RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
341位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
63位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Timbaland「Timbaland Presents Shock Value」
timbaland-shockcovs.jpg


今また何度目かの黄金期を迎えているTimbalandの通算二作目『Timbaland Presents Shock Value』を御紹介。しっかし今のTimbalandは向かうところ敵無しの状態、同じぐらいの頃に黄金期を創り上げた(そしてその後ちょっぴり失速していた)Swizz BeatzとTimbalandが、今またこうやって熱い音を届けてくれているのは本当に嬉しい事ですよね。Timbalandの音がこれだけ流行っているんだから、もしかしてソロ作なんかも……そう思った矢先に届けられた絶妙タイミングの一枚でした(笑)。
それではふんわりと中身に触れて……当然ですが全曲の製作をTimbaland(Co製作はDanja)が担当しています、念のためにね(笑)。まずは手拍子とピアノ旋律で始まりすぐにTimbaland十八番のチキチキに移行する「Oh Timbaland」で開戦、Nina Simone「Sinnerman」をサンプリングしたティンバ趣味の摩訶不思議曲、ティンバの駆け足低音ラップもイケますなぁ。「Give It To Me」は本作からの先行シングル、Timbalandの音でその地位をまたワンランクアップさせる事に成功したNelly FurtadとJustin Timberlakeが恩返し客演。マーチングバンドの様な太鼓音がドンドコ鳴るトラックに、Nelly Furtadoの高く妖しい歌フックとTimbalandのずっしり重い機械的なラップ、そしてJustin Timberlakeの相変わらずなハイセンス囁き歌声に失神します。ここでは流石Timbalandな二人の使い方、ツボを押さえた起用で御座います。そのままJustin Timberlakeをゲストに迎えた「Release」は生粋のダンスチューン、思わず首振り足を床に打ちつけてしまうこのリズムがたまらない。「Way I Are」はTimbaland趣味なねじれた音の連続に、Keri HilsonとD.O.E.のTimbalandファミリーが参加した一曲。ここで言える事はKeri Hilsonの存在感、彼女の歌声もまたちょっと違った魅力があってグッド、デビューしたら聴きたいシンガーですねぇ。「Bounce」はもうTimbaland得意の口音をあしらった、完全なるTimbaland十八番の侵食トラックで脳みそをやられます(笑)。ゲストにはDr.Dre(!)にMissy Elliott、そしてJustin Timberlakeが参加と超強力、特にMissy Elliottは恐ろしいぐらいのはまり具合です(流石)。「Come And Get Me」ではG-Unitより50 CentとTony Yayoがゲスト参加、オペラチックでダークなトラックに50 Centのぼけたラップは最高に映えるんですよねぇ、Tony Yayoはともかくとして(失礼)50 Cent×Timbalandはかなり間違いない化学反応で御座います。「Kill Yourself」はTimbaland作品では御馴染みのSebastianとAttitudeが援護射撃、Danjaが鳴らすピアノ音を配置したちょっぴり綺麗めの音に高くなるハイハット(?)が癖になる一曲。「Boardmeeting」ではもうコンビを解消したかと思っていた相棒Magooがゲスト参加してまたあのねちっこい高音ラップを披露、TimbalandとMagooの相性は本当に抜群、個人的にはMagooのラップ好きなんでこれからも二人でやって欲しいです(希望)。「Scream」では先述のKeri Hilsonに加えてPSDのリードボーカルであるNicole Scherzingerがゲスト参加、Nicole Scherzingerはソロ作も準備中との事。僕はNicole Scherzingerの低く艶っぽい歌声が格好良くて好きなので、出来ればそっち方面の声を聴かせてほしかったかなぁと(惜)。「Miscommunication」ではThe NeptunesがSnoop Dogg「Drop Like It's Hot」で考案した舌打ちビートをTimblandも使用、Keri Hilsonの清涼感ある歌声がここでもかなり活きていてグッドです。「Throw It On Me」ではロックバンドのThe Hivesをゲストに迎えTimbaland流のロックを提示、この曲はかなりロキッシュでHip Hopではないけれど面白くて好きです。そんなTimblandのロック趣味が活きているのは「One And Only」も同様、ここではFallout Boyがゲスト参加しています。このアルバムを角鳥を乗せている時に聴いたんですが(角鳥はロック好きでThe HivesもFallout Boyも知っていた)、この曲はFallout Boyのものと一緒だとか言ってました。「2 Man Show」ではあのElton Johnが製作&ゲストで参加した異色作、ピアノは勿論Elton Johnが演奏しています。これは歌というより曲って感じ、どことなく流して聴いてしまう(でもインパクトはある)一曲。最後はAttitudeとKeri Hilsonをゲストに迎えた「Hello」、この曲の流麗さを浮遊感も癖になるしやっぱりKeri Hilsonが良い味出しているんですよねぇ~、写真見た限りかなり綺麗だし今後に期待がかかります。

純粋にTimbalandのビートを楽しむといったアルバム、Timbalandのラップは一曲通してだとちょっとパンチが弱いかもしれません。それでも僕はTimbalandのラップ(声)は雰囲気バッチリで大好き、だから彼が作った曲なら彼の声が入っていた方が好きです。Aaliyahや初期Missy Elliottの頃の様な奇天烈な深みはないけれど(ちょっぴりポップかなと)、それでも第一線な音が満載なのは確かです。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment