までの流れはたまらない、涙を零さずには聴けない珠玉の名バラードの連続に腰が砕けてしまいます(昇天確実)。しかも素晴らしいのは、このライヴの全模様がきちんと対訳されているのですよ(拍手喝采)、英語の分からない僕には本当に嬉しい心遣いです。

そうですね、勿論水準は高いのですが、Brian McKnightの作品としては少し物足らない気がしないでもないです。全十曲とコンパクトなのも理由かもしれませんが、それでもやはりもっとBM色の濃い綺麗なバラードを欲してしまいますね(我侭)。当初よりそのコンセプトを“これまで影響を受けて来た往年のソウル音楽への回帰を図る”と語っていたBrian McKnight、先行曲「Fall 5.0」を聴いた時は少し首を傾げましたが、アルバムを聴けば成程その試みはされている様です。ただもう少し濃厚にソウル寄りしても、振り幅が大きくなって面白かったかもしれません。購入当初は正直、特典であるライヴアルバムの方ばかり聴いていましたが(笑)、本盤の方も最近はよく聴いていてやはり素敵です。最後の一曲「Just Me」だけでもすごく聴く価値がありますし、やはりBrian McKnightは唯一無二のシンガーソングライターなんだなと痛感してしまいます(胸熱)。購入するならば絶対に国内盤にすべきです、これは絶対ですよ(念押)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment