RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
44位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Nelly Furtado「Loose」
nelly-furloosecovs.jpg


Nelly Furtadoの通算3作目となる『Loose』を御紹介。僕は本当に黒人専門で聴いている感じなんで、このNelly Furtadoもきっと購入する事はないかなと思っていました。がしか~し、そんなNelly FurtadoがあのTimbaland様と組むと聴いて俄然気になりまして(笑)。まぁNelly FurtadoはHip Hop畑でもときたま見かけていましたし、そういった点ではあまり抵抗無く聴けたんですよねぇ。
そんなこんなでウダウダと言いながら購入した本作……気になる内容はと言いますとほんのちょっと一聴した親友バッジォがすぐに虜になった強力作となっております。もう殆どすべての楽曲を奇才Timbaland様が手掛けております、そんなTimbaland製作曲から触れますと。ちょっぴりダークなロック風味を身に纏った「Afraid」は幕開けには相応しい、凛と響く音世界をNelly Furtadoの歌声が疾走する様は爽快でなりません。どことなくTimbalandと声が似ているAttitudeがゲスト参加、なかなか癖のあるラップを披露しています。鳴り響くドラムス、ビュイビュイ鳴る電子音、Timbalandの奇声、そしてNelly Furtadoの独特な歌唱法が冴える「Maneater」。Timbalandがゲスト参加しあの低くずっしり響くラップをクールにキメる「Promiscuous」は最高にぶっ跳んでます、歌詞も面白くてNelly Furtadoの不思議面をばっちり取り上げています。民族打楽器の様な音にティンバ趣味の曲がったシンセがねっとり絡みつく「No Hay Igual」は殆どラップ曲、Nelly Furtadoの癖のある歌声が一段と際立つ一曲。「Say It Right」なんかは完全にNelly Furtadoの歌声に導かれて深みにはまる彷徨い曲、この曲の完成度はかなり高い、なんか病みつきになるんですよ、Nelly Furtado×Timbalandの中毒性の高さを実証している一曲。続く「Do It」では打って変わってライトなシンセナンバーであっという間のキラキラ転身、と思ったら最近のTimbaland作品で聴いていなかったティンバのアジアン趣味が覗く「Wait for You」とまた転身。続く最後の「All Good Things(Come to an End)」ではあのColdplayのChris Martinが作詞で参加、治癒力抜群な息吹曲でNelly Furtadoの囁く歌声が澄んでいます(夢想)。さすがTimbalandは引き出しが多いです、この曲なんかとてもチキチキのTimbalandが製作したとは思えない(でもどこか彼らしい癖のある)一曲。というTimbaland節炸裂の耳にこびりつく変てこビートのパレードでした、ここからはTimbaland以外の製作曲を御紹介しておきます。叩きつける音の連続の中どこか不思議な静寂が聴く者を包み込む「Showtime」はTimbalandの相棒のDanjaによる製作曲、フックでのNelly Furtadoの夜のメリーゴーランドみたいな歌い方がバチンとはまって心地良い。枯れたギター音のイントロがStingのあの名曲を思い出させる「Te Busque」はLester Mendezによる製作曲、ここでは男性シンガーのJuanes(ファネスと読む)をゲストに迎えちょっぴりラテンな一曲を披露。Nelly Furtadoも水を得た魚の様にはまっていますが、ここではJuanesの歌声もかなり二枚目でかなり痺れる感じ。Lester Mendezは「What I Wanted」も製作、ここでは青空の様な爽快さを含んだギター主導のポップなナンバーを提供。Nelly Furtadoの歌声が前面に出た好バラード「In God's Hands」はRick Nowlelsによる製作曲、詩的な歌詞もとっても素敵だしNelly Furtadoのサビでの透き通った歌声も切ない、すごく良い歌です。Rick Nowlelsはもう一曲「Somebody To Love」を製作、ここでは小気味良いラテン曲を提供しています。

Timbalandがさすがの料理の仕方で恐れ入りました(恐縮)、しかしTimbalandの癖あるビートを乗りこなしたNelly Furtadoも流石、彼女の歌声もかなり癖があってこういうトアックにお似合いですな(褒)。またこういうHip Hopライクなアルバムになったら聴くかもだけど、でもなかなか手は出さないかもなぁ(笑)。最近のTimbaland作風が好きな方は無条件に楽しめます、初期のTimbalandが好きな方は受け付けないかも……まぁ聴いてから判断して下さい。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment