RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rihanna「Good Girl Gone Bad」
rihanna-ggbgcovs.jpg


Def Jamの姫君ことRihannaの通算三作目『Good Girl Gone Bad』を御紹介。しっかしDef Jamの(社長Jay-Zの)Rihannaへの力の入れ様は凄まじいですねぇ(口開)、デビューしてそんな間もないってのにもう三枚目のアルバムをドロップしている訳ですから。しかしそんな世間とは裏腹に個人的にはそんな大好きって訳でもないRihanna姫、なので本作もしれ~っとスルーするかなぁと個人的に踏んでいました(笑)。がしかし、我らがJay-Zが参加ってのも手伝って気付けば購入、バッサリと髪を切ってまた一段と大人っぽくなったRihannaジャケに惹かれたってのも購入理由の一つ。では外見だけでなく音楽面でもまた一段と成長したのでしょうか。
まず結論から言ってしまいますと……完全にまたレベルアップしています(驚)。まずは先行シングルとなったヒット曲「Umbrella」で幕開け、王様Jay-Zも参加した超強力な一撃曲。製作を担当したのはあのC. "Tricky" Stewart(ソングライティングをThe-Dream)、シンセを駆使したどこかクールで潤いをふくんだこのトラックがなんともRihannaっぽくて壮絶な素晴らしさ(絶賛)。またJay-ZがめっちゃカッコイイRain Manラップを余裕たっぷりに披露、最近のJiggaは冒頭ラップが多いんですがこれもまた妙技ですね。「Push Up On Me」はJonathan "J.R." Rotemが製作を担当、これもまたピュンピュン電子音が交錯する疾走系のトラック。ここでのRihannaの乗りこなしもなかなかのもの、上手いですね。「Don't Stop The Music」はもう完全なクラブっぽいノリのダンスチューン、製作は以外にもあのStarGateが担当で驚き。Michael Jackson「Wanna Be Startin' Somethin」を下敷きにした楽曲は彼らの引き出しの多さを実証、同時にこのアルバムの守備幅を広げている一曲。「Breakin' Dishes」もC. "Tricky" Stewartが製作を担当、どこかロキッシュな悪っぽい歌い回しが面白い一曲。と思ったら完全にロックしちゃっている「Shut Up And Drive」が登場、製作はRihanna作品に欠かせないEvan RogersとCarl Sturkenが担当。これは……どうなんですか、面白いと取るべきなのかな、僕は結構スキップしてしまう一曲かも(現時点)。続く「Hate That I Love You」は本作で間違いなく鍵となる一曲、レーベルメイトであるNe-Yoとのデュエット曲。勿論製作をStarGateが担当し作詞をNe-Yoが手掛けています、ギター奏でる甘酸っぱく切ない清涼曲に、RihannaとNe-Yoの息の合った歌声がたまらない好楽曲(最高)。また歌詞が素晴らしく良いんですよ(いーよNe-Yo)、全てを楽しめる素敵バラードです。どこか遊園地の様な夢見心地なトラック⑦「Say It」はNeo Da Matrixが製作を担当、可愛いの一言に尽きる一曲。「Sell Me Candy」は奇才Timbalandが製作を担当したやはり中毒性の高~い一曲、その痛快ぶりは健在だし裏で鳴るヒューマンビートボックスも合いの手も全てが計算し尽されています(天才)。続く「Lemme Get That」もTimblandが製作を担当、ここでは打って変わってRihannaの為かRaggaeテイストな一曲を提供。Timbalandっぽさは勿論ですが、どことな~くDallas Austinっぽさを感じたのは僕だけかな。そして僕が本作で最もお薦めする最高の一曲が「Rehab」、Timbaland製作×Justin Timberlake作詞の間違いない一曲なんです。Justin Timberlake「What Goes Around...」の女性版って感じのこの空気感がたまらない、どことなくRihannaの歌い方もJustin Timberlakeっぽく思える(てかバックボーカルでJustin Timberlake自身も参加)。歌詞もJustin Timberlakeらしくちょっと神経質っぽい失恋ソングでグッド、Justin Timberlakeがそのまま歌っても面白いなぁ(熱望)。「Question Existing」はNe-Yo主宰のレーベルCompound EntertainmentのProducerであるShea Taylorが製作を担当(作詞はNe-Yo)、僕はこのCompound系のトラックの魅力がまだよく掴みきれていません。「Good Girl Gone Bad」はまたまたギターの音とハンドクラップを散りばめたStarGate製作(作詞はNe-Yo)の一曲、どこか哀愁漂うトラックにかなり刺激が強い歌詞、かなりパンチ効いてます(目眩)。この後国内盤には二曲のボーナストラックが収録されていまして、こちらもなかなかの出来です。「Cry」はStarGate製作のどストレートな失恋ソング、涙誘うピアノ戦慄のメロディにドンドコ鳴るスネアの対比が、歌詞の女の子の強がりと寂しさを表しているみたいで切ない。「Haunted」はEvan RogersとCarl Sturkenが製作を担当したこれまた悲愛ソング、最後の最後までこんな暗く悲しい歌が続くと寂しさが込み上げますよねぇ(涙)、でもRihannaの歌声に自然に堕ちてゆける締めくくりで良いかと思います。

ハッキリ言ってJay-Z参加の「Umbrella」狙い撃ちだったんでそんな期待してはいなかったんですが、これはかなりヤラレましたね(撃沈)。ゲスト参加であまり良い仕事っぷりが無い(気がする)Ne-Yoもかなり上手く機能していたし、Timbaland×Justin Timberlakeの世界観はもうドップリ溺れてしまって抜け出せない状態です(浸)。Rihanna、またまた急成長でかなりの注目株になっちゃいました、今後の活躍から目が離せないシンガーで御座います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment