RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chante Moore「Exposed」
cmexc.jpg


僕的には綺麗で歌の上手な才色兼備な女性シンガーって印象の強いChante Mooreの『Exposed』を御紹介。Chante MooreといえばあのKenny Lattimoreの奥方でもありますよね、僕は彼女のこの作品一枚しがまだ所持していないんですが、結構なベテランシンガーなんですよねぇ、聴きたいんですけどお金がねぇ(苦笑)。
まぁ金欠の愚痴はそのぐらいにして曲目を……まずはJermaine Dupriが製作(Brian-Michael CoxがCo製作)した「Straight Up」で幕開け、程よくキラキラパールを散りばめた可愛いトラックに思わずキュンとする事請け合い、Chante Moore色っぽい歌声もここではちょっと可愛げ。このトラックならば、Jermaine Dupriの鼻声ラップをもっとガッツリ混ぜ込んでくれたら良かったのに~(残念)。続いてはTim & Bobが製作を担当した「Take Care Of Me」、TimとBobがたまに見せるチキチキと猛スピードで駆け抜けるアッパーなトラックに、Da Bratのラップも相俟ってなお格好良い一曲に仕上がっています。「I'm Keepin' You」はKatrina WillisとColin Morrisonの共同制作、ここではChante Mooreの真骨頂(と個人的に思っている)のスローでまったりなバラードに溺れられます。「Go Ahead With All That」では再びJermaine Dupriが製作を担当(Co製作はBrian-Michael Coxが担当)、TLCを彷彿とさせる規則正しいシンセがクール且つ鋭く光る近未来チューンで素敵。古き良き音使いでホッと安心するスロウ曲「Bitter」、製作はLaney Stewartが担当、これはもう一気に90年代初頭にタイムスリップって気分(個人的感想)。「When It Comes To Me」は再びTim & Bobのコンビが製作を担当、ここでも彼らはバラードではなくミッドテンポのナンバーを用意。がしかしこの曲ではちょっぴりキラリとした音も混ざってて、ピュンピュンな電子音と絡まって不思議な魅力を放っているのは確か。「Train Of Thought」は再びLaney Stewart製作曲、ここではちょっぴり吐息のようなChante Mooreの艶っぽい歌声にただただ惹かれて深みに落ちます(快感)。「Better Than Making Love」は待ってましたと言わんばかりの、Jimmy Jam & Terry Lewisによる製作曲、Janet Jackson顔負けの相性の良さで(歌唱力はChante Mooreの圧勝)昇天モノの心地よさ、スーっと広がる清涼感(マイナスイオン)は両者の技あってこそ。「M-a-n」はDonnie Scantzによる製作曲、一口にR&Bとはいえない異国情緒(ボサノヴァチック?)もちょっぴり感じるダンス曲。「You Can't Leave Me」は最近The-Dreamと組んでまた黄金期に入っているC. "Tricky" Stewartによる製作曲、シンセサイザーの魅力を最大限まで活かしながらもおとなしく、あくまでChante Mooreの歌声が妖艶に輝くトラックは流石、やっぱり普通にカッコイイですもんね。「Everything We Want」はJamey Jazによる製作曲、これまでとは一味違う生音っぽい作りが温かい好トラック。最後を飾る「Love's Still Alright」は嬉しい事に再びJimmy Jam & Terry Lewisによる製作曲、ピアノを基調とした王道な作りがChante Mooreにはピッタリ、優しく癒す木漏れ日のような落ち着く一曲に思わず“御馳走様でした”と言いたくなります(感謝)。

やはりChante Mooreは素晴らしいシンガーですねぇ、ついでに言わせて頂ければ旦那様のKenny Lattimoreも素晴らしいシンガーです(拍手)。二人の子供はさぞかし素敵な歌声の持ち主に育つんでしょうね、もう今からそれが楽しみですもんね(笑)。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment