RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽全般  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

好きな男性シンガーTop10
今日はいつもの音楽記事から少し離れて“好きな男性シンガーTop10”と題して記事を書きます。
こういうのをずっと以前から書きたくて度々試みてはいたのですが、いざ順位をつけるとなるとこれがなかなか難しく、実現できないままでいたのが実情でした。でも今日はお休みで時間があったんで、自分なりにじっくりと考えながら、吟味しながら、こういう結果と相成りました。

“好きな男性シンガーTop10”

singer-bm.jpg

第一位 Brian McKnight
作詞、作曲は勿論のこと、楽器演奏まですべて自分でこなすマルチな男。彼の作るその繊細で情感に満ちたトラックも大好きですし、ちょっと女々しい感じもしたりする失恋ソングなんかは白眉、彼の曲を聴くととにかく涙が零れそうになるから不思議です。彼こそが真のシンガーソングライターであると断言できます、“バラードの天才”は彼です。
Brian McKnight「Shoulda, Woulda, Coulda」PVを視聴

singer-jt.jpg

第二位 Justin Timberlake
'NSYNC時代からずっと好きでしたが、ここまでのアーティストになろうとは(驚)。彼も自分でソングライティングをこなしまして、Justin Timberlakeの書く詞のどこか神経質でガラス細工の様な世界観が好きです。あとはやはり彼のあのMichael Jackson流儀のファルセット、あれで毎回と卒倒させられます。彼の創る音楽はどこか芸術的でセンシティブ、踊りも最高です。
Justin Timberlake 「Cry Me A River」PVを視聴

singer-us.jpg

第三位 Usher
10代の頃からアイドルシンガーとして活躍してきたUsher、今なおその魅力は健在、いや更に磨きがかかってより魅力を増しています。踊っているUsherも格好良いんで好きですが、僕はUsherの歌うバラードがかなり好きですねぇ(惚)。Usherの声って顔に似てとても優しいんですよね、まったく角がないというか、シャウトしてもどこか柔らかいんです。けして二枚目でない顔も憎めないUsher、これからも良質なR&Bを提供して頂きたいです。
Usher「Moving Mountains」PVを視聴

singer-om.jpg

第四位 Omarion
ボーイズグループ“B2K”のフロントマンだったOmarionがこんなにも上位に喰い込むのは僕ぐらいではないでしょうか、僕はかなりOmarionが好きです。踊りも凄く上手くて素晴らしいんですが、僕は何よりOmarionのあの歌声がかなり好き、Omarionの声質って結構独特じゃありませんか。ちょっと鼻にかかったあの声で甘酸っぱい曲を歌われると痺れるんですよ、ああいう歌声に僕もありたいですね。
Omarion「O」PVを視聴

singer-bv.jpg

第五位 Bobby Valentino
ボーイズグループである“Mista”に所属していた経歴を持つBobby Valentino、ここ最近の僕の中でのお気に入りシンガーの一人です。デビューアルバム『Bobby Valentino』はその正統派っぷりにちょっとそのまま直球過ぎる印象こそ受けたんですが、続く『Special Occasion』に完全にヤラレましたね。歌声もまた細いでもなく太くもない、甲高い訳でもないけれど胸を締め付ける甘酸っぱさが丁度良いんです。これからに期待したいシンガーの一人です。
Bobby Valentino「Turn The Page」PVを視聴

singer-ts.jpg

第六位 Trey Songz
『I Gotta Make It』で彗星の如く現れたのがこのTrey Songz、彼もまた最初の印象はそんなに無かったんですよねぇ。でも続く『Trey Day』での実験的な試みがアグレッシヴで良かった、また違った側面を魅せつけたという点では、今聴いているとかなり群を抜いているなと感じます。そんな事実を裏付けるかのように今のTrey Songzは客演をかなりこなしていて、なかなかイイ仕事してますもんねぇ。彼はその進化具合が未知数な気がして、そんな期待も込めてこのランクインとなりました。
Trey Songz「Can't Help But Wait」PVを視聴

singer-rk.jpg

第七位 R.Kelly
Sexソングを歌わせたら誰も敵わないのがこの帝王R.Kelly、しっかし良い曲書くし良い歌声してていつも聴き惚れてしまうんですよねぇ(溺愛)。もっと上位にランクインしてもおかしくないんですが、あまりに私生活でスキャンダルが多いのでそれが難点だったんで(苦笑)。でも彼が生み出したものはどれも古き良き音楽を踏襲しながらも先進的、誰にも真似できないセンスでいつも圧倒してくれます。いまだに晴れた日のドライブには『Happy People』を掛けています。
R.Kelly「Bump N' Grind」PVを視聴

singer-mxwl.jpg

第八位 Maxwell
“New Classical Soul”を牽引したシンガーMaxwell、D'AngeloやEric BenetやTony Richなども勿論素晴らしいですが(そして順当にいけばD'Angeloを選ぶべき)、僕はなんだかんだでMaxwellを好んで聴いていたりします。こういう音楽って彼じゃないともう聴けないんですよねぇ、これからこういうどっぷりディープな黒いR&Bって消えてゆくのかな……ってそんな筈はありません、今も脈々と受け継がれていますもんね(安心)。とにかくその繊細で芸術的なファルセット駆使で昇天します、大好きなシンガーですね(溜息)。
Maxwell「Get To Know Ya」PVを視聴

singer-cb.jpg

第九位 Chris Brown
“Next King Of Pop”と言われ、もはやKingの貫禄さえあるChris Brown君。Chris Brownももっと上位ランクインでもおかしくないんです、なんだかんだでかなり聴いてしまっている自分がいますから。でも天邪鬼なんです、皆が絶賛するとケチつけたくなります(反骨精神)。しかし最近は『Exclusive』が車でガンガン流れています、最初は期待していただけにちょっと肩透かしな気分だったんです。がしかし最近長く運転した時に何気なくこの『Exclusive』を通して聴いてたら、嵌りました。確かにあまりに鉄板な作りなのが鼻につきますが、彼の切ないハイヴォイスには完敗です(結局)。踊りも上手いしねぇ、これで皆が好きでなければもっと好きなんですが(笑)。
Chris Brown「Gimme That(Remix) feat, Lil Wayne」PVを視聴

singer-bb.jpg

第十位 Babyface
美曲バラードを書かせたら右に出る者はいないBabyface、その楽曲製作能力は勿論ですが、僕はBabyfaceのあの甘くまったりとしたミルキーヴォイスが好きなんですよ(惚)。彼の作る曲だけでも最高に溶けるのにあの優しい歌声が乗ったら……あぁなんて心地良いんだ(溺)。Babyface反対派も中にはいるみたいですが、僕は彼の歌声聴くと安心します。これからも沢山の美曲を提供して頂きたいし、自身でも歌って頂きたいです。
Babyface「There She Goes feat, Pharrell williams」PVを視聴

singer-mj.jpg

※殿堂入り※ Michael Jackson
もはやランキングに入れる事さえ不可能、不動の殿堂入りとして書かせて頂きました。永遠の“King Of Pop”であるMichael Jackson、これだけのシンガーはこれから先の音楽世界に出現しないのではないかと思います。その独特の呼吸を交えた凄まじい歌唱力、奇抜にも感じる程のダンスセンス、メロディメイカーとしても多くの素晴らしい楽曲を残しています(栄冠)。Michael Jacksonの影響を受けていないシンガーなんていないのではないでしょうか、彼はもう唯一無二の“The One”な訳です。彼の昔の楽曲は今聴き返しても全く色褪せずに斬新でクールでカッコイイ、あのシャープで繊細な歌声には心を突き動かされます。僕が生きている間にもう一度、MJのオリジナルアルバムで出逢えたなら最高だろうなぁ(待望)。
Michael Jackson「You Rock My World」PVを視聴


とまぁこの様な結果になりました、とはいってもそれぞれに素晴らしさがあって僅差も僅差の競り合いで最後まで色々と決めかねたんですよねぇ。ランクインしなかったシンガーも皆が紙一重、JoeにMusiq SoulchildにJaheimにNe-YoにMarques Houstonに……誰がランクインしてもおかしくなかったんですが、この十人を今回は選出させて頂きました。今度は懲りずに“好きな女性シンガーTop10”に“好きな男性Top10”なんかもやりたいなぁ。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment