RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
54位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

T-Pain「Epiphany」
tpain-epiphanys.jpg


最近は客演に引っ張りだこなT-Painの待望の通算二作目『Epiphany』を御紹介。まさかまさかの大躍進と言いますか、前作もかなりロングヒットしていましたしそりゃヒットするとは思っていましたが、まさかここまでとは(驚愕)。今じゃ親分Akonをも脅かすほどの大活躍、なかなかの客演数でしょう。前作もなかなか好きだったので本作『Epiphany』も勢いで購入、シンプルなこのジャケも結構好きです。
それではなんとなくで中身の方にも触れたいと思います……まだそんな聴き込めてない感もありますが。まず本作を語る上で鍵となるのが、T-Painが使い分ける三人のキャラクターの存在、最初は皆無名の新人かと思ったらすべてT-Pianでした(笑)。その三人とはTeddy Pain、Teddy Verseti、Teddy Penderazdounの三人で御座います(覚)。まずはTeddy Versetiが客演(?)の「Church」、ドンチャカズカチャカ突き進むこのトラック(とT-Pianの早口ラップ)はどこかCee-Loを彷彿とさせます。「Tipsy」は早速T-Painの専売特許と化したゆらめくボコーダー使いの一曲、シンプルで抑え目なビートなのでT-Painの歌声がより際立っています。「Show U How」はTeddy PainとTeddy Penderazdounが参加、ここでもまるでCee-Loの様な早口メロウラップで畳み掛けます。「Suicide」はこれまたどこか浮いた一曲、ちょっと民族音楽っぽい(ラテンっぽい)ノリの一曲でT-Painも新しい歌唱法で聴かせます。「Bartender」は本作でも僕は一番好きなT-Pianらしい一曲、客演に親分Akonを招いてメロウでとろける極上セクシーを提供。僕は素直にT-Painにはこういう楽曲を望んでいるんです、Akonの味も充分に活かされていて素敵、これぞT-Painといったところではないでしょうか(最高)。「Backseat Action」なんかも素敵、ちょっぴりTimbland趣味な歪んだ音にボコーダーで曲げられた歌声が妖しく絡みます。ここで初めて外部からのゲストでShawnnaが参加、この二人の接点が見えませんが上手く絡んでます。「Put It Down」ではTeddy PenderazdounとTeddy Versetiに加えてRayなる人物がゲスト参加、T-PainのTwsitaみたいなラップは……味があるのかな。「Time Machine」は穏やかでしっとりしたギターメロディが心地良いあったかい一曲、フック部分での転調も功を奏して軽くステップ踏みたくなる一曲。 Tay Dizmなる人物をゲストに迎えた「Yo Stomach」も綺麗なメロディで僕の好物。「Buy U A Drank(Shawty Snappin')」は本作からの先行シングル、Bad Boy SouthのYung Jocがゲスト参加したちょっぴり南部の香り漂う一曲。僕は正直この曲にはそんな惹かれませんでした、Yung Jocもそんな好きというまでいかなくて現状購入していないまんまなんで。それでも隙間ありなトラックとスナップ音、それとYung Jocの低音で這うラップがカッチリ嵌った好楽曲。「Shottas」はKardinal OffishallとChamをゲストに迎えた完全なRaggae曲、だから僕はちょっと避け気味で御座います(笑)。ぽろぽろ鳴るギターが僕の胸を締め付ける哀愁帯びた「Right Hand」なんか好きだなぁ、T-Painのボコった歌声もキュィ~ンと切なくてど真ん中。「Sounds Bad」ではピアノ旋律を主にした弾き語りっぽい一曲、R&B曲のお決まりと化したハンドクラップを散りばめ爽快に歌い上げる青空曲。

う~ん……良かったのは良かったけれど、ちょっと冒険し過ぎたんではないかなぁと。僕はもうちょっとストレートにR&Bライクな曲を多くやって欲しかった、Teddy Pain、Teddy Verseti、Teddy Penderazdounを使い分ける必要(面白さ)があったのかが疑問となるところ。僕は輸入盤所持なので歌詞対訳読んだらまた違った見え方するんでしょうが、正直ピンと来なかったかも。それでも全曲をT-Pain自身が製作しているっていうのは凄い才能ですし、これからも新しい事に挑戦すべきアーティストなのかもしれませんね(期待)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment