RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Game「The R.E.D. Album」
the-red-album.jpeg

L.A.出身にして西海岸の雄として名を馳せる通好みするMC、Gameの通算四作目となる『The R.E.D. Album』を御紹介。まず本作を機にThe GameからGameに変名した様ですね、おなじみの名前ロゴからも“The”が消えている様ですし。本来ならば前作『L.A.X.』で引退すると公言していたGameですが、その後すぐに撤回、まあRapperの引退宣言なんてそんなものなので気に留めていませんでしたが(笑)。とにかくセールスも安定しているし、堅実な人気も誇るGame、強面なルックスもイケているし赤基調のこのジャケットもカッコイイのでグッドです。
それでは内容を簡単にですが紹介しますと・・・・・・まず本作を語る上で重要なのがExecutive Producer、あのPharrell Williamsが担当しているのです(驚)。あまり繋がりそうにない組み合わせですが、これが作風にどう影響するのでしょうか。まずはCool & Dreが制作を担当した「The City」で朧げに幕開け、客演に新進気鋭のKendrick Lamarが参加。Fire Inc「Tonight Is What It Means To Be Young」を下敷きにしたダークでスロウなメロディは危険極まりなく、旋風を起こす様なKendrick Lamarも活き活きしています。DJ Khalilが制作を担当した「Drug Test」では、Snoop DoggとDr.Dreという西海岸の生ける伝説を迎え(加えてSlyも参加)、最高ウェッサイコンボを炸裂させています。バギバギと歪んだ瓦礫シンセがザクザクとカットするエッヂの効いたトラックは最高に乱暴でギャングスタ、初期のGameを思わせる連携で素敵です。Larrance DopsonとChris "Brody" BrownとLa Mar "MARS" Edwardsが共同制作の「Martians vs Goblins」も異色で濃い組み合わせ、Lil WayneとTyler, the Creatorが参戦。ブインブインと低く唸る様な怨霊チックなシンセのダランダランと垂れ下がるサウンドがおどろおどろしい、そこに絡む悪魔っぽいTyler, the Creatorの低く単調なラップと、フックでのLil Wayneの暗闇で牙を剥くコウモリのような悲鳴フックが耳に残ります(狂気)。再びCool & Dreが制作の「Red Nation」もLil Wayneが援護射撃、荒く硬質なドラムパターンに乗り無骨に突き進むGameのカリスマなヴォーカルがやはり男臭くてカッコイイ。そしてLil Wayneみたいな特異な声のフックを配する事で抑揚も効いていて、一捻りあるスパイシーな王道Hip Hop曲となっています。Della Humphrey「Don't Make The Good Girls Go Bad」をサンプリングした「Good Girls Go Bad」はCool & Dre制作曲、客演には人気者のDrakeが参加。こういう拳の効いたシンプルブラックなソウルフル回帰のトラックに乗るDrakeは新鮮で楽しめる、こういう45回転モノな曲は渋くて単純に僕は好き。DJ Khalilが制作の「Ricky」はもうベッタリと濃いホーンのループと、リボルバーのガチャ音の連打だけでGameのクールさとシリアスさを際立てる事に成功した殺伐チューン、そんな中に喧騒とドラマチックさが入り混じっていて最高にホットな仕上がりに。「The Good, The Bad, The Ugly」はHit-Boyが制作を担当、ピリピリとしたシンセの怪しく暗澹とした響きが背筋を凍らす、Gameの淡々と語りかける様な曇ったフロウもやはり魅力的で、シンプルビートなだけに聴き入ってしまう事必至。Streetrunnerが制作を担当した「Heavy Artillery」では、Rick RossとBeanie Sigel(!)という重量級のMCで脇を固めて臨戦態勢で興奮。もはやこの武装集団は最強ではなかろうかと思う程に相性抜群、しかもこのメンバーにBeanie Sigel(Jay-Z経由ではないか)を入れる辺りが憎い、熱くて野太い奴らの塊で直撃必死で御座います。Maestroが制作の「Paramedics」ではYoung Jeezyが援護射撃、どちらもしゃがれた煙たい声が魅力ながらも、ここではJeezyが完全にGameを喰っている気もしないでもない(苦笑)。トラックもどことなくJeezyっぽい物でゆったり間を取るバウンスチューン、後半のGameも勿論カッコイイんですがね。La Mar "MARS" Edwardsが制作の「Speakers On Blast」では西の大御所E-40と、南に大御所Big Boiを配置する贅沢な共演が実現。ピリピリと緊迫した電子音の刺激的な回路末端ビートも面白くでちょっぴりサイバー、所々で無音になり(ビートのみになる)フロウのみが聴こえる作りも耳を惹いて面白い演出。Larrance DopsonとChris "Brody" BrownとLa Mar "MARS" Edwardsが共同制作の「Hello」では、そのナヨ声で完璧な地位を確立した感のあるLloydが参加。マッタリとレイドバックした滑らかなメロディが気持ち良い、ドライビングに最適なメロウチューンでナイス。Gameの焦げ臭いヴォーカルもこう聴くと穏やかでスムーズ、Lloydは相変わらずのホットチョコ声で甘くしなやかに仕上げています。Don CannonとLa Mar "MARS" Edwardsが共同制作の「All The Way Gone」では、MarioとWaleというこれまたベクトルばらばらなコンビネーションを考案。ただトラックはシルキーで高貴な煌びやかスロウで上品なのでMarioが活きています、キャンドル風な淡い光を灯す鍵盤旋律にたっぷりと酔い痴れたい上質な歌モノとなっています(気召)。The Futuristicsが制作の「Pot Of Gold」では、再び人気者となり復活したChris Brownが客演参加。「Rocketship」のギターメロディをそのまま差し込んだフォーキーなメロディが印象的で、そこにハードでざらついた打ビートを埋め込んだのみのシンプル曲。要注目なProducerであるBoi-1daが制作した「All I Know」は好き、燻し銀ソウルな渋さの中にもパッと輝き放つようなドリーミーな美しさと熱感があって、すごく鮮烈で華やかで綺麗です(魅了)。本作の最も注目すべき曲が「Born In The Trap」でしょう、あのDJ Premierが制作を担当しているのです。いかにもPrimoらしいピアノフレーズを主張した独特カットループが優雅に舞い踊る様なバウンスを生み出す感触は圧巻、“Gameはこういう硬派で一本気なトラックのみでやった方が良い”と痛感する程に相性は良いです。「Mama Knows」はやっとPharrell Williamsが制作を担当(The Neptunesではない事に驚いた)、しかも客演にはNelly Furtadoなのだから驚きだ。ここでのPharrell Williamsの音は完全にいつもと違う(驚愕)、確かにピアノ鍵盤の奏でるアンニュイなメロディラインはPharrellのそれだけど、ホーンも溶け合わせたJazzyな音色はどこかJ.Dillaを(というかThe Ummahを)彷彿とさせるオシャレでスムージーな感触なのだ。これには正直驚いた、これを聴いてあのPharrell制作だと思う人は少ないのではなかろうか、でもGameの煙たく燻された声にもピッタリだし、Nelly Furtadoのコケティッシュな歌声も綺麗にハマっています。最後を締め括るのはLa Mar "MARS" Edwards制作の「California Dream」、ほんのりレトロで和やかなメロウ曲でゆっくりと落ち着いて聴かせてくれますね。

蓋を開ければPharrell Williams関与は一曲のみ、という訳で毎度のGame作品とそこまで変わりませんでしたね。ちなみに本作はあのJay-Z & Kanye West『Watch The Throne』を押さえて、Billboard Album Chartにて初登場No.1を獲得した模様。やはりGameは人気があるのだなと実感したのですが、かく言う僕はそこまでGameには興奮しないのが実状でして。けして嫌いではないです、全作持っています、しかし世間の熱とは比例していません(天邪鬼)。多用し過ぎるネームドロップと客演がもっと減れば好きになるかもしれません、いやそれでも今と同じかな。何度も言いますが嫌いではありません、ただRick Rossと同じくMC本人よりもサウンドプロダクションが好きなMC
に分類されます(個人的意見)。それでも本作はゲスト少なめかな、前作『L.A.X.』みたくシンガー起用曲が少なかったのは残念、かな。でも要チェックなのは確かですね、なんか文句が多くてすみません(陳謝)。
スポンサーサイト



Comments

おひさしぶりです
お久しぶりです!僕はGameのことはすごく好きですよ。
最近ではめずらしい硬派なスタイルと孤高さはかっこいいもんでw

僕もRocqueenさんと同じくGameには客演は少ない方がいいです。フックにシンガーも不要かと。とにかくGameの存在感抜群ラップが聴きたいので(笑)

Gameファンって言っても僕まだこれ持ってないんです(泣)
Amazonで出品以外の輸入版が見つからない物で...
自分的には2ndが最高傑作だと思ってるのでそれを超えているかどうか気になります!
ご無沙汰しています、お忙しそうで、寂しいばかりですよー。
そうですよね、iritamagoさんはGame好きですよね。
どことなく声質とかも、Nasに通じるものがあると思うんですが、それは僕だけでしょうか?
僕は前作での通なシンガー勢揃いに興奮しました、Gameも勿論カッコ良かったですけどね(ちなみに年間Top10にもランクイン)!
果たしてお気に入りの2ndを超えているのか、iritamagoさんの感想が気になるばかりなので、早く購入して下さいね(笑)!

Leave a Comment