RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ace Hood「Blood Sweat & Tears [Deluxe Edition]」
Ace-Hood-Blood-Sweat-And-Tear-Deluxe-Edition-Free-Hip-Hop-Downloads.png

DJ Khalilのバックアップを受けデビュー、あのXXL誌の人気企画“10 Fereshman”の09年版でも選出されたAce Hoodの通算三作目となる『Blood Sweat & Tears』を御紹介。三作目ながらもAce Hood作品を購入したのはこれが初、大手Def Jam発ですし若手の中でも動きが活発でしたし、当然と存在は知っていたのですが。本作はあのJay-Z & Kanye West『Watch The Throne』とほぼ同日発売(たしか一日違い、しかも同じDef Jam配給)という憂き目に遭うも(いや、これは一緒に手に取らせる為のDef Jamの良策か)、無事に安定したペースで作品をドロップ出来ている辺りは凄いですね(感心)。
それでは簡単にですがサラリと内容に触れますね・・・・・・まずはあのT-Painを客演に招いた「King Of The Streets」でド派手に幕開け、制作はYoung Fyreが担当。ビガビガと眩しく金属光りする電子鍵盤音の波撃ちがたまらなくウェービーで好き。とにかく姿勢を低く構えて前のめりでラップぶつけるAce Hoodは気合い充分、T-Painの相変わらずなロボット声も炸裂して滑り出し順調。いま最も脂が乗っているLexus "Lex Luger" Lewisが制作を担当した「Go N' Get It」も、Lex Lugerらしいシリアスホラー一歩手前な金切りシンセが冷たくなぞるダークチューンで、Ace Hoodの力任せなフックで強引に持ってゆきます。Schife制作の「ErrryThang」ではホットな若手Yo Gottiを召還、音数少なく隙間だらけの、デンジャラスな空気パンパンなバウンスに乗せてジリジリ迫る二人は恐い。そして本作からの先行カットでヒットを記録した「Hustle Hard」、制作は再びLexus "Lex Luger" Lewisが担当。凍えそうな程に冷たく刺す様な電子鍵盤のスリリングなメロディは、捻り無しで単調ながら徐々に毒となって体内を回る浸食ビート。グイグイと力強く捻じ伏せる様に繰り出すAce Hoodの前のめりなラップも興奮するし、あの“はっそ♪はっそ♪はーど♪”のフックも耳に残り易くてグッド。久々のJ.U.S.T.I.C.E. League制作の爽やか浸透チューン「Body 2 Body」、客演には完全復活を遂げたChris Brownが参加。スーンスーンと煌めいては消えてゆく流星形のシンセ音が滑らか且つしなやかでメロウ、そこにChris Brownの甘酸っぱい歌フックがほんのり香るので、R&B好きでもすんなり聴ける好曲となっております。いま僕が最も注目しているといっても過言ではないSonny Digitalが制作を担当した「Memory Lane」が渋くてカッコイイ(痺)、Johnny Bristol「I Wouldn't Change A Thing」を粋にサンプリングした激ソウルフルなメロウチューン(骨抜)。このソウル曲をグルグルとループさせたホーンべったりなトラックも渋くて最高、しかしAce Hoodはこのメロウさをお構い無しに吐き捨てる様なタフなラップで突き進んでいく感じもまた潔くてカッコイイのです。そしてこの曲で良いエッセンスとなっているのが、男性シンガーのKevin Cossomでしょう(断言)。けして上手いという訳でないのですが、そのいなたくて田舎臭い(野暮ったい)まどろんだヴォーカルは不思議な魅力でもう病み付き、このだるだるに揺れるゆったりした歌声で更にこの曲は強化されています。Cardiakが制作を担当した「Letter To My Ex's」もすこぶる素晴らしい仕上がり、少しコスモチックなふんわりと浮遊感あるメロディは、繊細でほんのりミステリアスなピアノ鍵盤によるもの。ちょっとDrake辺りを思わせるサウンドで、(Ace Hoodのラップは一辺倒ながらも)このアルバムのサウンド幅を大きく広げていますね。これまた僕の大好きなProducerであるThe Runnersが制作を担当した「Beautiful」も素敵、ここでまたKevin Cossomが客演参加しております(喜)。もうこれはのどかで華やかなスロウジャムでヘロヘロと乗っかるしかない心地良さ(夢見)、少し力を抜いてレイドバックして聴かせるAce Hoodもナイスですし、Kevin Cossomの相変わらずなトローンと寝ぼけ眼みたいな歌声で更にハイになってしまうこと必至。アコースティックギターを爪弾くシリアスでドラマチックな哀愁スロウ「Lord Knows」はThe Renegadesが制作、すごく情感たっぷりで人間味を感じるトラックが心に響きます。The Lotteryなる人物が制作の「Bitter World」もマイナー調のスロウチューン、ガツガツとぶつかるAce Hoodのラップでも全く違和感なく聴けますね。再びCardiakが制作を担当した「Spoke To My Momma」はお馴染みのママ讃歌、ピアノ旋律のほろほろと降る小雪の様なメロディが優しくて儚くて美しい(溜息)。そして大ヒットの証とも言える増強版「Hustle Hard(Remix)」では、新たにRick RossとLil Wayneという強力な助っ人も一緒にハッスル。これだけ濃い面子にあってもAce Hoodが喰われていなくて良かった、このトラックにお似合い過ぎる人選で新鮮味に欠けるけれど、やはりLil Wayneのあの爬虫類声はヤラれますね(完敗)。とここまでが本編の内容、ここからは豪華盤のみの追加収録曲。まずはサウスっぽいドロドロ重油系のビートを跳ねさせる「Walk It Like I Talk It」、制作はSchifeが担当。引き続きSchifeが制作の「I Know」も、キリキリと金切り音に近いシンセを隙間ガラガラなピーヒャラ音で不穏に巻くダウンビート。「Tear Da Roof Off」はWhite Hotが制作、これはもう想定範囲内のサウスデンジャラスビートで面白さはほぼ無しかな。最後を締め括るのはCardiak制作の「Real Big」、ズンダカズンダカと強打するボコビートが炸裂して、それに乗っかり激突覚悟で疾走するAce Hoodのラップは痛快でなかなかのもの。

ヒットしたシングル「Hustle Hard」はそのまま、アルバム題名にある『血と汗と涙』はリンクしていますね。苦労者な意味でもストリートの過酷さをリンクさせているAce Hood、その攻撃的でアグレシッヴな姿勢に圧倒されながら、結構僕は楽しめました。ただどれも似た様なビートが多くてそこは残念かな、中盤のメロウへの車線変更は上手くて良かったですが。でもAce Hoodの前のめりに突っ込むラップは勢いがあって素直に気持ち良い、追加収録曲はどれも今一歩だったので、通常盤で良いのではないかと思います。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment