RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
347位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
66位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big Sean「Finally Famous [Deluxe Edition]」
Big-Sean-Finally-Famous-Deluxe-Edition-2011.jpeg

あのKanye Westの元へ押し掛けフリースタイルを披露し、見事Kanye West率いるG.O.O.D.加入を果たした弱冠23歳の若きMC、Big Seanの記念すべきデビューアルバム『Finally Famous』を御紹介。雨後の筍の如く次々と若き
MCが登場する昨今、しかしメジャーデビューまでは到達しないのもままある事でして。しかしそこはあのKanye West、自身のレーベルのアーティストは確実に送り出しますね(ここがJay-Zとは違う点かも)。このBig Seanも早くから注目を集めていた逸材、そんなにMixTapeを多く出した感じもしませんが、あっという間にメジャー昇格を果たしましたね。本作は通常盤と豪華盤がありまして、僕は勿論“Deluxe Edition”を購入しました。
それでは内容をさらりと御紹介します・・・・・・まず本作を語る上で外せないのが製作陣、Kanye West率いるレーベルからという事でKanye West、しかし大半の楽曲を制作したのはあのNo I.D.(Kanye Westと同郷Chicago出身のベテラン、Kanye Westの師匠でもある)という事で、No I.D.を熱く支持している僕としては嬉しい限り。そんなNo I.D.が制作した楽曲から紹介。まずはベコボコと奇怪な煮沸メロディにダラダラと暗めのラップを絡ませる「I Do It」、Big Seanの語り口はどこかKanye Westに似たモッサリ感ながら、その高めの声でライトに聴こえるのが特徴的。続いてはNew Edition「Can You Stand The Rain」をサンプリングしたピアノ鍵盤メロディがラグジュアリーな、Chris Brownを客演に招いた「My Last」。キラキラと流麗に気品溢れるメロディはまるでシャンデリアの様な輝き、サラサラと絹の様な手触りで流すBig Seanのフロウも最高に心地良いし、Chris Brownのあのクリスタル系の透き通った歌声も素敵です。Wilson Pickett「It's Too Late」を下敷きにした「Wait For Me」ではLupe Fiascoが客演参加、ザクザクとドラマチックに躍動的に入るストリングスとギュイーンと捻れるエレキギター、無骨にタフに叩かれる硬質ドラムスとどれもがダイナミックで劇的。少し歪ませたヴォーカルエフェクトも相乗効果でカッコイイし、Lupe Fiascoとの相性もなかなか良い。乾いたクラップ音を弾ませながら、色彩豊かなやんわりと穏やかなピアノ旋律がソウルフルに香り立つ「Memories(Part II)」はJohn Legendが客演参加。古いレコードをかけているかの様な、甘美でビターなメロディは正にNo I.D.節なドリーミーソウルで素敵。器用にピッチを変えながらスルスルと滑りゆくBig Seanの繊細なフロウもたまらないし、John Legendのあのシュガーチックなまろやかとろりと絡まるソウルフルヴォイスがまた華を添えます。「Live This Life」ではあのThe-Dreamが援護射撃、煌びやかで軽やかでふわっと舞い上がりそうな、スノーダストみたいなシンセサイザーが美しくて幻想的でキュート。こういうライトでメロディアスなトラックがBig Seanにはお似合い、The-Dreamのキュンキュンさせるチョコケーキみたいなスウィーティーな歌声がとにかく魅力的で、ちょっと主役のお株を奪う程の仕上がりで満足。Roger & The Human Body「Been This Way Before」をサンプリングしたモロにソウル直球な45回転チューン「So Much More」は懐かしい王道な作り、ソウル回帰したこういうサウンドが僕は素直に好きなので(こういうサウンドを創るNo I.D.が好き)たまりません。「What Goes Around」も鍵盤音のループを絶妙な匙加減でループさせた一曲で、これはどこか歪んだ重ための電子音のドロップもあってKanye Westっぽい曲に仕上がっています。とここまでがNo I.D.制作曲、あとはまた素敵なProducerが楽曲提供しておりまして。首領であるKanye Westと新進気鋭のRoscoe Dashが揃って援護射撃するシングル曲「Marvin & Chardonnay」、制作はPop Wansel(Add ProdにMike Dean)が担当。滑らかなストリングスを施しつつも、ヘギュヘギュと濁った電子音を波立たせる部分があり、それがまたダーティでギラギラした対比を生み出していて聴いていて面白い。しかしここで最も目立つのがKanye Westではなく、Roscoe Dashだというのが面白い(個人的意見)、Roscoe Dashののっぺりしたハイなヴォーカルが好き。「Dance(A$$)」はDa Internzが制作を担当、ここではなんとあのMC Hammer「U Can't Touch This」をサンプリング。このベタベタなネタ使いとデジタル音使いがチープながらも中毒性高い、一本調子ながらも思わずダンスしてしまう辺りはMC Hammerの功績が大きいかも。「Get It(DT)」はThe Neptunesが制作を担当、いつものThe Neptunesらしく電子鍵盤にスペイシーでサイバーなシンセが緩やかに伸びるミッドで新鮮味は無いけれど、僕はやはり好き。Wiz KhalifaとChiddy Bangの同世代の若手二人を迎えた「High」、制作はXaphoon Jonesが担当。このまろやかでとろけそうなキュートでハイなキャンディ電子音がたまらなく心地良く、Wiz Khalifaの上空を滑空する様なフロウもやはり魅力たっぷりで、Chiddy Bangの歯切れのいいラップもなかなか。「Celebrity」はFilthy Rockwell制作でAngela Bofill「The Only Thing I Would Wish For」をサンプリング、客演には通好みするシンガーDweleが参加。これもとにかくスマートでオシャレで気品に溢れていて絢爛、レッドカーペットの上をフラッシュ浴びて歩く様な煌びやかさがたまらない(興奮)。「My House」はBoi-1da制作なんですが、Young-Holt Unlimited「Ain't There Something Money Can't Buy」をサンプリングという驚き。これがなかなか渋くて格好良くてタイト、良い意味で裏切られた仕上がりでほっくり。最後を締め括るのはRick RossとPusha Tが揃い踏みした「100 Keys」、制作はHilton & Brian Wrightが担当。ちょっぴりホラーチックな線の細さが際立つシンセのつんざめきに、三者三様のフロウが紡がれるのですが、こうなるとBig Seanがちょっと影薄く感じてしまうのは僕だけ?

という訳で本作なんですが、サウンド的には僕は申し分無しで御座いました。No I.D.の創るトラックはそれは地味なのかもしれませんが、やはり90年代のHip Hopに慣れ親しんだ僕としてはたまらなくツボ、やはり高品質且つ高級品な耳障りなのです(虜)。それをさらりと着こなしている感のあるBig Seanはやはり上手いのでしょう、しかしちょっと存在感が薄い気もしました。なんというかあまりに馴染んでしまっていて、するりと聴けてしまって、ある意味するりと抜けてしまう声というか(辛口)。いや、カッコ良いんですけどね、強いて言うならばです(生意気)。でも一定水準は余裕でクリアしている辺りは、やはりKanye Westが一枚噛んでいるだけあります。僕はWiz Khalifaと聴き比べている最中です、年末のランキングはどちらが勝つでしょうか。
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment